もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

その他のヘアースタイル

大人女性に人気!ショートもロングもいけるウルフカットの長さ別スタイル8選

投稿日:2017-02-04 更新日:

ウルフカットは男性だけのヘアスタイルではありません。最近では大人女子を目指す人にも注目されているヘアスタイルです。「おおかみのたてがみ」に似たカットからこの名がつけられました。しかし種類も多く、なかなか美容師さんに伝えるのが難しいのですが、理想に近づける為の頼み方のコツを紹介しています。

今人気急上昇!女性が好むウルフカット

美容院に行く時って、どんな髪型にするのかって迷ってしまうものです。自分では頭の中でイメージが出来ていても、それを美容師さんに伝えるのは結構難しいのです。雑誌等で今流行りの髪型にしてほしいと切り抜きを持っていく人も多く、その中に「ウルフカット」と呼ばれるデザインカットがあります。

その名の通り、ウルフ=おおかみから来ていて、おおかみのたてがみのようなヘアデザインです。実は日本では1970年前半ぐらいから流行していて、今でも人気が急上昇していて、女性が好むヘアカットでも上位を占めています。

そこで、ウルフカットについての詳細や美容院での頼み方、髪の長さ別のウルフカットについて紹介していきます。

人気のウルフカットってどんな髪型?

ウルフカットと言っても実際にはどんなカットなのか、なかなか答えられない人も多いでしょう。そんな人の為に、今人気のウルフカットについて紹介します。漠然としたイメージもこれを読むことではっきりとしたイメージに近づけるかもしれませんね。

ウルフカットとは

ウルフカットは、襟足を長くして、その部分の髪の毛にレイヤーを入れて軽くしたヘアスタイルで、強調された縦の流れが首筋から背中を細くキレイに見せます。襟足の長さによって結わえたり、まとめたりもできます。基本形はトップが短く、下にいくにつれて長くなるヘアスタイルをハイレイヤーと言うのですが、ウルフカットはこのハイレイヤーのジャンルに入ります。

トップ部分をおおかみのたてがみのように立たせてハイレイヤースタイルのしたものをウルフカットと呼んでいるのです。トップを立てて耳周りや襟足を長めにした髪型全般全てを指しています。最近のヘアカタログに載っているカットのほとんどが、トップを立たせて襟足長めのウルフカットと言ってもいい程です。

それほどまでに種類も豊富で、人気も認知度も高いヘアスタイルと言えるでしょう。

ネオウルフが今人気急上昇!

ウルフカットと言っても色々な種類があります。長くから親しまれているウルフカットもそんな数多くの種類の中でその年のトレンドと言うのが存在するのです。例えば最近ではネオウルフカットが注目されています。

従来のウルフカットとは異なって、マッシュとウルフを組み合わせた軽さを持たせつつも、束感を残したエアリーさが特徴的なヘアカットです。落ち着いた雰囲気もあって、カジュアルスタイルにもマッチしていますし、大人キュートでフォーマルな感じにもフィットします。

流行りの眉上前髪をプラスすることでより流行度がアップした大人女子絶賛のヘアスタイルに近づけますね。

大人の女性にお勧めのヘアスタイル!

ウルフカットは10代と言うよりも大人の女性を魅力的にするヘアスタイルです。例えば40代の女性にオススメなのです。その理由は知的な色気を感じるからです。可愛いから脱皮した髪は、大人の女性をイメージさせます。

若い頃のように髪にはあまり時間をかけたくないものです。育児に家事に仕事にと忙しいこの時期は出来るだけ手軽に、それでいて流行の髪型にしたいと思うものでしょう。そんな大人女性にぴったりなのがウルフカットで、ちょっとしたブローで綺麗にまとめることが出来るのもポイントです。

後頭部を盛り上げることで丸みが出て、毛先の量を少なくすることで首筋ラインを細く見せる点でも、やんちゃな面と知的な面が垣間見えて、魅力的な女性を演出出来るのです。

似合う顔の形もあるので注意!

ウルフカットが流行だからと言って、誰でも合うと言うわけではありません。基本は丸顔にウルフカットが似合うと言うことを頭に入れておいた方が良いでしょう。丸い顔=童顔と言ったイメージが強く、実際に悩んでいる人も多いのです。

そういった人こそウルフカットをオススメします。ウルフカットはその名の通り、おおかみのたてがみをイメージしていますから、そのワイルド感が童顔のスパイスになります。逆に面長の人はウルフカットは向かないと覚えておいた方が良いでしょう。

髪質とも相性があって、ストレートの髪にぴったりです。そして硬い髪質の人の方がトップを立たせやすいのでより良い形になります。クセ毛だから無理と諦めてしまう人もいますが、ストレートにすることで問題は解決しますし、あえてクセを利用したウルフカットもオシャレな感じです。

自分の顔型や髪質を知った上でウルフカットにするかどうか決めると良いですね。

セットの仕方は襟足がポイント

ウルフカットと言っても色々な種類があり、髪質等によってもセット方法は異なってきます。ウルフカットでボリュームを抑えた感じにしたいのであれば、セット前にハーフドライやタオルドライをしてからワックス等を使ってセットすると、割とボリュームを抑えることが出来ます。

ストレートヘアの場合は、髪の毛がハーフドライの状態でワックスを手に伸ばして、髪の中間から毛先を手ぐしで動きを付けていく感じで、仕上げに毛先を指でつまんで思うような動きをつけると良いでしょう。

クセ毛の場合は、クセ毛を活かす為になるべく手ぐしではなくて、髪のひとまとまりを指でつまんで動きを出していくと、自然なクセ毛の感じが出ます。

ナチュラルなパーマ感覚のスタイルになるのです。ウルフカットは襟足がポイントになるので襟足にアレンジを加えてみると綺麗なセットになりますね。

覚えておくと便利!美容院での頼み方!

自分の頭の中にはしっかりとイメージ出来ていても、それを美容師さんに伝えるのはなかなか難しいものです。そこで覚えておくと便利な、なりたいウルフカットを美容院で頼む為のポイントを紹介します。

切り抜きや画像を見せる

自分の理想を伝えるのにてっとり早い方法は、こうなりたいと言う髪型の切り抜きや画像を見せることです。具体的なイメージが美容師さんに伝わりやすくなります。勿論必ずしもそうなるとは限らないと言うことを事前に知っておいた方が良いでしょう。

なぜなら、髪質や髪量、クセの有無によってイメージ通りになるかどうかは異なってくるからです。一応切り抜きや画像を美容師さんに見せて、実際自分の髪質と照らし合わせてどの程度まで似せることが出来るのか、美容師さんの腕次第と言うことになりますね。

あくまでもイメージですから、それと全く同じにはならないと言うことを頭に入れておいた方が良いでしょう。

自分の髪質情報を伝えること!

髪質によってボリューム感も違ってくる為、雰囲気も異なってきます。事前に髪質を伝えることでウルフカットに向いているかどうか美容師さんが判断してくれます。髪質が柔らかすぎるとトップの盛りが上手くセットできないこともあります。

希望ではそうなりたいと思っても実際には髪質によって理想通りにはいかないことも多いのです。事前に髪質のことを伝えておくと、ウルフカットでも希望に近い種類を教えてもらえたり、その後のセット方法等も伝授してもらえやすくなります。

ウルフカットは「サイドが短く襟足が長い」ことしか定義が無いので、漠然とした依頼では美容師さんのイメージと食い違うことも多いのです。まずは髪質を伝えることでどんなウルフカットが似合うのかアドバイスを貰い、似合う髪型に仕上げてもらいましょう。

髪の長さ別にご提案!似合うウルフカットのスタイル

同じウルフカットでも髪の長さによってイメージは異なります。どんなカットにすると良いのか、どんなアレンジが可能か、お手入れ等について紹介しています。

ストレートショートヘアの場合

ショートヘアは元気があって少年ぽさが出てしまうのですが、だからと言ってショートヘアがダメと言うわけではありません。マッシュウルフによってベストマッチします。トレンド感が全面に出て、クールながらにしてキュートでガーリーなイメージに大変身出来ます。

全体にオイルを揉み込んで、マットWAXであえてドライな質感に仕上げれば完璧です。マッシュベースでカットし、襟足が残っている進化形ウルフカットにすれば、襟足で軽さを出しつつトップの丸みで女性らしさを演出出来ます。

その為、ショートでも十分大人女性になれますから、ボーイッシュなイメージを脱出したいのであれば、マッシュウルフはオススメですね。

パーマが入ったショートの場合

パーマがかったショートヘアにはショートウルフレイヤーがオススメです。脱ボブしたい、他の人と差を付けたい人にぴったりで、最近密かにブームを取り戻しつつあるウルフレイヤースタイルを取り入れてみましょう。

パーマのかかったショートのウルフカットは動きのあるスタイルで、濡れた髪にトリートメントを付けて根元からドライします。その後にムースをふんわり付けるだけで忙しい朝でも寝グセも取れて簡単セットで気持ちよくお出かけ出来ます。

ストレート感が出てしまうとどうしても少年ぽくなってしまうのですが、パーマがあることで大人の中にもガーリーさを兼ね備えていて魅惑的なヘアスタイルになります。

ストレートのミディアムヘアの場合

ストレートミディアムヘアの場合は、ネオウルフがオススメです。レイヤーやくびれ等でスタイルに軽快さを取り入れるのが旬です。90年代のウルフカットのような軽さだけでなく、髪に馴染むようにアクセントを加えていくのが人気です。

ミディアムヘアにはこのスタイルが好感度もアップ出来て、お手本となってくれます。夜しっかりと乾かせば朝ワックスでスタイリングするだけでこの動きが出ると言う簡単さから、ヘアスタイリングが面倒だと言う人はネオウルフにしてみましょう。

大人っぽさとお嬢さまっぽさが出て、大人女子にはオススメのヘアです。

パーマの入ったミディアムヘアの場合

ゆるいウェーブであれば、今流行りのアンニュイウルフにチャレンジしてみてはどうでしょうか。ルーズと無造作なクセ毛風クールフェミニンが、大人かわいいヴィンテージクラシカルなラブふわミディアムヘアを演出します。

伸ばしかけでも自分らしさの出る重めスタイルは、美髪に見せて黒髪も耳にかけてもOKです。髪色をマーメイドアッシュやグラデーションカラー、ハイトーンで遊ぶのも面白さがあります。ゆるゆるがテーマですから、ばっちりと決める必要はありません。

セットも軽い感じでOKなので、朝の忙しい時でも短時間でさっと出来るのが魅力的ですね。

ストレートのセミロングの場合

ストレートの場合は色々と自分でアレンジが加えやすいのが魅力的です。ストレートのままで落ち着いた雰囲気にも出来るし、巻きを付けて大人ガーリーな感じにしてみると言うのも面白いものです。セミロング程の長さになると、ある程度の巻きも加えられるので、まるでパーマをかけたような感じにも出来て便利ですね。

ウルフカットは裾のボリュームを抑えているので、ヘアアイロンでも巻きやすく、アレンジが加えやすいのが特徴なので、自身で色々とヘアアレンジを加えてみたい人にはオススメです。ショートカットではピンアレンジしか出来なかったと言う人もセミロングでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

今時のゆるふわカールにすると、大人っぽいセミロング丈もガーリーさも加わって魅力的に演出出来ますよ。

パーマの入ったセミロングの場合

パーマが入っているセミロングは、パーマ部分にボリュームが出てしまってせっかくの襟足の少ない感じとトップの盛り具合の境が分からなくなります。その為、全体的にパーマをかけてトップをふわっと盛り上げることで襟足のボリュームを抑えることが出来ます。

これならばウルフカットの基本であるトップ盛りからの襟足長めのラインが大人女子を演出してくれるでしょう。全体的にパーマをかけることで朝の忙しい時間帯もワックスやフォームで手軽に手グシでセットアップすることが出来ます。

セミロングのウルフカットにパーマをかけたいのであれば、全体的にかけるようにしてください。

ストレートのロングの場合

髪に長さが出てしまうと必然と重さが出てしまうものです。元々髪量が多い人や黒髪になるとどうしても重たくなってしまうイメージを改善するには、裾のボリュームを抑えることでしょう。トップにボリュームを持ってきて、裾になる程薄く少なくなっていく定番のウルフカットは軽い感じになってオススメです。

ストレートのセミロングと同様に自分でアレンジが加えやすくなるので前もってパーマをかける必要も無いのです。最近ではヘアアイロンを使って自由にアレンジを加える、自己アレンジヘアが人気が高くなっているので、こうしたストレートを望む女性が増えているのです。

長く伸びた髪はどうしてもダメージを受けやすくなるのですが、ウルフカットにするとセット同様にケアもしやすいので、コテでツヤ髪アレンジが作りやすいですね。

パーマが入ったロングの場合

ウェーブがかかるとロングの場合、どうしても重たく感じてしまうのですが、ウルフカットなら裾の髪の量を少なくしている為、そう重さを感じません。軽いスタイルになるのが人気の秘密ですね。

髪が長くなると例え裾の量が少なくなったとしてもコテで巻くのは結構大変です。元々ウェーブがかかっていれば、ワックスやフォーム、ジェルでくしゃくしゃっと手で揉んでウェーブ感を出して出来上がり!朝の多忙な時間も時短でヘアスタイリングを整えることが出来るのです。

長い髪はどうしても傷みやすいので、普段からのヘアケアは丁寧にしっかりと行うことが基本です。パーマによるダメージ修復の為にトリートメントは丁寧に行うように心がけましょう。

自分に合ったウルフカットを選ぶこと!

ウルフカットは男性・女性ともに人気の高いヘアスタイルです。しかしその種類も豊富であり、漠然としたイメージで美容院に行くと、理想とは違った髪型になってしまうことも多々あります。「美容師の技術が無い」なんて思ってしまうのですが、しっかりとしたイメージを伝えることが理想のウルフカットに仕上げるポイントです。

写真等の切り抜きを持って具体的に提示することで美容師に伝わりやすくなります。そしてそのウルフカットは自分に合っているのかどうかも慎重に検討すべきです。自分の頭型や髪質等をしっかりと把握して、自分に合ったウルフカットを見つけましょう。

-その他のヘアースタイル

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.