もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

マスカラ

モテマスカラが画期的な理由とは?こだわり抜かれた特徴4つとおすすめポイント!売れ筋ランキングを徹底解説!

投稿日:2017-08-06 更新日:

モテマスカラは2014年のマスカラカテゴリー全てで売上実績NO.1を獲得したマスカラです。アイメイクをしながら同時にまつ毛のケアができるこれまでにないマスカラの、最高品質を目指してこだわり抜かれたその特徴や、種類ごとのおすすめポイントをご紹介!さらにマスカラの上手な使い方や、気になる口コミまで、モテマスカラの全てをお伝えします。

モテマスカラでまつ育しよう

メイクをするとき最も力を入れるのはどこですか?おそらく多くの方がアイメイクに重点を置いていると思います。モテマスカラは長くボリュームのあるまつ毛をつくれるとして話題になったマスカラです。

その人気は、ネット販売では売切れ続出となりドラッグストアなどの店舗でも人気のものは売切れてしまうほどだそう。2014年にはモテマスカラ全5種類のすべてが、マスカラカテゴリーで売上実績第1位を獲得しています。

世の女性がそこまで支持した理由は、これまでに無いほど、長くそしてボリュームのあるまつ毛をつくることができる点、そして美容成分が含まれている点です。メイクをしながらまつ毛のケア「まつ育」ができちゃうと話題のモテマスカラをご紹介します。

モテマスカラとは?

フローフシのマスカラ

モテマスカラとは、株式会社フローフシが商品開発を行って完成したマスカラです。世界最高品質を目指し「医学の視点」「原料」「技術開発」「サイエンス」「機能美」の5つの視点を持って開発されています。

だからモテマスカラは、デザインにおいても品質においても、女性からの高い支持を得ているのかもしれませんね。5つの視点とは、安心・安全性を追求する「医学の視点」、自社で取得・開発している「原料」、日本の伝統技術に学び職人さんとの共同開発を行う「技術開発」

そして、機能性と安全性を現実にするための研究開発を行う「サイエンス」、使いやすさとデザイン性を追求したパッケージを開発する「機能美」という5つです。まさに情熱を持ち、徹底したこだわりを持って作られていることが想像できます。

そして株式会社フローフシが大切にしているお客様との約束には「ほんと?という全く新しい価値を必ず提供します」とあります。ではモテマスカラにはどんな新しい価値が提供されているのでしょうか。

本気のまつ毛ケアができるマスカラ

モテマスカラは「マスカラで、本気のまつ毛ケア。」をコンセプトに作られています。マスカラと言えば、自分のまつ毛だけでは目元が物足りないときに、長さやボリュームを補ってくれるアイメイクの必需品です。

ただし自分のまつ毛をもう少し増やしたい、抜けやすいまつ毛を丈夫にしたい、伸ばしたい、というときには専用のまつ毛美容液を別に購入しますよね。

つまりまつ毛のケアに関しては、マスカラは期待できない領域だと思われているのが普通ではないでしょうか。しかしそこにも力を注いで作られたのが、モテマスカラです。

アイメイクとしてのマスカラに加えて、まつ毛ケアとしての美容液を兼ね備えている新しいマスカラと言えます。

フィルムタイプのマスカラ

フィルムタイプのマスカラとは、にじまないのにお湯ではスルッと落ちる特徴を持つマスカラのことです。塗った後に、乾くとまつ毛の表面に耐水性のフィルムができるため、水に濡れてもにじまないという仕組みです。

少し前では雨に濡れたり泣いてしまうと、マスカラがにじんで落ちてしまうのが通例とされていました。

しかし近年では、このフィルムタイプのマスカラが増えています。モテマスカラもフィルムタイプのマスカラなので、にじまずパンダ目知らずです。お天気にも安心、映画に感動して思わず泣いてしまっても大丈夫!

モテマスカラの特徴

天然ミネラルでまつ毛ケア

モテマスカラの大きな特徴のひとつである美容成分には、株式会社フローフシが独自に開発した「エンドミネラル」がたっぷりと配合されています。

エンドミネラルは天然の鉱石です。世界中で採取不可能な貴重な成分とされており、高濃度のマイナスイオンを発生する鉱石と言われています。

その天然エンドミネラルをナノ化して高配合しているのがモテマスカラなんです。天然エンドミネラルが発生させるマイナスイオンは滝の600倍と言われ、その影響力は20cm四方に及ぶほどの力があります。

つまりモテマスカラを使っているだけで、目元全体がマイナスイオンに包まれている状態という訳です。
塗っているだけなのにリラックス効果もありそうですね。

さらに、さまざまな美容効果が期待できる天然エンドミネラルをたっぷり配合しているから、塗るだけでまつ毛をケアしてくれるという訳です。

実際に、株式会社フローフシが行った実験によると、総勢15万人が60日間にわたってモテマスカラを利用した結果、84%がまつ毛が育成されていると実感したのだそうです。

お湯でオフできる

マスカラは重ね塗りして使いたいですよね。そうするとやっぱり気になるのは落ちやすさです。目をごしごしこするとまつ毛に負担がかかり、抜けるなど痛んでしまいます。

またメイク落としで洗い流したつもりでもまつ毛に残っていたり、目の端に粉が残っていたりすると、粉が目に入り痛めてしまうことにもつながります。

目の周りの皮膚は薄く繊細なので、ごしごしこすると皮膚に負担がかかりシワや乾燥につながってしまうかもしれないのだそうです。

しかし、モテマスカラは耐久フィルムになっているため、汗や涙・皮脂には強く、そして落とすときにはお湯で簡単に落とすことができます。簡単に落ちるからまつ毛をこする必要もなく、まつ毛も目の周りの皮膚も傷めずに済むんです。

肌が弱くアレルギーを持っていたり、また小さい子どもがいて自分に時間がかけられないママにとっても、お湯で簡単に落ちるのはとても助かります。

高い質とこだわり

モテマスカラは、株式会社フローフシがものづくりをするときに大事にしている5つの視点に沿って作られています。そして世界最高品質のマスカラを作り届けることを大切に考えられているため、通常の商品開発とは逆の発想で作られています。

原料やブラシ、容器などに最高のものを揃えてから商品開発を行い、最後に原価などを決める流れで作られているため完成品は品質にこだわった最高のものになりました。

そして結果として高くなってしまう原価の高さをカバーするため、大量発注を行ったり最小限の人数で会社を経営するなどできるコスト削減策を行っているのだそうです。だからモテマスカラは、少しだけ他の商品より高い価格設定がされています。

最高品質であるという自信と実績があるからこその「プチプレミアム」価格で提案されていると言えますね。モテマスカラは5種類のラインナップを揃えており、それぞれが長さやボリュームなどの異なる目的で作られています。

ブラシ、マスカラ液、容器などすべてが自社で製造されているからこそ、実現しているこだわりです。これは週例で開催されている職人さんが集まる商品開発会議「マスカラサミット」で、マスカラを作る各工程に携わる約20名の職人さんが一堂に会して開発に携わっているためなのだそうです。

間に人を通さずに職人さん同士で直接話をすることで、時間短縮につながるだけでなく、より意思の通じ合った高い品質の商品を作ることができると言えます。モテマスカラは、強いこだわりを持ち世界最高品質を目指して作られた商品なんですね。

おしゃれなデザイン

現在販売されているモテマスカラシリーズは、2011年に発売されたシリーズのリニューアル版です。より高級感のある容器デザインやブラシに一新され、手に取るだけでも気分が上がるプレミアム感を感じることができるオシャレなデザインで、世の女性たちにも大好評なのだそうです。

モテマスカラのボトルはどれもキレイで目の覚めるような色合いばかり。加えてメタリックな手触りなのが、高級感を演出してくれます。

メイクセットが可愛いとそれだけで気分が上がりますよね。ポーチに入れておきたいデザインであるのは、とても重要なポイントだと言えます。

モテマスカラの種類

ロング(ピンク)

ピンクの容器が目印のロングは、モテマスカラの中でも最も人気のロングタイプのマスカラです。自分のまつ毛がそのまま伸びたような、ナチュラルな仕上がりが目指せる定番と言えます。

ブラシは「極細ロング」で軽いのに密着度が高いファイバーを使用しているため、ふんわりと上を向いた自然なまつ毛や目元をつくることができます。

またまつ毛に直にマスカラ液がつかない構造になっているため、重ねづけしてもダマになって失敗しないのも嬉しいところですね。

お値段は1,800円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1本1,440円(税別)になります。

ボリューム(オレンジ)

オレンジの容器が目印のボリュームは、ロングタイプに次いで人気のマスカラです。ナチュラルさを残しながらもまつ毛全体にボリュームが欲しいときに使いたいですね。特徴的なのがブラシの形状。

3Dスクリューブラシという、4ヶ所のくぼみにマスカラ液がたっぷりと染み込む特殊構造なので、1本1本のまつ毛をしっかりと包み込んでボリュームアップさせてくれます。

一般的にボリュームタイプというと、毛先がバサバサとしてしまったり、根元がダマになってぽってりしてしまったりと悩みが多いイメージですが、モテマスカラなら大丈夫!

根元からしっかり濃い毛束をつくり、毛先はすっと先へ伸びるような上品でボリュームのあるまつ毛を作ることができるのだそう。上品さも兼ね備えてくれるとは、嬉しいポイントですね。

お値段は1,800円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1本1,440円(税別)になります。

ブラウン(ゴールド)

思わず目を引くきれいなゴールドの容器が目印の、ブラウン色のマスカラです。黒で決めるのも良いですが、休日など柔らかい印象の目元にしたいときはブラウンを使いたくなりますよね。

一般的にブラウンと言うと、黒の色違いとして販売されることが多いと思いますが、品質にこだわるモテマスカラではブラウン専用にブラシを開発しています。

H型ブラシというHの形をした形状のブラシで、外側のくぼみを使い好みの太さにまつ毛のボリュームを調整できるようになっているのだそう。

また色も淡い黄色、深い赤色、濃紺の3色素でつくられたブラウンなので、濃すぎず柔らかい色になっています。そのため肌なじみも良く、よりナチュラルな印象をつくれそうですね。

お値段は1,800円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1本1,440円(税別)になります。

コームタイプ(ライトブルー)

目の覚めるようなライトブルーの容器が目印なのがコームタイプです。コームタイプはブラシの部分がすっきりし、使った目元もシャープにすっきり見せることができるタイプのマスカラです。下まつ毛をきれいに塗りたい方にもオススメです。

こだわりはやはりブラシ部分で、日本の伝統工芸である貝塚市の櫛をつくる職人さんと共同開発された「意匠コーム」が使われています。

コームタイプではマスカラ液がつきすぎると、シャープな目元がつくれずきれいに塗れません。そのため意匠コームにより液のつきすぎを調整し、理想の目元を実現させています。

また市販されているコームタイプは約95%がウォータープルーフなのですが、モテマスカラはお湯で簡単に落とせる耐水性フィルムのブラシなのも嬉しいポイントですね。

お値段は1,800円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1本1,440円(税別)になります。

カール下地(ブルー)

青い容器が目印なのがカール下地のマスカラです。カール下地とは、通常のカラーマスカラの前にまつ毛に塗っておくことで、マスカラの持ちを良くしてくれるアイテムです。

モテマスカラが開発したカール下地のすごいところは、上からウォータープルーフのマスカラを塗っても、一緒にお湯で簡単に落とせるようにしてしまったところ。

耐水性フィルムで作っており、8割ほど乾いた時点で上からマスカラを塗ると、下地の感熱ポリマーがウォータープルーフの液と一体化することでお湯で落ちる仕組みです。

業界の常識を覆したとされ、画期的な商品だと話題になりました。また色も主流の透明や黒ではなくブルーが使われています。

これは、上に重ねたマスカラの色がきれいに映えるように、そして白目がクリアに見えるようにとの思いからだそう。こだわりの詰まった下地ですが、そのままマスカラとしても使える点も嬉しいところです。

お値段は1,600円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1本1,280円(税別)になります。

ONE

2015年9月に発売され、さらに世界最高品質を目指してつくられたモテマスカラ史上最高傑作のマスカラが、モテマスカラONEリフトアップです。

量産できないために商品化は難しいとされてきた素材や技術を採用し、さらに容器や原料・ブラシなどすべてにおいてこだわり抜いたため、4年の歳月をかけて完成したマスカラなんです。

通常のモテマスカラにも使われる美容液成分の天然エンドミネラルを贅沢になんと300%も配合し、これまでのまつ毛ケアを越える革新的な機能をもたらしています。

その機能がリフトアップです。塗った瞬間からまぶたが引き上げられる感覚になり、目元のリフトアップになると言います。まさにマスカラの域を越えた感覚ですね。

またブラシは人間工学に基づいてつくられた新機能のリフトアップブラシが使われています。ブラシの先端・外側・内側を使い分けて理想のまつ毛を作ることができるのだそう。塗るときはジグザグとさせずにまっすぐとかすように塗るだけで、美しい仕上がりになります。

さらにマスカラ液にもこだわりがあります。「黒の中の黒」を目指し、色素に特殊な表面処理が施されることで、光沢のある黒を越えた漆黒の液になっています。

まつ毛に塗ると黒と白の差がはっきりとし、黒目が印象深い瞳になるそうです。容器も持ちやすい形が追求され、ピンクゴールドのような高級感のある色合いも印象的に。持っているだけで特別な気分を演出してくれます。

あらゆる面で最高品質が追求されているため、毎月の販売数は数量限定となっています。手にするまでの期待感と手にした時の喜びが、より増しそうですね。

値段は少し高めの2,700円(税抜)ですが、それでけの価値あり!LoftやPLAZAを中心にコスメストアなどで購入することができます。

モテマスカラの使い方とポイント

①ビューラーでまつ毛をカールさせる

まずはビューラーを使ってまつ毛をしっかりカールさせます。親指と中指をわっかに入れ、人差し指で固定するように押さえるのが正しい持ち方です。

ビューラーはまつ毛の根元に沿うように置きます。うまくはまらない時は、ビューラーを持っていない方の手でまぶたを上げるとはまりやすくなります。

まつ毛の根元からだんだん力を抜くようにして5~6回程度カールさせていきます。まつ毛が抜けたり折れてしまうのは、力を緩めていないためかもしれません。

根元はぎゅっとしっかり、毛先は力をいれずに挟んでいる程度の力加減がポイントです。しっかりカールさせたら、マスカラを塗っていきましょう。

②下地をつける

カラーマスカラをつけるまえに、カール下地を塗るのがオススメです。下地を塗ることによるメリットをいくつか紹介します。

まずはビューラーで上げたまつ毛のカールをキープしてくれます。本数が少なかったり細いまつ毛の方は特に、時間がたつと下がる経験があるのではないでしょうか。

次に自分のまつ毛をボリュームアップさせ、さらに長さをプラスしてくれます。マスカラの重ね塗りは面倒で、というときに不自然にならずボリュームアップができます。

さらに下まつ毛に塗るとより大きな瞳が目指せます。下まつ毛が長くなり、1本ずつが強調されるので、マスカラが格段に塗りやすくなります。

③下まつげを塗る

下まつ毛にもマスカラを塗ることで、より目をぱっちりと大きく見せることができます。下まつ毛は短いため塗るのが苦手、という方も多いかもしれませんね。まずは下地を塗っておきましょう。

下地が8割程度乾いたら、完全に乾く前にマスカラを塗り始めるのがポイントです。マスカラ液を少なめに取ります。そしてブラシを目に対して平行に持つのではなく、縦にして左右に動かすと失敗せずに上手に塗れます。

左右にスライドさせながら塗ったあとに、横に持ち替えて長さを出すように塗ると、より下まつ毛が長く見えます。

また顎を引いて下まつ毛の根元がよく見えるよう、鏡を調整してから塗り始めるのもポイントです。姿勢も大切なんですね。

④上まつげの両端を塗る

上まつ毛はまぶたに沿って少しカーブしていますので、塗り忘れがないように両端から塗っていくのがポイントです。

両端を塗るとき、マスカラ液はブラシの先端にしっかりつけるようにしましょう。細かい部分である目頭と目尻は、下まつ毛と同様にマスカラを縦にして使うと塗りやすいです。

⑤真ん中を塗る

そして最後に上まつ毛の真ん中を塗りましょう。マスカラブラシは目と水平の方向である横向きにして使います。

容器のふちで余分なマスカラ液を軽く落としてから塗り始めましょう。そうするだけでも、ダマになるのを防ぐことができます。

そしてあまり力を入れず、軽く左右に揺らすようにして塗っていきましょう。マスカラ液が均一になり上手に塗ることができます。上まつ毛の真ん中はボリュームを出すために、同様にして重ね塗りをしていきましょう。

もしもダマになってしまったら、乾く前にコームで取ってあげます。櫛でとかすようなイメージで取っていきます。重ね塗りができたら、マスカラを塗ったアイメイクの完成です。

下地が乾ききる前にマスカラ

下地を塗ったら、8割程度が乾いた段階でマスカラを塗るのがポイントです。乾ききってしまうと、下地の繊維が固まってしまったりダマになる可能性があるためです。

右目に下地を塗り、左目に下地を塗っている程度の時間がちょうど良いため、左目の下地を塗ったら右目からマスカラを塗っていきましょう。

根元からしっかりつける

マスカラを塗るときは、まつ毛の根元に沿ってブラシを当て、根元からしっかりとつけましょう。きれいに1本1本分かれているまつ毛をつくるためには、何度もマスカラを重ねないことがポイントとされています。

マスカラのブラシでまつ毛の根元をぐっと押すように1度止めてから、そのまま毛先までカールしているまつ毛に沿って塗っていくのがオススメの方法です。

好みの長さまで繊維を足す

まつ毛に根元からしっかりマスカラを付けたら、全体へ何度も重ね塗りするのではなく、繊維を足して調整していきます。

このとき、まつ毛の先端へ少しずつマスカラの繊維を足していくのがポイントです。そうすると全体がぽってりとしたりバサバサにならず、まつ毛を長くすることができます。

ビューラーは乾いた後に

カールしたまつ毛がどうしても時間が経つと下がってきてしまう、という方におすすめなのが、マスカラをつけた後に再度ビューラーをすることです。

ただしまつ毛を痛めたりダマになってしまう可能性もあるため、ビューラーをするのはマスカラが乾いた後に根元をはさんで上げるようにしましょう。

モテマスカラの姉妹品

モテアイライナー

これまでのアイライナーより、デザインや筆、液のすべてにこだわり抜き最高品質を求めてつくられています。デザインは文具メーカーとのコラボレーションと人間工学による設計に基づいた結果、世界で初めて八角形のボトルを作り出しました。持ちやすいため、誰でも使いやすい形です。

また筆には日本の名産である「熊野の職人筆」が採用されています。硬さなどが異なる4種の毛をブレンドし厳選されたソフトな毛をたっぷり使っています。

そのためしなやかでコシのある筆ができあがり、描きやすさ抜群のアイライナーになっています。アイライナーは苦手、という方でも使いやすいつくりです。

また液にもこだわっており、色素沈着をしないNON染料というライナー液が採用されているため目元がくすんでしまう心配がありません。

そして汗や水、皮脂にも強く一日中キープしてくれます。途中で描き足す場合も、重ね塗りがにじみません。落とすときはお湯でさらっと落ち、まぶたに負担をかけないのも嬉しいポイントです。

もちろん美容成分エンドミネラル配合なので、使いながらまつ毛と目元をケアしてくれる嬉しい効果も期待できそうです。モテマスカラの良いところも持ちつつ、アイライナーならではのこだわりが詰まっている商品です。

お値段は1,500円(税別)です。ただしWeb注文にて定期購入を選択すると1,200円(税別)です。

THE まつ毛美容液

まぶた全体に塗るまつ毛美容液、ということで話題になっている商品です。これはまぶたの血流環境を良くすることが、まつ毛をケアして伸ばすことにつながるという、これまでにない新発想に基づいて開発されているためです。

使い方はとても簡単で、1日1回まぶたと上下のまつげにさっと塗るだけです。目を閉じた状態で塗ると1回できれいに塗れますね。

またその他にも目のまわり全体に塗ればアイクリームとして、眉毛に塗れば眉毛のケアにも、さまざまな用途として使えるのも経済的で嬉しいですね。

まつげを長くきれいにしたい!という方にはぜひオススメしたい商品です。モニターへの調査結果でも2週間使っただけで約97%の人がまつ毛の育成効果を実感しているそうです。

お値段は1,200円(税別)です。1本で約3~4ヶ月も使えるのもお得なポイントですね。

モテマスカラ楽天売れ筋ランキング

ロング

モテマスカラシリーズでは最も売れ筋ランキングで上位に入る商品です。特に定期購入が人気で、総合評価は5点満点中で4.35点と高めです。

また口コミでも伸びが良く塗りやすいのにパンダ目にならず、それでいてお湯で落ちやすい点が高く評価されているようです。メイクはナチュラル派という方が、濃くなりすぎずきれいにまつ毛に塗れる点を評価しています。

ブラウン

総合評価は5点満点中で4.38点で、ロングを越えるほどの満足度であることが分かる結果となりました。

口コミでは、ロングとブラウンを気分で変えて使ったり、すっぴんに近いときはブラウンを使っている、という人も。柔らかい目元になるため、より自然体でいたい日に使われているようです。

また本来の使い方とは異なるけれど、眉に使うアイブロウマスカラとして利用している人もおり、ナチュラルな色合いがマスカラだけでなく目元のメイク全体にも使われいます。

アレルギーがあり落ちやすいマスカラは使えない、という人からの安心して使えるという口コミが目立っているのもモテマスカラならではの特徴的です。

ボリューム

モテマスカラシリーズでロングの次に売れ筋ランキングで上位に入っている商品です。総合評価は5点満点中で4.23点とやはり高い数値を出しています。

口コミでは、まつ毛の痛みが減り丈夫になったと実感したという声や、お湯で簡単に落とせるのが楽で嬉しいという声が目立っています。

ボリュームについても、ひと昔前のようにバサバサとならず、さりげないのにしっかりボリュームが出る点が評価されているようです。重ね塗りもしやすく、好みのボリュームに自身で調整しやすいところも良いとされています。

コームタイプ

総合評価は5点満点中で4.0点です。

口コミによると、仕事上でナチュラルメイクが望ましい人や、眼鏡をかけている人に重宝されているようです。目元をすっきりさせることができる点が評価されています。

また下まつ毛がとても塗りやすく失敗がない、下まつ毛が長くきれいに塗れるという口コミも見受けられ、下まつ毛への効果が期待できることが分かりますね。

カール下地

総合評価は5点満点中で4.61点と、マスカラ同様に高い評価を受けているようです。

口コミによると下地なのにお湯で簡単に落とせる点が、他になく珍しく評価を受けているようです。小さい子どもがいて自分に時間をかけられないため、落ちやすさが助かるという声も見受けられました。

青い液にも驚いたようですが、実際にマスカラを上から塗ってみて、伸びの良さなどの実感をうけているようです。

まとめ

最高品質を目指して徹底的にこだわり抜いたマスカラやまつ毛美容液は、見た目も使い勝手も世の女性をワクワクさせていることが分かりました。

今まではダメだったけど、このマスカラならうまくいくかもしれない!私でも上手にアイメイクができるかもしれない!という想いを叶えてくれるのがモテマスカラと言えます。

キレイになりながら、同時にまつ毛もケアできちゃう画期的なマスカラ「モテマスカラ」で、納得できるアイメイクを実現させましょう。

そしてコンセプトでもある「マスカラで、本気のまつ毛ケア。」の通りだんだんと丈夫に、そして伸びていくまつ毛の成長を実感してみませんか。

-マスカラ

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.