もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

ヘアアレンジ

バレッタでおしゃれ上級者!使い方は簡単!ショート・ボブ・就活生も必見!

投稿日:2017-05-10 更新日:

バレッタって普段使いしてますか?「髪が多いし…」「ショートヘアだから無理」と諦めている方、朗報です!バレッタはどんな髪型でも簡単におしゃれにできる、万能ヘアアクセサリー!上品なヘアスタイルからこなれ風ヘアまで、幅広い髪型がバレッタ一つでできちゃうんです。バレッタを使ったアレンジ法やうまく仕上げるための使い方、お教えします。

バレッタのおしゃれな使い方を極めたい!

ゴムやヘアピン、カチューシャやヘアバンドなど、女性の髪の毛を彩るヘアアクセサリーは沢山ありますよね。その中でも、バレッタはパチンと留めるだけで簡単にヘアスタイルを華やかにできる、とっても優秀なアイテム!

「バレッタってお母さんが使っているイメージ…」「バレッタだけでは髪がしっかり留まらないし…」と敬遠している人はいませんか?それってとってももったいない!バレッタの正しい使い方を知れば、髪の多い方でも簡単に留めることができて、驚く程簡単におしゃれなヘアスタイルを作ることができるんですよ。

今回はバレッタを使ったおしゃれなヘアスタイルをどーんと紹介します。きれいに仕上げるコツが満載ですので、「バレッタなんていつも使ってるよ」という方も目からウロコが落ちるかも!?ぜひご覧下さいね!

バレッタってどんなもの?どうやって使うの?

バレッタってよく聞くけど、どうやって使ったら良いかわからないという方!使わないのはもったいないですよ!バレッタは簡単に可愛いヘアアレンジができる必須アイテムなんです。どんなものか知っておきましょう!

クリップ状の髪留め

バレッタには「髪をまとめる」「髪を装飾する」という2つの機能があります。クリップ状になっているため、髪を挟んでパチンと留めるだけで広がる髪をまとめてくれるのはもちろん、装飾が付いているものを選べばヘアスタイルを一気に格上げしてくれる、とっても優秀なヘアアイテム。

装飾によって上品なイメージからかわいらしいイメージなど、幅広い印象を演出できるのも魅力の一つです。また、サイズを変えればショートからロングまであらゆる髪型に使用できて、パチッと留めるだけの簡単装着なので、ぶきっちょさんでも上手に使えるのもうれしいポイントです。

いつもゴムでくくっているだけという方は、バレッタを付けるだけで一気にあか抜けてオシャレな印象に早変わりしますよ。これはもう使うしかありませんね!

様々なモチーフがあって選ぶのが楽しい!

バレッタの最大の魅力は、何といってもそのデザインの豊富さでしょう!シンプルなものからデコにデコったゴージャスなタイプまで、「必ず自分の好みのバレッタは見つかる!」と言っても過言ではない程、様々なデザインのバレッタがあります。

◆人気のバレッタモチーフ
・リボン…かわいらしいイメージ。大きめのリボンは存在感抜群で、小さめのリボンは前髪を留めるととってもキュート!

・パール…かわいいのに上品で、どこか大人っぽい雰囲気も演出できます。パーティーなどフォーマルな場はもちろん、デニムなどカジュアルなファッションとも合わせやすい万能モチーフ!

・フェザー(羽)…ゆるいヘアスタイルに使うとこなれ感が出て、一気におしゃれ上級者に!ゴールドなどのメタリックカラーがおすすめ。

・べっ甲…大人っぽくきちんとした雰囲気を出せます。リボン型を選べばかわいいのに落ち着いた雰囲気を出せるので、オフィスにもバッチリ!どんなファッションにも合わせやすいので、1つ持っておくと便利ですよ。

・お花…かわいらしく女の子っぽい雰囲気がお好きな方に。ワンピースやドレスと合わせれば、一気にお嬢様&プリンセス風になれますよ。

・星…元気なイメージで、いくつか星が並んだゴールドタイプが人気です。ゆるいヘアスタイルにつければ、大人っぽい中にも子供のような無邪気さがある女性を演出できますよ。

・透かし…レースのような透かし模様が入っていて、華やかでゴージャスな雰囲気になれます。結婚式やパーティーなどで大活躍しますよ!

一口にリボンと言っても、カジュアルな雰囲気のものから上品なものまで幅広いデザインがありますので、色んなお店を見て自分にぴったりのデザインを見つけて下さいね。

まとめ髪に使うだけでおしゃれに

髪をくくった時にゴムが見えたままだと、なんだかちょっと味気ないですよね。そんな時はバレッタでゴムを隠しちゃいましょう!ゴムの少し上の髪を薄くすくってバレッタを留めるだけで、くくっただけの手抜き感とはサヨナラ!シンプルなまとめ髪でも一気に華やかさと女性らしさが加わりますよ。

ハーフアップならバレッタだけでも十分留まりますし、髪が多くて留まらない方はゴムでくくってからゴムを隠すように留めればOK。シンプルにゴムだけよりも、バレッタを使えば女子力とオシャレ度が上がって更に印象もアップしますよ!

ぶきっちょさんでも大丈夫!バレッタの付け方・外し方

ヘアアレンジをしたいと思っていつもチャレンジするんだけど、大抵うまくいかなくて諦めちゃう…という方も多いのでは?でもバレッタなら大丈夫!付け外しもとっても簡単なので、早速予習しておきましょう。

留めたい部分に差し込む

バレッタを裏返すと、上の画像のようなクリップ式のパーツがついています。画像ではパーツの右端になりますが、上下に突起があるのでそこを両側から挟むように押すと、留められていた上の部分が外れてパカッとパーツが開きます。

次に留めたい所に、装飾がついていない方のパーツを差し込みましょう。ここでしっかりと位置決めをすることが大切です。位置が決まったら、元のように装飾が上にくるよう折りたたみます。

カチッとするまで押し込む

位置決めが出来たら、あとはバレッタがカチっと言うまで押し込めば完成です。慣れたら片手でできる位、とっても簡単なんですよ。

髪の毛をまとめて留めても良いですし、単にアクセントとしてサイドで留めるだけでもステキですよ。ただし、サラサラのストレートヘアの方は、すくう髪の量が少ないとバレッタがするすると落ちてきてしまうことがあるそうです。ねじって留める部分にボリュームをもたせたり、ある程度量をとるなどして対応しましょう。

外す時はつまみを両側から指で挟む

バレッタを外すときは、最初パーツを開くとき押した上下のつまみを再度押して、バレッタをそっと抜き取るだけです。右と左、どちらで留めたか忘れてしまっても、指でバレッタパーツの側面をなぞればすぐにつまみは見つかりますよ。

上下から挟むように押せば、パチンと音がしてバレッタのパーツが開くのを感じられると思いますので、そのままゆっくり、バレッタの向きに沿って髪から抜き取りましょう。この時、斜めにしたり上に持ち上げると髪が絡まる原因となります。頭皮と平行に、バレッタの向きに沿ってそのままそっと抜くのが上手に外すポイントですよ。

髪が多い場合はゴムで留めてから

髪の量が多いと、どうしてもバレッタだけでは留まりませんよね。無理に押し込もうとすると、バレッタが変形したり壊れてしまう可能性もあり、髪の量が多い女性はどうしてもバレッタを使用する機会が減ってしまうのではないでしょうか。

髪の量が多い人はあらかじめゴムでくくっておいて、ゴムを隠すように上からバレッタで留めてみましょう。バレッタはゴムに直接つけるのではなく、ゴムのすぐ上の髪を一部だけすくって留めます。大き目のバレッタを使えばゴムをきれいに隠すことができますよ。

髪が多いからとバレッタを敬遠している方は、きっと沢山おられるはず!「ゴムのすぐ上」で留めれば、ボリューミーな髪の毛でもバレッタを簡単につけることができますよ。ぜひ試してみて下さいね!

定番のかわいさ!ハーフアップでの使い方

ハーフアップは女の子らしさもあり、簡単にできる髪型なので人気がありますね。この髪型にももちろんバレッタが使えます!やり方はとっても簡単!詳しくご説明していきますので参考にしてくださいね。

1.耳の上の髪を取る

ハーフアップというのは、頭の上半分をまとめる髪型のことです。上品で女性らしいイメージが出せるので、女子力をアピールしたい日にぴったり!髪を少し巻けばパーティーでもいけちゃう便利なヘアスタイルです。

まずはきれいに仕上げる為にも、ワックスをしっかりと髪にもみこみます。このひと手間で短い毛がふわふわ浮くのを防いだり、崩れの防止にもなるのでぜひ行って下さいね。次に両サイドの耳上から髪をとり、真ん中に集めます。この時トップはゆるく、再度はきつめにとりましょう。

2.ねじってから上に持ちあげる

髪を真ん中へ持って来たら、好きな方向にねじって上へ持ち上げます。こうすることで後ろ姿がきれいになり、トップにもふんわりボリューム感を出せるのでここでしっかり上へと持ち上げておきましょう。

持ち上げたら、ねじった所をヘアピンで留めて固定します。ここでしっかり固定しておくことで、時間がたっても崩れにくくなりますよ。この時、ピンは髪色と同系色のものを使用して、外から見えないようにねじった部分の中へ入れ込むように留めていきましょう。

3.トップにボリュームを出して留める

最後に、指でトップの髪を引き出してさらにボリュームを出します。この時、ランダムに束で引き出すとラフなこなれ感が出てぐっとオシャレに仕上がりますよ!ボリュームを出せたら、ねじった所の上からバレッタを留めて固定すれば完成です!

髪の量が多くてバレッタが留まらない…という方は、更にヘアピンでしっかりと固定してから、地肌ギリギリではなく髪の上の方を薄くすくって留めれば大丈夫ですよ。バレッタが隠れるところならヘアピンが見えていても大丈夫ですので、とにかくしっかり留めるよう心がけましょう。

ねじって持ち上げて留めるだけの簡単ステップで、あっという間にかわいいハーフアップが完成するんですね!トップの髪を引き出してボリュームを出すことで、オシャレ感が格段にアップしますよ。ボリューム重視でふんわりかわいいハーフアップを作ってくださいね!

髪量が多い方でもOK!サイドねじりハーフアップでの使い方

ハーフアップに飽きたら、少しアレンジを加えてみるのはどうでしょう。と言っても、難しいアレンジじゃありません!簡単にできるねじりハーフアップで、ちょっと凝った髪型に見せちゃいましょう!

1. 片方ずつ顔の横の髪を少し取る

基本的なハーフアップが出来たら、次はサイドにねじりアレンジを加えてみましょう!通常のハーフアップでは頭の上半分の髪を全て集めてまとめますが、サイドねじりハーフアップでは耳上のサイドの髪の毛を少しだけとって、くるくるねじりながら中央へ持っていきます。後頭部の髪は触らず下ろしたままというのがポイントです!

髪が短くてねじっている途中からパラパラとほどけてくる方は、上の画像のように途中でヘアピンを使って留めるといいですよ。ピンを隠すように、ねじった髪と平行に後ろから前へと留めるのがコツです。髪色と同系色のヘアピンを使えば目立ちにくくおすすめです。

2. ねじって後ろで留める

ねじった髪を真ん中まで持って来たら、一度毛束をクロスさせてからバレッタで留めましょう。クロスさせることで崩れにくくなり、よりきれいに見えますよ。ねじるだけなのに一気にエレガントな雰囲気になる上、留める髪の量が少ないので、髪量の多い方でも簡単に留めることができるのがうれしいですね。

バレッタだけでも十分留まりますが、レジャーなどで走ったり飛んだりする可能性のあるときは、ヘアピンで固定しておくと更に安心です。後頭部は下ろしたままだと上品な印象、逆毛を立ててボリュームを出したり、ねじって持ち上げピンで固定してあげると今風&カジュアルになりますよ!

バレッタを見せて!ポニーテールでの使い方

ポニーテールと言えば、年齢を問わず多くの人が一番よくする髪型ではないでしょうか?逆に言えば、「みんながやってる髪型」なので、個性が出しづらいですね。そんな時もバレッタがあれば、一気におしゃれで印象に残る髪型にできます!試してみませんか?

1.なりたいイメージに合わせてポニーテールをつくる

まずは髪全体にワックスをもみこみ、まとめやすくします。つけすぎると下ろした部分が重たくなってしまうので、軽めを意識してつけましょう。

次に髪を全部後ろで一つにまとめ、ポニーテールを作りましょう。ポニーテールはくくる位置によってイメージががらっと変わってきますので、なりたいイメージに合わせて位置決めをするのが重要です。

●高めでくくる…元気でアクティブな印象になります。後ろから見たときにバレッタが見えにくいので、むしろ前から見たときにバレッタが見える位、思いっきり高い位置でくくるのがおすすめ。バレッタは小ぶりのものよりも、大きくてインパクトのあるものを選ぶと元気なイメージが強くなりますよ。

●耳横~耳の上でくくる…上品な雰囲気になります。オフィスはもちろんどんなシーンにも合いますよ。バレッタもサイズ・種類を選ばないため、好きなタイプを選んでOK!

●低めの位置…大人っぽい抜け感のあるスタイルになります。手ぐしでざっくりまとめて、ラフ感を出しましょう。足の長いリボンや、毛束を少しとってゴムに巻き付ければ小さいバレッタでもかわいく決まりますよ!

なりたいイメージはつかめましたか?くくっている最中に位置が下がることがありますので、鏡を見ながらくくるとバッチリ決まりますよ!

2.ゴムの上にバレッタを留める

ポニーテールを作ったら、頭のトップの部分を少し引き出してボリュームを作ってあげましょう。ランダムに、束でつまみ出すのが抜け感を作り出すコツ。「きっちり」ではなく「ゆるく」をイメージして、少しずつ引き出しましょう。

ボリュームを出したら、ゴムのすぐ上の部分の髪を少しすくってバレッタを留めて完成です。横から見たときにゴムが見えるのが気になる方は、毛束を少しとってゴムに巻き付けてピンで固定しましょう。このひとテクで、よりオシャレ上級者に見えますよ!

また、毛先を少しコテで巻いてあげると女の子らしさがよりアップします。デートのときはぜひ巻いてみて下さいね!

ショートヘアやボブスタイルにおすすめの使い方

「バレッタでまとめるほど髪の毛長くないし…」「ハーフアップすらできない」とショートヘアやボブの方はアレンジから遠ざかりがちですよね。ですがバレッタはパチンと留めるだけのヘアアクセサリー。まとめなくても、飾るだけでいいんです!

髪が短いからこそ似合う、おすすめの使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

前髪を留めてみよう

小さい物か、細くて華奢なタイプのバレッタを用意しましょう。前髪にワックスを少量もみこんだら、ななめに流してこめかみ辺りで斜め上に向かって留めるだけで、あっという間にオシャレに印象チェンジ!この時、少しねじってとめるのもいいですね。

パーティなどではパールやリボンなど大き目のバレッタをつけるだけで印象的なヘアスタイルが完成しますよ。ボーイッシュになりがちなショートヘアの方でも、前髪を流して留めるだけで大人っぽく女性らしい雰囲気になります。前髪が短い方は小さめのものを上の方で留めたりと、髪が短くてもヘアアレンジは十分可能なんです!

前髪を留める際は、少しゆったりめにふんわりと留めると大人かわいい印象になりますよ。ぺったんこ&きっちり留めてしまうと老けてしまう可能性がありますので、指で少しずつ引き出してふんわり前髪を作りましょう。

耳出しスタイルもバレッタでかわいく!

耳かけスタイルができる長さであれば、耳の位置から斜め上に向かってバレッタを留めるだけで、とってもオシャレになります!耳にかけた髪が落ちてくるのも防げるので、下を向くことが多い仕事中にもおすすめです。

耳に髪をかけた髪型って、実は男受けも抜群なのだそうですよ。前髪を流した方ではなく、あえて逆の耳につけるのもオシャレ上級者の技。前髪を流した方の反対側はさみしくなりがちなので、そこにバレッタをつけることでバランスが良くなるそうです。

シンプルに留めるだけでも良いですし、トップから編み込みをして耳元で留めたり、耳の真ん中あたりに大き目のバレッタを留めるのもオシャレですよ!なりたいイメージに合わせて好きなデザインのバレッタを選んで下さいね。

サイドの髪をねじって留めるだけ!

ただ留めるだけじゃ味気ないけど、編み込みなんて難しくてできない…という方には、ただ「ねじる」という方法をおすすめします。サイドの髪を少しとってねじり、ねじった根元を固定するようにバレッタで留めましょう。ねじっただけなのに、何故かおしゃれ感があふれ出てくるこの不思議。

両サイドの髪をねじってそれぞれ耳上で留めれば、後ろまで髪が届かなくても前から見たときにハーフアップをしているように見えてステキですよ。小さなお花のついたバレッタを使えば、正面から見たときにお花が耳の上で咲いて、まるでお姫様のような雰囲気になります。結婚式やパーティなど、ヘアアレンジを楽しみたい日にもぜひおすすめします。

ショートやボブの方はヘアアレンジの幅が狭くなりがちですが、バレッタを使えば女性らしいアレンジも可能なんですね。留めるだけでぐんとあか抜けて女性らしさもアップしますので、バレッタをどんどん使っておしゃれを楽しんで下さいね1

大人可愛い!くるりんぱにバレッタは相性抜群!

ぶきっちょさんでも簡単にできて、ふんわり&無造作感のあるヘアスタイルを作ることができる「くるりんぱ」!実はバレッタはくるりんぱヘアのちょい足しアイテムとしても大活躍するんです!バレッタを使ったくるりんぱヘアアレンジ、どうぞご覧下さい!

くるりんぱ×ハーフアップ

ハーフアップのくるりんぱは、上品さとカジュアルさがミックスされた女子力満点のヘアスタイル!この髪型を嫌いな男性はいないのではないかという程、男受け抜群の愛されヘアです。

まずはくるりんぱの作り方からご紹介します。

(1)通常のハーフアップをつくる要領で、耳上の髪をすくってまとめゴムで緩めにくくります。

(2)ゴムの上を真ん中で分けて穴を作り、その穴の中へゴムの下の毛束を上から入れて通します。

(3)毛束を下におろしたら、毛束を引っ張って締めます。この時、地肌に近い毛束を持って左右外側に引っ張りましょう。

(4)華やかにしたい場合は、トップの毛束を引き出してふんわりさせましょう。ゴム上のねじれている部分も、指で少し引き出すことで自然なふんわり感が出せますよ。

くるりんぱはこれで完成!次にバレッタを使ってゴムを隠しましょう。留める位置は、やはりゴムの真上です。ゴムギリギリのラインの髪を薄くとって、パチンと留めてあげましょう。

くるりんぱはふんわりエアリーな印象がかわいいヘアスタイルです。ストレートよりも毛先をコテで巻いてあげると、もっとかわいくなりますよ!

くるりんぱ×低めのポニーテール

ロングヘアーの人なら、低めのポニーテールを作ってくるりんぱを作ったヘアスタイルもおすすめです。まるで物語に出てくるプリンセスのような雰囲気になれますよ!

くるりんぱを作ったら、とにかく「これでもか!」という位髪を引き出してゆるめましょう。特にねじった根元はキュッとなりがちですので、すき間を埋めるように沢山引っ張り出してくださいね。バレッタはゴムのすぐ上の髪を少しすくって留めましょう。

使うバレッタは、大きすぎず小さすぎない適当なサイズを選びましょう。リボンならかわいく、パールなら上品に、フェザーならラフなこなれ感を演出できます、毎日ちがった自分を楽しめるのもうれしいですね。

くるりんぱ×サイドアレンジ

髪をサイドで一つにまとめてくるりんぱをする「サイドくるりんぱ」も、華やかでステキですよね。上の画像のように、大き目のリボンをねじった部分の上につけるとゴージャス感が出て、結婚式やパーティーでも使えるヘアスタイルになります。

ねじった部分の下で留めるなら、リボンの足が長いものやレースが垂れ下がるような、垂らした髪に彩りを与えるようなタイプがおすすめです。その場合も通常のくるりんぱに留めるときと同じように、ゴムのすぐ上の髪を少しすくって留めるようにして下さい。ゴムが自然に隠れてとってもきれいですよ!

サイドでくくると、正面から見たときに見える長い髪が、つやのある色っぽい印象を与えてくれます。女性らしさをアピールしたい時、すこし大人びた印象を与えたい時には、サイドくるりんぱで挑みましょう!

就活中でもオシャレに!リクルートバレッタ術!

きっちりした服装が必須の就活ですが、バレッタは上品で落ち着いた感じにもアレンジできます。ただの黒いゴムで髪を留めるより、バレッタを使えば適度な華やかさや個性を表現できますよ。就活中に自分の気持ちを上げるためにも、アレンジ術を知っておきましょう!

黒いリボンのバレッタ

就活中の外見に求められるものは、男女問わず「清潔感」だと言われますよね。明るいイメージや、きちんと感も大切です。「そんな万人受けする髪型なんてあるの?」とお悩みの方、「黒のリボンバレッタ」さえあれば、なんとかなります!

そもそもゴムを見せっぱなしというのは、大切な人と会う時にはふさわしくない行為だと言われています。ゴムを隠して相手への敬意を表し、かつ女性らしさも出すにはバレッタが一番!特に「黒」が持つフォーマルで礼儀正しいイメージに、「リボン」の可愛らしさと上品さ、大人っぽさを兼ね備えた雰囲気が合わさると、就活にピッタリの勝負バレッタになるんです。

就活の面接の場は極めてフォーマルな場ですので、パールやラメなどのついていない黒一色のシンプルなデザインがベストです。大きさも大きすぎず小さすぎない、適当な大きさを選びましょう。バレッタの選び方一つで、面接官の印象はぐっと良くなりますよ!

ハーフアップで上品に

清楚で女性らしい雰囲気が出せるハーフアップですが、黒いリボンバレッタをつけると上品さが更にパワーアップします!育ちの良さまで感じられて、面接官にも良い印象を与えられることでしょう。

ハーフアップを作る際は、結んだ束が大きくならないよう少なめにとると、バレッタが映えてキレイに見えますよ。また、下ろした髪は全て体の背中側へ持っていくことで、元気で快活なイメージを与えることができます。

就活ではゴムを見せないのがマナーですので、ゴムでくくった毛束から少量をとってゴムに巻き付けピンで留めておくのがベストです。バレッタはゴムのすぐ上の髪を薄くすくってつけましょう。ハーフアップ×黒いリボンバレッタは好印象ヘアの鉄板!ぜひお試し下さいね。

ポニーテールで元気に!

ポニーテールは元気でしっかり者のイメージを与えることができる、とっても就活向きのヘアスタイルです。フェイスラインを見せてすっきりとした快活な印象を演出できるので、面接官の受けもバッチリかもしれません!

「元気なイメージを出すには高い位置で?」と思う方もおられるかもしれませんが、就活では元気さに加えて上品さも必要です。上品さを出すには、「耳の真横~耳の少し上でくくる」のがおすすめ。バレッタも見えやすく黒いリボンバレッタの好印象パワーを存分に発揮できるヘアスタイルです。

ポニーテールはくくっている時に下がってきやすいので、まずハーフアップの要領で上半分だけ髪をとって位置決めをしたら、一旦ゴムでくくってしまいましょう。次に下半分の髪を一緒にまとめたら、くくっていたゴムを外して全部一緒にくくりなおすと完成です!「高くくくっていたつもりなのに、後で見るといつも低めのポニーテールになってる…」という方にはぜひおすすめですよ。

トップにボリュームを出したら、ゴムのすぐ上にバレッタをつけましょう。毛先を少し巻いておくと、女性らしさが加わってよりステキになりますよ!

シニヨンで凛とした大人の雰囲気に

ハーフアップより更に大人っぽく上品に、ポニーテールよりももっとすっきり爽やかにまとめたい!という方にはシニヨン(おだんご)ヘアがおススメです。特に就活では、黒いリボンバレッタにネットがついたものをシニヨンにかぶせるヘアスタイルが主流。「凛とした大人の女性」という雰囲気を与えられる髪型なんですよ。

作り方は、耳より少し下の位置でポニーテールを作ったら、毛先にワックスをもみこみくるくるとゴムに巻き付けてシニヨンを作ります。ヘアピンで固定したら、ゴムのすぐ上にバレッタをつけてネットでシニヨンを覆いましょう。ネットがずれないよう、Uピンをネットの根元へ、右上と左上から斜めに差し込めば完成です!

シニヨンは大人っぽさ・上品・女性らしさ・爽やかさ・快活さと沢山の良いイメージを与えられるだけでなく、ネットで固定するので崩れにくいのも特徴です。就活では移動で走ることもあるかと思いますが、そんな時でもきれいな髪型をキープすることができますよ。

レッツ手作り!基本のリボンバレッタの作り方

バレッタって本当に便利!できることなら色々なデザインのものを沢山持っていたいですよね。だけど欲しいものを全部買うのはちょっとお財布に厳しい…。でも大丈夫!実はバレッタって簡単に手作りすることができるんです。しかも材料は100円ショップで調達できるので、とってもお安く作れるんですよ。

今回は、基本のリボンバレッタの作り方をご紹介します。

材料を用意する

まずは材料を揃えましょう!100円ショップやAmazon、楽天などで購入できますよ。

●材料
・バレッタの土台
・リボンをつくるための布やリボン(フェルト・革・レースリボンなど何でもOK!)
・グルーガン(リボンと土台をくっつけるための接着剤です。100円ショップで入手可能)
・裁縫セット(裁ちばさみ、糸切ばさみ、針、糸)

たった4つだけです!あらかじめ完成したリボンを用意すれば、土台とグルーガンのみで作れますよ。これならぶきっちょさんでもできそうですね!では、リボンの作り方を見ていきましょう。

リボンの形を作る

ではリボンを作っていきましょう。生地の端をまつる必要のあるものとないものでは作り方が異なりますので、2種類の作り方をご紹介します。

革・フェルト・リボンなど端がほどけてこない生地

1.リボン本体になる部分と、結び目になる部分の2枚分の生地を用意します。本体部分は大きくて長い長方形、結び目部分は細長く短めの長方形にカットしましょう。

2.本体を作ります。長方形の短い方の端と端を縫い合わせて輪っかを作りましょう。

3.縫い目が中心になるように輪をつぶし、リボンの形にします。

4.結び目部分の生地にグルーガンをつけて、本体の中心部分に巻き付けて留めます(糸で縫い付けてもOK)。結び目部分は一回かた結びにして結び目(ノット)を作ってあげると、リボン中央に立体感が出てオシャレですよ。

はぎれなど、端をまつる必要がある生地

まつるのは面倒くさいので、まつらなくても良い方法で作りましょう!

1.リボン本体と結び目部分になる2枚分の生地を用意します。本体部分は大きくて長い長方形、結び目部分は細長く短めの長方形にカットしましょう。

2.本体部分を作ります。ポケットティッシュケースを作るイメージです。まず長方形の布を横向きに、柄が上に来るように置きます。次に上下の端を中心に向かって折りましょう。

3.右端と左端を、直線縫いします。

4.中央の穴からくるっとひっくり返して柄が外側にくるようにします。

5.結び目部分を作ります。長方形を柄が内側にくるように縦に半分に折り、端を直線縫いします。

6.5を裏返します。結び目の完成!

7.本体部分の穴が開いている方を下にしてリボンの形をつくり、結び目になる生地にグルーガンをつけてリボンの中心につけたら完成です(縫い付けてもOK)。

結び目をグルーガンで接着した場合は、乾くまで上に重しをのせておきましょう。デニム生地で作ったり、チロリアンテープやレースのテープで装飾したりと、自分好みのリボンを作ってくださいね!

グルーガンなどで固定する

リボンが完成したら、後はバレッタの土台とリボンをくっつけるだけです。

おすすめはグルーガンという接着剤。銃のような本体に、接着剤のカートリッジを入れて使います。接着剤はロウソクのような固形の樹脂で出来ていて、グルーガンで熱することで溶けて塗りやすくなり、冷えるとすぐに接着するという性質があります。

細く出るので細かい作業に向いていて、速乾性もあるので手芸や工作など幅広く使われているんですよ。しかも100円ショップで手に入れられるとあって、DIY女子必携のアイテムなんです。

バレッタの土台にグルーガンをはみ出さないよう、少し多めにつけていきます。リボンを乗せたら数十秒で乾くので、しばらく指で押さえておきましょう。ほら、あっという間にあなただけのバレッタが出来上がり!

リボンだけでなくパールや貝などお好きなモチーフを乗せて、バレッタアレンジを楽しんで下さいね!

バレッタさえあればオシャレヘアーは誰にでも作れる!

髪が短かったり多い方は、「ヘアアレンジなんて…」とヘアアクセサリーを使う機会が少なかったかもしれませんが、バレッタならどんなヘアスタイルの人でも簡単に使えてかわいくなれるようですね!

私も髪の量が多く、バレッタだけでは留まらないので使う機会が少なかったのですが、「ゴムのすぐ上の髪をうすくすくって留める」というスーパーテクニック?を知った今、眠らせているバレッタをどう使おうか想像が膨らんでいます!

バレッタはパチンと留めるだけで、手間も時間も大してかかりません!今日から早速バレッタをつけて、みんながうらやむオシャレヘアーになっちゃいましょう!

-ヘアアレンジ

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.