もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

骨盤矯正

矯正ベルトで猫背をなおす!女性・男性・子供別おススメ矯正ベルトを徹底解説!

投稿日:2016-10-17 更新日:

猫背の原因は運動不足による筋肉の柔軟性の低下と骨盤のゆがみがあげられます。筋肉トレーニングで背筋を付けることも大切ですが、猫背矯正ベルトを使用することで、正しい姿勢を維持しつづけ、無意識に猫背になろうとする意識を気付かせてくれる役割もあります。猫背を矯正すると、外見だけでなく、健康面、精神面もよくなるといわれています。今回を期に、猫背をなおしてしまいましょう!

矯正ベルトで猫背をなおしたい!

猫背って、見た目にも健康にも悪いことは本人もすごくよく分かっているんです。分かっているけれど、気付くと背中が丸まっているんです。そのほうが本人は楽なんです。だから猫背はなおりづらいんです。

だったら、矯正ベルトをつけて、強制的にでも猫背をなおすと、本人もベルトをつけている間は猫背を矯正できていますし、それが癖づいてきたら、矯正ベルトをつけていないときも猫背がなおっている可能性もあるというわけです。

矯正ベルトを上手に利用して、猫背をこの際、なおしてしまいましょう!

猫背について

猫背とは

日本人の約7割は猫背だといわれています。医学的に言うと、「背中が後方に丸く曲がってしまい、首が前に出た状態。脊柱後湾症(せきちゅうこうわんしょう)。円背(えんぱい)」といわれています。猫背の根本的な原因は運動不足と、筋肉の柔軟性の低下、骨盤のゆがみにあるようです。

猫背のデメリット

猫背によって背中が丸まった感じは、印象が悪いだけでなく、体の内部にも影響をおよぼします。外見的には、みなさんもご存知のとおり、身長が低く見える、老けて見える、自信が無いように見える、だるそう、やる気がなさそう、勉強や仕事ができなそう、といったことがあげられます。

しかし、それ以上に体の内面にとって猫背は、デメリットがあります。まず、精神的に猫背は、自律神経系のバランスを崩し、脳への血流が阻害され、うつ状態などの心理面に悪影響を与えるといわれています。また、首と肩のバランスがうまく取れていないため、肩こりや腰痛の原因にもなります。肩こりは、肩から頭への血流を滞らせ、頭痛の原因ともなりえます。

さらには、首に必要以上の負担をかけ頸椎が歪んでいるため、自律神経の働きが悪くなり、血圧や体温、ホルモン分泌のコントロールが崩れてしまい、内臓の働きが低下することにもつながります。それにより、逆流性食道炎や胃腸の調子が悪化してしまう原因が実は猫背にあったというケースもあるのです。

猫背の種類と確認方法

一般的に猫背は2つに分類することができます。「骨盤前傾型猫背」と「骨盤後傾型猫背」です。これは簡単にどのタイプの猫背か確認することができます。

壁に、かかと→お尻→背中→肩→頭の順序でつけて立ってみてましょう。私は猫背じゃないと思っている方も、ぱっと立ってみて、日ごろ頭を壁につけていない立ち方をしているようであれば、猫背である可能性があります。

そして、壁と腰の隙間に手のひらが2つ分入るようであれば「骨盤前傾型猫背」で、壁と腰の隙間に手のひらが入る余地が無ければ「骨盤後傾型猫背」といわれています。

猫背の種類別原因とは

「背中が丸まるタイプの猫背」は、背中を維持する筋肉が弱いために、常に背中が丸まってしまうために起こる猫背タイプといわれています。

「骨盤前傾型猫背」は、骨盤が通常より前傾しているために、余計な力が腰や背中に入るため、腰がそり背中がはり、首が前にでるタイプの猫背です。

「骨盤後傾型猫背」は、骨盤が通常より後傾しているために、胸やお尻が垂れ、下腹部が出て、首コリがあるタイプの猫背です。

猫背の改善方法

猫背になる原因には、姿勢をまっすぐに保つための背中の広背筋などの筋力が低下するために、猫背になるということが原因の一つといえるのですが、まだまだ他にも原因があげられます。

もちろん猫背をなおしていくためには、姿勢を保つために欠かせない背中の筋肉を鍛えていった方がいいのですが、背中の筋トレをしても、猫背はなかなか改善できません。背中の筋力を鍛える前に、骨盤の向きを確認してから、猫背改善のためのエクササイズやストレッチが大切になってきます。

もし、あなたの猫背のタイプが「骨盤後傾型猫背」や「骨盤前傾型猫背」の場合、まずは背中の筋力よりも、腸腰筋を鍛え骨盤が正常な状態に戻してから、姿勢維持に必要な筋肉の強化を図ると効果的だといわれています。

腸腰筋を鍛えるには、ももを上げた体操を毎日継続して行うとよいとされています。
1. まずはリラックスして立ちます。その場で太ももと床が平行になるくらい膝を上げます。
2. これを左右交互に小走りをしている程度に行います。
3. 出来れば毎日30秒間継続しましょう。
このストレッチで、腸腰筋が鍛えられます。

しかし、毎日継続するという大変さや即効性のなさから、この腸腰筋体操をなかなか取り組めないかもしれません。あなたは本当はすぐにでも背筋をよくしたいと思っているのです。そんな時に役に立つのが猫背矯正ベルトなのです。この矯正ベルトと、腸腰筋体操を並行して行っていけばいいのです。

猫背を改善した人の声

小学校のころから猫背で、何度指摘されてもどうしても猫背をなおすことが出来ずに大人になりました。意識していても、気を抜くとすぐに元の猫背に戻ってしまう有様でした。そこで、整骨院に通い骨盤を矯正してもらい、さらにネットで探した猫背矯正ベルトをつけるようにつけていると、ベルトをつけている間は、まっすぐな背筋を保つことができ、ずっと痛かった肩こりが改善できたことを実感できています。

猫背を改善すると、肩こりに付随しておこっていた頭痛も少なくなり、さらにはコンプレックスを感じることもすくなくなりました。また、仕事から帰ってくると、ものすごく疲労に襲われていたのですが、全身の筋肉が猫背のせいで凝り固まっていないため、リラックスして眠れるようになり、疲れを感じることが少なくなりました。胸を張って堂々と生きているという感じが自分を前向きにさせている気がします。

矯正ベルトについて

猫背矯正ベルトとは

猫背矯正ベルトとは、背中が丸まった状態になろうとすると、ベルトやパッドの力で引っ張り、正しい姿勢を保持するベルトです。猫背矯正ベルトを使用することで、正しい姿勢を維持できるだけでなく、無意識に猫背になろうとする意識を気付かせてくれる役割もあります。

猫背矯正ベルトには、一般的な猫背に用いる上背部用と下背部用、そして腰猫背用などのタイプがあります。自分の猫背の状態はどのようなものなのか、しっかり見極めて選ぶ必要があります。また、サイズが大き過ぎるものを選ぶと矯正力があまり得られず、サイズが小さすぎるものを選ぶと締め付けがひどくて皮膚が損傷したり、痛みを伴ってしまいます。自分の体型にあったものを選ぶことも大切です。

また、初めから矯正したいという思いが強すぎて長時間負荷をかけすぎると、背骨を傷める原因になってしまう可能性もあります。無理をせず、心地よいとおもえる程度の負荷と、矯正ベルトを使用している時間を徐々に伸ばしていくことで、結果があらわれてくるものです。矯正ベルトをつけているときも、正しい姿勢が維持できているかどうか、鏡でチェックしてみるとよいでしょう。

矯正ベルトの効果がある猫背の種類

一般的な猫背ですと、矯正ベルトの効果があるといわれています。もし、腰や背骨に相当なゆがみを抱えている方でしたら、しっかり専門医に相談されてから、どのような対策をとればいいか尋ねてみるとよいでしょう。

矯正ベルトの効果について

矯正ベルトは様々な種類が出ているため、効果が気になるところでもあります。同じ商品を使っても、体型も猫背の状態も違うため、合う合わないがあります。ただ、矯正ベルトをつけて、矯正できるかということですが、答えとして、矯正ベルトのものによるのですが、猫背矯正の効果はあり、機能性があるものが多いとのことです。

また、効果を実感したい場合は、腸腰筋を毎日鍛えるように運動を行い、補助的に矯正ベルトを付けることが大切です。

矯正ベルトの使い方

矯正ベルトの使い方ですが、それぞれ選んだ矯正ベルトによってつけ方や着用時間が変わってきます。よく説明書をよんで、そのベルトにあった一番効果的な使い方を行うようにしましょう。

効果を最大限に引き出す使い方

効果を最大限に引き出すには、やはり矯正ベルトを使い続けることです。猫背のクセがなくなるまで、腸腰筋を鍛えながら、矯正ベルトを着用することで、効果を引き出していく事ができます。

また、「バランスボール」などのグッズを使うのも有効とされています。バランスボールは、不安定なボールに座って姿勢を維持しなければならないため、日常生活ではあまり使うことのない体幹を鍛えることができます。また、猫背の人はとくに前傾姿勢になりやすいことから、背筋を伸ばした正しい姿勢をおもいだすためにも、バランスボールに仰向けになり、背中を伸ばして背中や首を後ろに反らせ気持ちいいとおもえる感覚を取り戻すようにするとよいでしょう。

矯正ベルトを使う時の注意点

ご自身の身体のサイズにあったものを選ぶようにしましょう。また、無理はしないことです。痛さをかんじたり、苦痛に思う時間がながいようであれば、一旦中止したり、違うものを買い替えた方が良い場合もあります。また、即効性はないので、気長に続けることが大切です。

その矯正ベルトが合っているかどうかの判断ですが、矯正ベルトを外したあとに肩こりや腰痛、疲れなどが軽減されているようでしたら、それはあなたに合っているものだと考えてよいでしょう。

矯正ベルトの種類

矯正ベルトの種類には、女性用、男性用、子供用などがあります。最近では男女兼用のものが多いため、家族内で使いまわしが行えるのもお得感があります。

脇が痛くなりがちなベルトタイプの矯正ベルトも現在ではソフトクッション性のものが多くなり、蒸れると不評だった巻くタイプの矯正ベルトも通気性がよいメッシュ素材のものに変わってきています。矯正ベルトの種類も豊富になってきていますので、より個別性を重視したベルトであなたにぴったりのものがある可能性が高くなってきたということです。

子供が使っても大丈夫?

子供用の矯正ベルトもあるのでご心配はいりません。ただし、子供用の矯正ベルトはサイズに乏しい場合が多く、なかなかぴったりのものが見つからない可能性が高いです。ただ、S、M、Lなどのサイズだけで決めるのではなくて、しっかりお子様の体のサイズを計測して、ちょうどよいサイズのものを選んであげるようにしましょう。

また、服の下につけていてもあまり目立たないタイプのものもあるので、学校に付けて行ってもあまり周りに気づかれない配慮もできるとお子さんも安心して着用が行えるでしょう。

女性におすすめの猫背矯正ベルト

マジコ 姿勢サポーター

メッシュ素材でできている矯正ベルトです。男女兼用ということもあり、人気の商品です。ウエストのサイズに合わせて、肩ベルトの補正を調節可能なので、色々な体型の方にも装着することができます。また、両ワキの部分には、ソフトクッションが採用されており、ワキがすれて痛くならない工夫がされています。さらに、背骨を2つのパッドにより支える構造になっています。

最初はすごく引っ張られる感じがするのですが、後ろに引っ張られるくらいの矯正力がないと、姿勢の補正は行えないとのことですので、10分くらいから使用する事をおススメします。

口コミとして、メッシュ生地で蒸れないため、夏でも装着できるそうです。胸を張ったような感じになり、最初は苦しさを感じましたが、慣れてくると、胸を張っている感じが爽快にかんじます、との評価もあります。

Dr.magico キョウセイベルト

中山式産業からの矯正ベルトです。こちらも軽さと通気性を重視したメッシュ素材で、ムレの心配がありません。また、背筋が後方へ反るようなクロス構造で、ウエスト部分にひきよせています。ワキのクッション部分は従来品より性能がよくなっており、2重構造から3重構造になり、よりワキがいたくならない設計になっています。男女兼用となっています。

口コミとしては、服の下に着ていてもだれにもばれることなく過ごすことができている、との声があります。

アウトラスト 背中サポートベルト

こちらの商品はドイツのハイダス社の製品です。 ハイダス社は、ドイツのフランクフルトで健康器具を販売している名門企業です。縫製は、ドイツの職人が一つ一つ手作りで行っている商品で、確かな技術が感じられるものとなっています。

また、素材は、宇宙服に公式採用されているアウトラウスト素材を採用し、温度調節素材となっているそうです。ウエスト部分がほかの矯正ベルトよりも明らかに太く、ポッコリでやすいお腹までサポートしてくれます。体型に合わせて自由に調節でき、フリーサイズとなっており、男女兼用で使えます。

口コミとしては、付け心地がいいというものが多いのですが、ややぽっちゃりの人にはフリーサイズでもきついかなという意見もあります。

お医者さんのがっちり背すじベルト

アルファックスから出されているお医者さんのがっちり背すじベルトは、両サイドのベルトを引き締めると、背中から腰を押し出し、正しい姿勢を保持することができる商品となっています。こちらもメッシュ素材で、薄手なつくりですので、服の下にきても周りからわかりづらいとのことです。男女兼用となっています。

口コミとしては、背筋矯正にはとてもいいけれど、メッシュでもここまでしっかりした作りになっていると、やや蒸した感じがするとのことですが、がっちり作ってあるからこそ、効果を感じやすいのかもしれません。

背筋サポートインナー

こちらは猫背を矯正することに加え、なんとバストアップまで見込める商品となっています。写真でみてもお分かりのとおり、胸の部分をかなり寄せてあげています。こちらは、肌色もあり、日本人の肌質に大変あっており、目立ちにくい素材になっています。

バストアップというか、猫背で今まで下を向いていたバストを、猫背を矯正してバストに上を向かせたといってもいいでしょう。これをつけて胸が大きくなったのではなく、もともとあったあなたの胸が元の位置に戻ったということです。こちらは女性専用です。

口コミとしては、黒は色移りをしやすいとの意見もあります。また、バスト回りを重点的に矯正するため、アンダーの締め付けが強力であり、赤くなってしまうこともあるとのことです。背中を曲げると痛いので、必然的に背中をまっすぐするしかなく、いつのまにか猫背がなおっていたといわれる方も。バストアップも狙いたい方はこちらをおススメします。

リペアベルト

こちらの商品は、クロスラインとなっており、ベルトをたすきがけして、矯正を狙っている商品です。背中綿にメッシュの板があり、背中全体を覆うような形をとっています。がっちりした設計ですので、やや慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

口コミとしては、いくらメッシュでも、背中全体を覆っていると軽いリュックをずっと背負っている感じで暑いとの意見がありました。ワキは少し痛いけれど、確実に背筋が良くなっている気がするとの声もありました。

馬術師の腰から支える姿勢ベルト

この猫背矯正ベルトは、馬術をされている方の理論で正しい姿勢を補正する事を追求して作られたタイプのものです。背部だけでなく、腰にもベルトがついているため反り腰を防止し腰から支えることができ、背部と腰部を矯正し、美しい姿勢を手に入れる事が出来るとのことです。肩の位置にクロスがかかっているので、丸まった肩を広げることができます。

色はブラックとホワイトがあります。腰部と背部全体を支えてくれるので、猫背の方が反り返りやすい腰部の正しい姿勢が保てるのですが、夏はやはりちょっと暑いといった口コミもあります。

男性におすすめの猫背矯正ベルト

メンズ猫背矯正インナー

2014年発売以来、大人気のスパルタックスシリーズの着圧Tシャツで、スポーツインナーとしても、日用のスーツにの下に着るインナーとしても使える猫背矯正インナーです。

このインナーを着ると背筋が伸び、姿勢が整うと評判のメンズ補正圧Tシャツで、猫背の矯正にも効果があるといわれています。筋トレが嫌いな人も、背筋がシャキッとなることで、お腹を引き締める効果もあるため、筋トレ効果も期待できるとのことです。

口コミとしては、ぴったりサイズかワンサイズ小さいサイズを買わないと、加圧効果が感じられないという意見が多いようです。また、肩こりや腰痛に効いている気がするとの意見があります。ただ、この締め付け感に慣れてくると、猫背に戻ってしまう方もいらっしゃるようで、本人の意識改革も大切なようです。

メンズテーピングインナー

こちらも猫背矯正インナーです。総合格闘家ミノワマンプロデュースのメンズテーピングインナーは、テーピング編みをした部分が体を加圧し、引き締め効果があるといわれています。スパッツもあります。こちらを着ると、テーピングを巻いたような引き締め感が感じられ、胸部・お腹・背筋・腕・脇がスッキリしたボディラインに見せられるとのことです。薄型で、オールシーズン着用可能だそうです。

口コミとしては、この商品を単独で着ると着圧もよく背筋も伸びるそうなのですが、実用性はやや乏しく、生地がゴムであるため、簡単に脱ぎ着が行えず、インナー向けではないとのことです。また、空気中のホコリがくっついやすいそうです。ゴムアレルギーの人は注意が必要です。

シックスパックエクササイズforBiz

こちらもで男性用姿勢矯正加圧インナーです。ウエストまわりの強力な縦方向への加圧により、ぽっこりおなかを矯正し、ウエストをすっきりしたラインにすることが期待できる商品だそうです。ラインは、肩から始まり、全身に加圧機能が回りこんでいる設計になっているようです。この一枚をインナーとして着ても、アウターにひびきにくい薄型タイプのインナーになっているとのことです。

一直線の特製メッシュが入っており、湿度が高まるワキ周辺の通気性を良くしオールシーズン着用する事が可能の商品だそうです。就寝時でもリラックスして着用し寝ることができるとのことです。白色と黒色があります。

口コミとして、きつい、脱いだりしたりするのが大変。体が引き締まった感じがする、肌触りが結構好きとの意見もあります。個人差を感じる商品かもしれません。

子供におすすめの猫背矯正ベルト

姿勢矯正ベルト 子供用プレート付き

子供用の背筋矯正ベルトです。胸囲のサイズは68cm前後となっています。、矯正のプレートが付いており、目立たない薄型タイプとなっているので、シャツのアンダーにもひびかないとのことです。マジックテープ方式で、着け外しが簡単に行えます。スライド式ベルトになっており、調節も可能です。

子供の場合は猫背矯正ベルトはぴったりサイズのものを使わないと、効果が感じられないため、お子さんの胸囲をはかってみて、サイズが合っているか確認してください。

口コミとしては、子供が嫌がってつけない、思っていたよりサイズが小さかった、などがあります。やはりお子さんの場合は、なぜ矯正ベルトをつけなければならないか理解できていないため、慣れるまでは嫌がる傾向にあるようです。徐々に慣らしていくように心がけるとよいでしょう。

Shiseiすらっと

お母さんプランナーが考案した子供用の姿勢矯正ベルトです。肩の部分のベルトは長時間使っても痛くなりにくい伸縮性に優れたゴムを採用しています。薄いメッシュ生地で、暑がりのお子さんにはもってこいとのことです。両ワキ部分がソフトクッションになっているので、長時間使っても痛くなりにくい工夫があるそうです。

口コミでは、150cm以下で細身の大人も大丈夫だそうです。子供も痛がらず、長く続けられる商品だとの意見もあります。子供には出来るだけ違和感の少ないもので、背筋の矯正が自然と行えるものを選んであげると長続きすることができるでしょう。

まとめ

私も矯正ベルトを使用し、猫背がなおった一人です。猫背を今まで何人もの人に指摘されてきたのですが、体に支障がでるわけでもなく、あまり気にしていなかったのですが、年を取るとともに、肩こりがひどくなってきました。

そこで、矯正ベルトを着用してみることにしたというわけです。最初は矯正ベルトの効果を実感できず、ワキに違和感がありすぐにベルトをタンスの奥にしまってしまったのですが、湿布を貼っても、整体にいっても肩こりがなおらないため、体幹を鍛えつつ、矯正ベルトを再度着用するようになりました。

ワキなどに違和感があったのも、袖のあるシャツを下に着ることで違和感を感じなくなり、徐々に肩こりも楽になってきました。矯正ベルトの必要性、姿勢を正すことの大切さを年を重ねるとともに実感しています。あなたも矯正ベルトをうまく利用して、猫背生活から一日も早く脱出することをおススメします。

-骨盤矯正

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.