もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

魅力的な女性

若く見える人には共通点があった??若さを保つたった4つのポイントを押さえよう

投稿日:2016-11-18 更新日:

実年齢よりも見た目が若く見える人っていますよね。若く見えるといろいろと得をすることもありそうですしね。見た目が若く見える人の共通点とはどんなことでしょうか。見た目を若く見せるためにできることってあるのでしょうか、まとめてみました。

若く見える人とは

世の中には実年齢よりも若く見える人と、まぁ年相応の見た目の人、または実年齢以上に見えてしまう人もいます。親しくなれば実年齢を直接聞くことも可能ですが、初対面のときは見た目でその人を判断してしまうという人が多いのではないでしょうか。

実年齢よりも若く見える人は、どこかキラキラしていて、人間的にも魅力的に見えるような気がしませんか?なんとなく他人を惹きつけるような雰囲気を合わせもっている人もいるかもしれません。

年齢によって人で態度を変えるわけではありませんが、正直、年齢が付き合い方の一つのボーダーラインになるという人は多いと思います。どんなに若く見えても、実年齢って気になってしまうものですよね。
あなたは他人に若くみられたいですか?それとも年上にみられたいですか?

多くの場合は若く見られると嬉しいものですよね。特に女性は若く見られたいと考えている人が多いでしょう。では若く見られる人と、年上に見られてしまう人の差とはいったい何なのでしょうか。若く見られたい人は、どうすれば実年齢よりも若く見られるようになるのでしょうか。

若く見える人の共通点とは?

他人から若く見られる人は、いくつかの共通点があるようです。他人と接するときだけ若く見せようとしても、そう簡単にはいきません。若く見える人は、生活習慣や自宅での自己管理などに何か違いがあるのでしょうか。
他人から若く見られている人達の共通点を考えてみました。

内面も若い

若い人のファッションやメイク、ヘアスタイルを真似れば若く見えるというわけではありません。いくら若く見せたくても無理な若作りはかえって年齢を感じさせてしまいます。外見だけ若く見せようとしてもそう簡単にはいかないのです。

見た目が若い人は、内面も若いという特徴があります。「もう年だから…」と消極的になってしまっている人より、積極的に新しいことにチャレンジできる人は、表情も生き生きとして若々しいです。

つまり、若く見える人は、若く見せようとしなくても、自然と内面の若々しさが外見に溢れ出ているのではないでしょうか。年齢を重ねてもアクティブで新しいことが大好きな人、若い人とも自然に交流ができる人は、とても若々しく見えます。

若く見せたいと思うと、どうしても外見ばかりに気を取られてしまいますが、内面を若く保つことが大切だと言えるでしょう。

食生活などの自己管理がしっかりしている

見た目が若いということは、食生活などの管理がきちんとできていると言えます。単純に太っている人は実年齢よりも年上に見えやすいですよね。
普通に生活をしていると、年齢が上がるごとに痩せにくい体質になっていくと言われています。若いころと同じ食生活をしているはずなのに、なぜかどんどん太っていく、というのは珍しいことではありません。

見た目のスタイルを維持しようと思ったら、年をとるごとに努力をしなくてはいけない、と言えますね。そんな条件の中で、若く見えるスタイルを保っているということは、見えないところで努力をしているからだと言えるでしょう。

もちろん食べ過ぎてしまう日もあるでしょうし、ちょっと身体が緩んできたな、と思う日もあるでしょう。そこできちんと自分に厳しくできるかどうか、が問題ですよね。自分に厳しい自己管理は楽なことではありませんが、若く見られたいと思ったら必要なことかもしれませんね。

姿勢や仕草が美しい

周りから見て、なんとなく品があるような姿勢や仕草の人も、実年齢より若く見える人と言えるのではないでしょうか。姿勢や仕草をずっと美しくキープできるということは、すでにその姿勢や仕草が習慣になっているということです。育ちや環境もあるかもしれませんが、常に周りの目を意識している人と言えるのではないでしょうか。

決して「若く見せたくて」周りの目を気にしているわけではないかもしれません。しかし大切なポイントは周りの目を常に意識することができている、ということです。
若く見えるようにするには、自分の意識を高く保つことが大切なのかもしれませんね。

趣味が多く友人が多い

内面からくる若々しさにつながりますが、趣味が多い人も見た目が若く見える人が多いようです。
現代人は仕事が忙しく、趣味が一つもない、という人さえいるかもしれません。自分の時間をきちんと作って心から楽しむことができる人は、自分を大切にできている人ですよね。

趣味と言ってもいろいろあります。ないからと言って、無理やり何かを始めなくてはいけないわけではありません。最初は「好き」という気持ちがあって始めるべきことです。その「好き」という気持ちが原動力になって何かができるということは、やっぱり若さがあるように感じます。

趣味の中でも、単独で楽しむ趣味と、団体で楽しむ趣味があります。見た目が若く見える人の趣味とは、仲間がいて楽しむ趣味を持っている人のように感じます。

仕事以外での人間関係を築くことで、気分的にもリフレッシュできて若さを保つことができるのです。何か好きなことがあるのはエネルギーにもつながりますから、その気持ちをプラスにすることで若さにつながると言えそうですね。

若く見える女性の特徴

多くの女性は、実年齢よりも若く見られると喜んでくれるでしょう。男性よりも、女性の方が年齢には敏感ですし、実際に若く見られるようにと努力をしている人が多いように感じます。
では若く見える女性とはどんな特徴があるのでしょうか。

肌がきれい

見た目で特に重要なのが、肌のきれいさです。女性の顔にしみがあるのを見つけてしまったときや、笑ったときにシワを見つけてしまうと、年齢を感じてしまいますよね。しみやシワがなく、ハリのある肌を持っている女性は若く見えるというわけです。

年相応の肌よりも若く見せることがポイントです。化粧でカバーできる部分もあるでしょうが、あまり厚化粧になってしまうと逆に老けて見えてしまう危険性があります。やはり年齢が若く見える人は肌自体をきれいに保っているんでしょうね。

また肌で年齢を判断するのによく見られているのが、肌のたるみです。年をとると、ハリがなくなりたるみも出てきてしまいます。痩せすぎて頬がこけたようになってしまっている人も老けて見られがちです。肌を若く保つことが、見た目も若く見える人のポイントなのかもしれませんね。

美意識が高い

肌だけでなく、スタイルや服装などにも高い意識をもっている女性も、若く見えるのではないでしょうか。

最近では「美魔女」という40代以上の綺麗な女性がメディアで取り上げられたりしています。美魔女として取り上げられている女性たちは、実年齢よりも若く見える人達ばかりですよね。彼女たちは美意識の塊のような意識をもっています。

女性は、若さ=美しさという定義がどこかにあるからかもしれません。美しい女性でいたければ、若く見えないといけないような雰囲気がありますよね。美意識が高いということは、若さへの追及と言えるのかもしれません。

若く見える男性の特徴

質の良い筋肉がついている

身体を鍛えていて、形の良い筋肉がついている男性は若く見えますよね。
女性のダイエットの感覚に似ているのかもしれませんが、男性も年を取ると身体のラインは崩れてきても仕方がないかもしれませんね。

きちんと鍛えていて形のよい筋肉がついていると、服を着ていてもわかるものですよね。そのシルエットが若々しさを出してくれていると言ってもいいのではないでしょうか。

また身体を鍛えるために筋トレなどを日常的にしている人は、ハツラツとした雰囲気もでてくるでしょう。身体を使って運動をするということ自体が若さを出してくれるといってもいいかもしれません。若く見えるな、と思う男性の身体付きにも注目してみてくださいね。

スポーツをしている人が多い

筋トレだけでなく、スポーツをしている男性は若く見えるでしょう。
スポーツをすることで筋トレと同じように、身体を作ることができるので、若く見えるようになると考えられます。

それに加え、スポーツをしている人は多くの場合、スポーツをする仲間がいます。休日に約束をしてスポーツをしている人が多いでしょう。フットサルにしても草野球にしても、バスケなどにしても、人とのふれあいがあります。内面から若さが出てきそうですね。休日の過ごし方も見た目年齢に関係していると言えるのかもしれません。

若く見える人の性格は?

恋愛を楽しんでいる

年齢がいくつになったとしても、人間をキラキラとさせてくれるのは恋愛なのかもしれません。実際に好きな人がいるときは、生活に張りもでますし、なんだかやる気がみなぎってきますよね。

若く見える人は、年齢を重ねても恋愛を楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。旦那様や奥様と言ったパートナーを大切にしている人かもしれませんし、自分の年齢よりもずっと若い人に恋愛をしている人かもしれません。リアルな恋愛ではなくても、芸能人の追っかけをしているような人も同じエネルギーがあるかもしれませんね。

年齢を重ねても恋愛ができるということは、ある程度自分に自信のある人だとも言えるかもしれません。恋愛をプラスのエネルギーにすることで、若さを保つことができているのかもしれませんね。

若者への態度も柔軟

いつの時代も「最近の若者は」なんて嫌味なことをいう人がいるものです。確かに世代が変われば、常識もズレてくるものですから、若い人が気に入らないと感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし見た目が若い人は、若い人への理解があったりもします。ふつうの人は、あまり若い人と交流する機会がないかもしれません。仕事で後輩と接するくらいでしょうか。そのため、その若さに腹が立つこともあるのかもしれません。
しかし見た目が若く見える人は、仕事以外でも年下の人と接していることが多いようです。休日に仲間とスポーツをしたり、趣味を通していろいろな人と話しをすることで柔軟な考え方が身についているのです。

若者の考え方も理解してくれて柔軟に対応してくれるような人は、中身も外見も若さがあると言えるかもしれません。幅広い年齢からの信頼も厚そうですね。

20代なのに若く見える人

年齢を重ねると、実年齢よりも若く見られたいな、と思う人が多くなってくるでしょう。しかし中には20代と実年齢も若いのに、さらに若く見えてしまう見た目の人もいます。

20代で若く見えてしまうと、もう子供のように見えてしまう人なのかもしれません。実際に20代の人はあまり若く見られたい、と思っていないでしょう。

若く見られるのもいいことばかりではないですよね。
確かに年齢を重ねると、実年齢よりも若く見られるのはうれしいことかもしれません。しかし中には年齢を重ねていたとしても、別に若く見られなくてもいいという人がいるかもしれません。

会社の社長さんや、何かを教える職業の人がそれに当たるかもしれません。年齢を重ねているということは、それだけ経験があるということであり、仕事のお付き合いの面ではある程度年齢を重ねていることが説得力になることもあるからです。

必ずしも実年齢よりも若く見えることが良いこととは限りません。
20代で子供のように見えてしまう人も、若く見えることは望んでいないでしょう。

あなたの状況と見た目の雰囲気にもよるかもしれないですね。あなたは若く見られたいですか?

まとめ

見た目が若く見える人の共通点をまとめてみると、外見が若く見えるだけでなく、内面も若い人ということがわかりましたね。とてもエネルギーのある人が多いでしょう。そのため性格的には明るい人が多いと言えるでしょう。積極的にいろいろなコミュニティに参加をし、ハツラツとしている人が多いと考えられます。

そのため、見た目が若く見える人は、笑顔が多い人と言えるかもしれませんね。実際に笑顔には若返り効果があると言われているようです。周りも元気にしてくれそうなエネルギーの強い笑顔を持っている人が多いでしょうから、どこに行ってもムードメーカーのようなキャラクターになっているかもしれません。

見た目が若く見られたいのであれば、確かに見た目を磨くことも大切です。肌のお手入れをしてみたり、ダイエットをしたり筋トレをしてスタイルを磨くことも、もちろん効果的と言えるでしょう。

しかし本当の若さは見た目だけで決められるものではないのかもしれませんね。いくつになっても自分自身が楽しく過ごせるような、内面の若さも常に磨いていきたいですね。

-魅力的な女性

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.