もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

ネイルケア

爪磨きの正しいやり方って?コツや使用する道具を紹介!ピカピカにして指先を綺麗に見せよう!

投稿日:2016-11-24 更新日:

今まで爪磨きを自分でしたことはありますか?指先は、意外と他人に見られる部分です。そのため、爪に汚い印象がある事で自分の評価を下げる原因になる可能性もあります。爪磨きの正しいやり方やコツを知って、簡単に着れない爪を手に入れましょう。また爪磨きの時に活用するさまざまな道具を紹介します。

爪磨きをして指先の綺麗を維持しよう!綺麗な爪には好印象を持つ!

爪磨きをしないと悪い印象を持たれるって本当!?

皆さんは普段どんなネイルケアをしていますか?人によっては爪にオシャレなネイルを楽しんでいる人もいるかと思います。しかし、学校や仕事では「ネイル禁止」という規則がある場合もあります。この時に、多くの人は、爪の長さを整える程度で爪磨きを行わないのです。しかし、人と接する時には意外と多くの人が自分の爪を見ていることを忘れないでください。

爪に清潔感がないことが原因で「この人には清潔感がない」と悪印象を持たれる可能性もあります。また、これは女性だけではなく男性でも同じです。男女問わず多くの人は「清潔感」を大切にします。そのため、清潔感がないと「だらしがない」「あまり関わりたくない」などと思われることもあるのです。そうならないように、自分の爪磨きをしっかりと行いましょう。

爪磨きをすることで、指先を綺麗に見せることが出来ます。今まで爪磨きをしたことがない人も正しい爪磨きのやり方や必要な道具を参考にして、自宅で爪磨きを行いましょう。爪磨きの為だけでわざわざネイルサロンの通う必要はありません。また、爪磨きであれば規則でネイルが禁止されている人でも行うことが出来ます。綺麗な爪を維持して人から好感を得ましょう。

爪磨きをするメリットって何だろう!?

爪磨きはTPOを問わない

女性の中には、オシャレなネイルを楽しみたいと考えている人も少なくないです。しかし、この時に校則や就業規則でネイルが禁止されている時にはネイルを諦めないといけません。また、わざわざ休日だけネイルをすることに多くの人はめんどくささを感じます。だからといって、爪を何もしないままでは自分の魅力を下げる原因なので注意をしてください。

爪磨きは、ネイルではなく爪の手入れによって綺麗な印象を持たせるものです。そのため基本的にTPOを問わずにいつでも綺麗な爪を維持することが出来るのです。女性であれば、ネイルをしていなくても爪がピカピカしているだけで自分のモチベーションや美意識を高めることが出来るようになるのです。そのため、誰にでもできる綺麗なネイルなのです。

男性受けが良くなる

ネイルをしていると、自分をよりオシャレに見せることが出来ます。女性同士であれば相手がどんなネイルをしているのか気になることも少なくないです。しかし、男性は自分がネイルをしないこともあってネイルアートの良さを把握できていないこともあります。そのため、女性らしさをアピールしようとしても逆効果になる可能性があるので注意をしてください。

あまりにも気合が入ったネイルに多くの男性は引きます。反対に、敢えてネイルアートをせずに爪磨きだけにしておくことで多くの男性が魅力を感じることもあります。爪磨きで表面を整えるだけでも十分に周りの人から好印象を持ってもらうことが出来るのです。このことから男性受けを気にしてネイルをする場合には「シンプル」が最適だと判断できます。

ネイルのトラブルを予防できる

ネイルアートを行うことで、さまざまなトラブルを引き起す可能性もあります。また、人によっては手先が器用でないことが原因で「ネイルを自分でやるのが苦手」ということもあるのです。ネイルアートを行うことで、結果的に専門の治療が必要になることも少なくないです。マニキュアが原因で爪が変色したりボロボロになることも考えられます。

また、近年多くの人が行っているジェルネイルではネイルと爪の間に水が入ることが原因で「カビ」が繁殖することもあるので注意が必要です。その他にも、ジェルネイルを頻繁に行うことで爪が薄くなって痛みを感じることもあります。爪磨きでは、ネイルアートによって起こるトラブルは発生しません。そのため、爪のトラブルを未然に防ぐことが出来るのです。

空いた時間にネイルケアが出来る

爪磨きは基本的にそれほど時間をかけずに綺麗な爪を手に入れることが出来ます。そのため、忙しい人でも時間が空いた時に気軽に行えるネイルケアなのです。毎日忙しい日を送ってる人は、ネイルアートのような時間のかかるケアを来なうことが難しいです。また子育て中であれば、子供の急な要求に対応する必要もあるのです。

この時に、マニキュアなどでネイルアートをしていれば乾かないことが原因でせっかくのネイルがぐちゃぐちゃになる可能性もあります。しかし、爪磨きあれば急用が入った時にはすぐに中断できるのです。テレビを見ながらなど、くつろぎの時間にゆったりとネイルケアが出来るというメリットも爪磨きにはあります。

老若男女問わず誰でもネイルケアが出来る

「ネイル=女性がやるもの」というイメージを持っている人は少なくないです。しかし、爪磨きは老若男女問わず誰にでも行うことが出来るのです。爪を綺麗にしている人は自然に周りの人から好印象を持たれます。男性が本格的なネイルをしていると引いてしまう女性は少なくないです。爪磨きであれば「ネイルアート」ではなく「ネイルケア」などの引かれる心配がないです。

また、ある程度年齢を重ねた女性は派手なネイルをしていると「年齢にあっていない」「痛い女性」などの悪印象を持たれます。ただ、この時にも、爪磨きであれば清潔感をアピールして周りの人から引かれる心配を感じる必要もないのです。爪磨きには「老若男女問わず誰にでも気軽にできる」というメリットがあります。

爪磨きの正しいやり方とは?コツを掴んで綺麗な爪を維持しよう!

まずは好みの長さに爪を切る

爪磨きのやり方としてはまず「爪を切る」ことが大切です。爪を切らないままで爪磨きをしても「爪の形がおかしい」「指によって爪の長さが違う」などの原因です。この状態では、どれだけピカピカな爪にしてもあまり意味がないので注意をしてください。

爪を切る前には、爪を柔らかくしてカットしやすい状態にしましょう。この時は人肌程度のぬるま湯に10分程指をつけておくだけで十分です。これを行うことで、より爪を切りやすくすることが出来ます。それから1~2mmを目安に、様子を見ながら細かく爪を切っていきます。この時いきなり中央から切ったり、広範囲に切ってしまうと失敗しやすいので、必ず端から切るようにしましょう。

また、爪は長さも重要です。伸ばし過ぎだと不潔感を持たれることがありますし、切り過ぎも見た目のバランスが悪くなります。深爪にならないようにくれぐれも注意して、爪の先の白い部分が目安として1mm以上残るように切りましょう。

爪は基本的に2週間に1度程度のサイクルで切ります。ただ、爪が伸びる速さは季節は人によっても異なるので長さが気になった時に行っても問題ありません。また、乾燥を防ぐために普段からハンドクリームを塗る際には爪にまでしっかりと伸ばすことが大切です。

爪の長さを整えたらやすりで断面を整える

爪の長さを整えた後には、カットした断面をしっかりとやすりで整えるようにしてください。爪切りで切ったままにすることで断面がガタガタの状態です。また、これが原因でものに引っかかることもあるので注意をしてください。やすりを行う時には「一方向」に掛けることが大切です。往復かけをすることで爪のトラブルを引き起こす可能性もあるので注意をしてください。

ただ、一方向でやすりを掛けるのがめんどくさいと感じる人は「最後だけ」でも構いません。基本的に最初の方にやすっている部分は削り落としてしまうので往復がけをしても問題はないのです。最後の3.4回程度はトラブルを防ぐ為に一方向でやすりを行ってください。そうすることで爪の断面の流れを綺麗に整えることが出来ます。

やすりが良くわからないという人は以下の方法を参考にしてください。やすりがけは正しいやり方で行う必要があります。断面が綺麗な状態でないと爪磨きをしても、完全に綺麗でピカピカな爪を手に入れることは難しいです。

・ボードやファイルの「荒目」の面を使って爪に対して45度の角度で中心に向かってやすりをかける
・次に「細目」の面で同じようにやすりをかけて爪先を滑らかにする

爪磨きで爪の表面を磨く

ブロックバッファーを爪の表面に当てて左右に動かします。やすりの時は一方向で行いますが、バッファーは圧力で表面を磨くものなので往復かけをして表面の凹凸を取り除きます。この時に圧力がかかるように、爪に押し付けながら行うことが大切です。これを行うだけで、爪磨きでピカピカな爪を手に入れることが出来ます。

ものによってバッファーの面を変えて何度か行うこともあります。自分が使っている商品を参考にして、同じ方法で段階を経てピカピカになるように爪磨きを行いましょう。爪磨きに使う道具がいまいちわからないという人は、これから紹介する道具を参考にしてください。

爪磨きのコツは?サロンで行うようなピカピカな爪を手に入れたい!

爪磨きのコツは2段階に分けて磨くこと!

自分で爪磨きをしても、サロンでやるときのようなピカピカな爪にすることが出来ないと感じる人も少なくないです。このような悩みを抱えている人の多くは「シャイナ―」だけで爪磨きを済ませている傾向があります。爪磨きのコツとしては「荒目から細目」の2段階に分けて爪磨きを行う必要があるのです。シャイナ―だけでは爪自体のボコボコや筋などは取れません。

そのため、爪磨きをしてもそれほど綺麗な印象がないのです。爪磨きのコツで大切なことは「爪表面の傷や凸凹を取り除く」ことなのです。傷や凸凹を取り除く方法としては荒目と細目のファイルを順番に掛けるだけで十分です。この時に、必要以上に削り過ぎると爪が薄くなることもあるので注意をしてください。最低でも2週間程度は爪磨きをする感覚を開けることが大切です。

また1本の指に対して15秒程度行えば綺麗な表面に出来ます。この時に詰めに深い傷がある時には、絶対に深い傷に合わせてファイルをしないでください。これを行うと爪の表面を削り過ぎてしまいます。深い傷は気になっても無視して爪磨きをすることがポイントです。

爪磨きに必要なセットは?近年では「電動」のものもある

爪磨きに必要はセットを把握しておこう!100均でも道具は揃う

自分で爪磨きをしたいと考えていても、爪磨きの時に必要な道具を知らないと実際に爪磨きをすることが出来ません。また、爪磨きの道具はそれほど高価な物ではなく100均などでも揃えることが出来るので、誰にでも気軽に爪磨きを行うことが出来ます。実際に必要になる爪磨きの道具は以下です。これを参考にして、まずは道具を揃えてください。

・爪切り:やすりで爪の長さを整える人は必要ないです。
・*爪切り(必要な方のみ)
・荒目と細目のやすり:これは爪の断面を整える為に使います。基本的には爪をカットした時に使うものです。
・バッファー:爪の表面を削る際に活用します。
・シャイナー:爪の表面を整えた後に爪を磨いて光沢を出すものです。
・キューティクルオイル:これは爪の乾燥を防ぐものです。一番最後に行います。

本格的な爪磨きをしたい人は「爪磨きセット」

爪磨きセット!女子力アップさせるならコレ!

Biz-meのネイルケアセットは、留や代官山・恵比寿にサロンがある「ネイルリゾート ランコントル」とコラボした商品です。そのため使いやすい爪切りや爪やすりは多くの人から高評価を得ています。基本的なネイルケアセットやプロが推奨するの甘皮のケアセット、2種類の爪磨きセットが含まれています。

また、うちでもどこでもネイルケアが出来るように、ポーチに入っているのも魅力の1つです。コンパクトサイズのポーチなので持ち歩いていてもかさばる心配がありません。またポートはピンクや白が基調となっているので持っているだけで美意識がアップすること間違いなしです。外出先での急な爪のトラブルにも対応が出来ます。

爪磨きセット!電動簡単にケアするならコレ!

自分で手を動かして爪磨きをするのはめんどくさいと感じる人もいます。そんな人におすすめなのが「電動の爪磨き」です。この商品は、9点セットで自分の爪に合わせて本格的な爪磨きが自宅で簡単に行えるものです。電動の爪磨きが価格が高いと感じる人もいるかと思います。この商品であれば2000円前後で購入できます。

多くの電動の爪磨きはそれほど高価ではないので自分に合ったものを選んでみてください。また、自分で使いこなせるようになったら友達や家族に爪磨きをしてあげてもいいです。そうすることで、自分の周りにいる多くの人がピカピカな爪で好印象を持たれるようになります。爪磨きのセットを購入する時に大切なことは「使いやすさ」です。

ただ、電動の爪磨きはやするスピードが速いので爪の表面をやすり過ぎないように注意をする必要があります。手動で行う時のような感覚で行うと、爪のトラブルの原因になったり爪に痛みを感じる可能性もあるので細心の注意を払ってください。

本格的な爪磨きセットがなくても爪磨きが出来る!?代用できるものとは?

爪磨きの代用はレシートで…

爪磨きの道具がない場合には「レシート」を爪磨きの代用として活用しましょう。この時には、文字の書いてある方を爪に当てて擦るだけで十分です。レシートで爪を擦ることで、爪磨きをした時のようなピカピカの爪を手に入れることが出来ます。レシートは感熱紙です。そのため感熱紙の効果によって爪磨きの代用が出来るのです。レシートだけではなく感熱紙のFAX用紙でも出来ます。

これは感熱紙の表面が平らではないことが理由です。そのため爪に表面を滑らかにしてピカピカにする効果があるのです。仕組みとしては、爪磨きをしている状態と変わりません。爪磨きの代用としてレシートを使えば、急な大切な用事でも綺麗な爪で参加できます。一度この方法で爪磨きをしてみてください。

まとめ

爪磨きの頻度はしっかりと守ることが大切!

このように、爪磨きは誰にでも簡単に空いた時間で行えるネイルケアです。自分の爪をみて、ピカピカしていないと感じた人はこれを機に自分で爪磨きを行いましょう。爪磨きは、頻繁に行う必要はないです。毎日のように爪磨きをすると、爪のトラブルを引き起こす可能性もあるので注意をしましょう。爪磨きの頻度は最低でも2週間程度は空けることが大切です。

爪磨きに必要な道具を揃えて、しっかりとコツを掴んだ上で空いた時間に爪磨きを行いましょう。爪磨きは、老若男女問わず誰にでも出来ます。また、爪磨きの道具は100均で揃えられるものが多いので、気軽な気持ちで始めてみてください。この時にはしっかりと爪磨きの頻度を守ることが大切です。綺麗な爪をゲットして周りの人からの好印象を得てみてください。

-ネイルケア

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.