もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

フェイスパウダー

プレストパウダーのおすすめ10選!綺麗に長持ちさせる方法3選を紹介!

投稿日:2017-06-04 更新日:

お化粧直しに最適なプレストパウダーですが、最近はどんどん進化して幅広い好みに合わせて選べることを知っていますか?マットだけではなくツヤ肌もナチュラル肌も、アイテム次第で自由自在なんです!口コミの満足度重視でのおすすめブランドをご紹介します。

プレストパウダー、使わなきゃダメ?

みなさんはメイク直しの時、どんなアイテムを使っていますか?面倒だからベースメイクをお直ししなかったり、朝使ったパウダーファンデをそのまま持ち歩いて日中も重ねたりしていませんか?実はパウダーファンデを繰り返し重ねることで、お直ししているつもりが逆に崩れの原因を作っているかもしれません。

ファンデーションはそもそも何度も重ねる前提で作られていないので、日中にも重ねてしまうと厚塗りになりすぎて、化粧崩れにつながってしまいます。そこで最適なのがプレストパウダーです。ほどよいカバー力と、午後のくすみを解消してくれる効果でメイク直しに最適の力を発揮してくれます!

プレストパウダーの特徴は?

固形化(プレス)されたフェイスパウダー

粉そのままの形状のものを「フィニッシングパウダー」「ルースパウダー」等と呼ぶのに対して、粉を固形状に固めたものを「プレストパウダー」と呼びます。どちらのタイプも作っているブランドだと、基本的な粉質なんかは変わらないことも多いです。

ルースパウダーはパフなどでふんわりとつけるのに適していて、プレストパウダーは比較的コンパクトで粉飛びもしないため、持ち歩きに便利です。そのため、外出先でのお化粧直しにぴったりなアイテムです。

カバー力があるものも

一昔前はプレストパウダーといえば、色がほとんど付かず、カバー力がないイメージが主流でした。ですが最近では、UV対策もできて、しっかりと毛穴やくすみをカバーしてくれるようなパウダーも増えています。

休日メイクなんかだと、色付き下地+プレストパウダーだけで十分お出かけできてしまうくらい、頼もしいものも多くなってきていますよ!豊富なラインナップの中から、使い方に合わせて自分の求めるカバー力で選ぶこともできます。

仕上がりの印象も様々

「パウダーだからマットに仕上がりそう」というイメージもあるかもしれませんが、最近では仕上がりの肌タイプも様々で、実はパウダーなのにツヤ肌に仕上げることもできるんです。また、色の濃さやカバー力も豊富な種類があるので、ナチュラルからしっかりカバーのマット肌まで、好みで使い分けることが可能です!

お化粧直しに便利

やはりプレストパウダーといえば、お化粧直しに使いたいアイテム。ケース自体もコンパクトなものが多いですし、何よりしっかりとプレスされた固形なので、外出先で使うのに適しています。

ルースパウダーをお化粧直しにも使う...となると粉が舞いやすくかさばるので持ち運びは難しいですが、プレストパウダーを朝の仕上げにも使う、という使い方なら問題ありません。ですのでどちらか1つのアイテムしか揃えられないのなら、まずはプレストパウダーから用意する方がオススメです。

応用が利く使い方

プレストパウダーにはパフが付いているものが多いですが、お化粧直しには手持ちのブラシでふんわりとのせる使い方もオススメです。こうすることで、よりナチュラルに均一にパウダーをのせることができます。

またパフでしっかりめにのせてから、ブラシでよぶんな粉を払ってほどよい質感に仕上げるということもできます。「チークが濃く付きすぎちゃった!」という時には、上からプレストパウダーを重ねてぼかせば程よい濃さに調節することもできるので、色々と応用した使い方が便利です。

安くて使える!おすすめのプチプラプレストパウダー

<キャンメイク>トランスペアレントフィニッシュパウダー

価格:¥940 SPF30 PA++

キャンメイクではプチプラなのに評価が高いアイテムが多いことで有名です。ベースメイクだと、「マシュマロフィニッシュパウダー」が先に話題となりましたが、こちらは持ち運んでお化粧直しに使いたい!という方向けです。

もちろん朝の仕上げはマシュマロフィニッシュパウダー、化粧直しにはトランスペアレントフィニッシュパウダーという使い分けでもいいですね。マシュマロフィニッシュパウダーはマットな仕上がりなのに対して、こちらはツヤのある仕上がりになります。

<セザンヌ>UVクリアフェイスパウダー

価格:¥680 SPF28・PA+++

セザンヌではいくつかプレストパウダーを発売していますが、中でも特に口コミ人気が高いのがこの「UVクリアフェイスパウダー」です。無香料、パラペンフリー、紫外線吸収剤不使用など、敏感肌の方に嬉しい成分になっています。

カバー力はそこまで高いわけではなく、とにかくナチュラルに透明感をアップさせたいという方にぴったりです。また、色付きなのにクレンジングを使わなくても洗顔で落とすことができるので、ファンデーションを使いたくない休日メイクにももってこいですね。

<ポイントマジックPRO>プレストパウダーUV

価格:¥1,300 SPF50+・PA++++

うるおい成分92%配合で、乾燥を防ぎながら毛穴カバーができるプレストパウダーです。何よりの特徴はプレストパウダーなのにSPF50+、PA++++という点ではないでしょうか。

この紫外線対策効果はなかなか他の製品では見かけません。高SPFなのに敏感肌でも使えるというのもポイントです。ケース自体の大きさが一般的なプレストパウダーよりも小さめで、ポーチに収まりやすいところも人気の秘密です。

<ちふれ>プレストパウダー

価格:¥800 

セミマットタイプとツヤタイプの2色展開です。プチプラなのに鏡付き、詰め替えやパフも別売りされているのでエコで経済的という点でも支持されています。ゴテゴテしていないパッケージ、無香料というところもシンプル派の方から人気です。

<舞妓はん>舞妓はんのおしろい UVコンパクト

価格:¥1200 SPF19・PA++

「和」のパッケージも独特で可愛らしい舞妓はんシリーズのプレストパウダーです。パフではなく刷毛が付いていて、さっとひとはけで立体感のある仕上がりになります。色はあまりつかずに、ナチュラルに化粧崩れを防いでくれます。

デパコスブランドのプレストパウダーランキング

1位<カネボウ>ミラノコレクション フェースアップパウダー

価格:¥12,000 SPF14・PA++

言わずと知れた高級パウダー、「ミラコレ」の呼び名で親しまれて、口コミでも毎年非常に評価のたかいパウダーです。毎年12月の限定発売で、毎回新しいパッケージになるというところも乙女心をくすぐりますよね。コンパクトタイプのケースとおおぶりのケースが1年ごとに交互に発売されていますが、中身は毎年プレストタイプのパウダーです。

冬季の限定発売なのですが、崩れ防止効果がかなり高く、サラッと綺麗なマット肌に仕上がるので実は夏場に最適という声も。販売期間が終了してもネット上だと購入できることもあるので、冬まで待てないという方はチェックしてみてください。

2位<エレガンス>プードルオートニュアンス

価格:¥10,000(コンパクトタイプ)

ミラコレと人気を二分しているエレガンスのパウダーです。コンパクトタイプと、朝の仕上げに大きなパフで使えるおおぶりタイプの2種類が出ています。シンプルで高級感のあるケースも人気が高いです。

透明感やツヤが出るタイプからしっかりと色ムラをカバーできるタイプまで全6色あり、好みに合わせて選べるという点もポイントが高いですね。パフでつけてもブラシでつけても綺麗な仕上がりが持続する、と人気です。

3位<イプサ>フェイスカラー デザイニングパレット

イプサのプレストパウダーは1色を顔全体に使うのではなく、計算しつくされた4色をそれぞれ適した場所に乗せていく、というなんともユニークな使い方です。前12色と色展開も豊富で、カウンターに行くと機械で測定して自分に合ったパレットを勧めてもらえるので心強いですね。初めての購入はできればカウンターに行って診断してもらうといいですね。

ベース・チーク・ハイライト・シェーディングの4つのカラーを指示通りのせていく通り、自然な立体感が生まれます。またあれこれアイテムを持ち歩かなくてもこのパレット一つでベースメイクのお化粧直しが完結するので、小さなバッグでのお出かけにもぴったりですね。

4位<クレ・ド・ポー・ボーテ>プードルコンパクト エサンシエル

価格:¥10,000(ケース・パフ付き)

パフでするすると少量をのばすだけで簡単にマットな均一肌に整えてくれると評判のパウダーです。ケースも高級感があり、お化粧直しのたびに気分をあげてくれそう。思ったよりも少量をつけるのがポイントのようで、欲張ってつけすぎると乾燥するとの声も。

量の調節が難しいかたはブラシを使うといいかもしれません。ケースも重厚感のあるものと、軽くて便利なプラスチックのものがあるのでお好みに合わせて選べます。レフィルがあるのでリピートするときにはお安く買えるのもうれしいですね。

5位<NARS>ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト

色のついていない透明感のあるパウダーで、「パウダーなのにツヤがでる!」と人気の製品です。粒子が非常に細かく、一見つけた時にはきちんとついたか分からないくらいなのですが、時間がたつと上品で均一な肌が確認できます。

作り込んだ肌のツヤ感は損なわずにテカりは抑えるという不思議な効果があるので、テカりやすい夏場でもツヤ肌をキープしたい方にお勧めです。大き目のブラシをくるくると回しながらつけるのがオススメです。ツヤ感が出るので、更にナチュラルにしたい方は鼻筋や頬などハイライト的に使うこともできます。

プレストパウダーをより綺麗に長持ちさせる裏技

メイク直し前にはしっかり皮脂をオフ

メイク直しの時、時間があまりないからといって崩れた肌にそのままプレストパウダーをのせてしまっては逆効果です。ヨレた皮脂にたまって、よけいに汚く見えてしまうかも...。

面倒でも、まずは柔らかいティッシュなどで余分な皮脂やファンデの浮きをオフしてからパウダーをのせるようにしましょう。このひと手間で、その後の仕上がりも、メイクのもちも一気に良くなります。

パフやブラシは1度よくなじませる

パフにプレストパウダーを取ってそのまま肌にのせるのはあまり良いやり方ではありません。均一に薄くパウダーを取ったつもりでも、なかなか均一にはなっていないことが多いからです。パフにパウダーを取ったらまずはパフを握るようにしてしっかり揉み込みます。

その後、手の甲に軽くポンポンと押すようにしてパウダーの様子をみてから肌にのせるようにしましょう。ブラシの場合も同じで、くるくるとパウダーを取ったらいったん手の甲にトントンと数回のせるようにすると、毛の奥まで均一にパウダーが馴染んで、丁度良い濃さで肌に乗せることができますよ。

均一なツヤ肌のためには「肌を磨くように」つける

プレストパウダーをのせる時、ポンポンと抑えるようにする方が多いと思いますが、実はこれはベストな方法ではありません。一番いいのせかたは、パフを肌に密着させたらくるくると円を描くように滑らせるという方法です。

こうすることで、毛穴にしっかりパウダーが密着して綺麗にカバーできますし、パウダーも均一につけることができます。ブラシを使う時も同じで、肌を磨くようなイメージでくるくるとのせていくと「面」ができてツヤ感アップにもつながります。

パフやブラシは清潔に

当たり前のことではありますが、パフやブラシは毎日肌に直接触れる物なので、清潔に保つことが何よりも大切です。また、しばらく洗っていないと衛生的に問題があるだけではなく、皮脂と混ざって固まってしまい、だんだんパウダーが綺麗につかなくなってきてしまいます。

できれば毎日洗うのが理想ですが、最低でも週に1、2回は水洗いをするようにしましょう。専用洗剤を馴染ませて水洗いすれば簡単で1分もかからないので意外と手間になりません。同じパフを2枚用意して、交互に使うのもオススメです。

好みで選べるプレストパウダーで、メイクの仕上がりに差をつけよう!

最近のプレストパウダーは崩れにくさや仕上がりのきれいさという点ではかなり進化してきました。後はそれぞれの好みの問題なので、しっかりマットからナチュラルなツヤ肌まで、なりたいイメージに合わせて選ぶことができます!口コミは自分の肌質やなりたいイメージに近い人の声を参考にしながら、自分にぴったりのプレストパウダーを使いこなしてくださいね。

-フェイスパウダー

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.