もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

その他のメイク

パーティメイクで華やかな自分にしたい!普段と違う注意するポイント3つ!瞼のタイプ別アイメイクとヘアスタイルを詳しく紹介!

投稿日:2016-10-14 更新日:

「どの程度派手にすればいいの?」「いつもと変えるポイントは?」と、多くの人が疑問を持っているパーティメイク。抑えるべきポイントと、目のタイプ別おすすめアイメイクを紹介します!

パーティメイクで華やかな私に!

暖かくなってくると結婚式も増え、ドレスアップする機会も多くなりますよね。ヘアもドレスもばっちりだけど、メイクはいつも通り…になっていませんか?せっかくのドレスアップの機会、メイクもいつもとシフトチェンジしないともったいない!普段メイクより少し華やかな自分を演出してみましょう!

こんな時こそパーティメイクを

結婚式にお呼ばれ

結婚式は呼んでくれた人のためにも、しっかりとドレスアップして華を添えてあげたいですね。華やかなドレスとしっかりとセットした髪型に、いつものメイクでは物足りません。せっかくなので、ドレスのカラーに合わせた色使いや、ラメ感パール感のあるメイクを楽しみましょう。

記念日のディナーやデート

記念日や誕生日などの特別なディナーやデートの時は、メイクもいつもより華やかにして彼をドキッとさせたいものです。素敵なレストランやバーは、照明が暗めなことがおおいので、暗がりの中でも映えるような、少し濃い目のメイクにしてみましょう。

季節のイベント・パーティ

ハロウィンパーティーやクリスマスパーティ、ちょっと思い切ったコスチュームを身に着けて盛り上がりたいですよね。最近では、特殊メイクレベルで気合を入れて楽しむ人も多いですが、そこまでいかなくても、簡単なコスチュームにメイクを工夫するだけで、ぐっとパーティ感が演出できますよ。

ライブやフェスなどのイベント

ライブやフェスは、元気いっぱい楽しむ雰囲気を服装やメイクでも表現しましょう。こういったイベントの時には、普段はできないような、思い切った色使いのメイクも楽しめるチャンスです。

パーティメイクのポイント3つ

1.いつもより華やかに

そもそも服装や髪型がいつもより華やかになるので、メイクもそれに負けないようにしましょう。ちょっと派手すぎかな?と思うくらいで、案外ちょうどいいかもしれません。

アイメイクにポイントを置くならリップは控えめに、逆に、リップに鮮やかなカラーを使うなら目元はヌーディーカラーでというように、「引き算」を忘れないようにすることが、メイクを上手くまとめるコツです。

2.パーティ中の化粧崩れに注意

パーティ中は盛り上がって抜けられなかったり、なかなか化粧直しをするチャンスがないことが多いですよね。また、パーティ用のバッグは、小さめなので化粧品をたくさん持つのが難しかったりします。

パーティメイクの際には、ベースから手間をかけて、しっかりと崩れにくい仕上がりにしておくことが重要です。そのため、ベースメイクは、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションと、重ねるごとにしっかりと叩き込み、ティッシュオフをしながらメイクしていきます。マスカラやアイライナーは、ウォータープルーフ、ロングラスティング処方のものを選びましょう。

3.写真もバッチリ!立体メイク

パーティシーンでは、写真を撮る機会も多いですよね。写真ではいつも通りのメイクだと、華やかなドレスに負けて、なんだかぼやけた印象になってしまいます。パーティーメイクでは、いつも以上に"立体感"を意識したメイクに仕上げましょう。

・ハイライトで鼻筋、目の外側のCゾーン、おでこの中央を際立たせましょう
粉のハイライトよりも、スティックタイプなど練り状のハイライトを、お粉の前に仕込んでおく方が、上からパウダーで化粧直しをしても、キレイが持続するのでおすすめです。

・フェイスラインはうっすらとシェーディングをしましょう
こちらも、粉だと失敗しやすいし崩れやすいので、ファンデーション自体を濃淡2色用意して、外側と内側で塗り分けると自然で崩れにくくなります。

・アイメイクでも立体感を意識してください
まぶたの中央に、ポンポンとハイライトカラーやラメをのせると、自然なツヤ感が出て華やかになります。

目のタイプ別アイメイク

一重向けパーティアイメイク

一重の人は、下まぶたで思いっきり遊ぶのがおすすめ!ドレスのカラーに合うカラーラインを使ってみましょう。

ピンクなどの暖色系ドレス→淡いピンク、ボルドー
ブルーなどの寒色系ドレス→ネイビー

で合わせると、きれいにまとまると思います。上まぶたは、いつもより少し長めにアイラインをひきます。下まぶたにカラーを使うので、上まぶたのアイシャドウは、ベージュなどのヌーディーカラーにラメを中央だけプラスするくらいがいいですね。

下まぶたは、目じりから目の幅3分の1程度まで、濃い色のカラーラインを入れていきます。目尻から目頭に向かって徐々に細くなるような形にしてください。そして、さらに続きから目頭に向かって、淡い色のラインを入れてグラデーションになるようにします。これはあってもなくてもOK。あると一層華やかになります。

奥二重向けパーティアイメイク

奥二重の人は、華やかなつけまつげを使って、目元にボリュームを加えるのがおすすめ。目尻に飾りがついたちょっと派手なつけまつげも、奥二重の人なら、嫌味なくきれいにつけこなせますよ。

ブラックやブラウンなど、いつも使っているアイライナーで細く、目尻よりすこし長めにアイラインを引く→つけまつげをつける→つけまつげの目尻部分をなぞるように、上に濃い目のニュアンスカラーのアイラインを重ねる(ボルドー、濃グリーン、ネイビーなどのラメ入りがおすすめ)このステップで、やりすぎない華やかなアイメイクが完成します。

二重向けパーティアイメイク

二重の人は、思いっきりラメを使って華やかにしましょう。カラーや陰影をつけなくても、くっきりとしている二重の目を活かして、あえてラメだけをたっぷり使ったメイクがおしゃれでおすすめです。

アイホール全体に、ベージュ系のパール入り下地を塗る→ざっくりとしたラメの入ったシルバーやゴールドの明るめアイシャドウを、指でアイホールに広げる→まぶたの中央だけポンポンと重ね付け→(さらに遊び心を加えたい人は)下まぶたには薄いピンクやグリーンのラメアイシャドウを、細いチップでライン状にのせる

あえて濃い色は使わずに、大粒のラメで華やかにすることで、適度な抜け感がでておしゃれに仕上がります。

おすすめの華やかコスメ

RMKの各種アイシャドウ

RMKのアイシャドウは、なんと純銀入りのものがあります!華やかなのに高級感のある輝きなので、大人の女性にぴったりです。

RMK インジーニアスリクイドアイライナー

RMKは、実はカラーのリキッドアイライナーもおすすめ。見た目はちょっと派手すぎるかな?と思いがちですが、不思議と目元に塗るとワントーン暗くなり、驚くほど肌になじみます。こちらも大人の女性にぴったりの、上品なニュアンスカラーを楽しむことができます。

ヘアスタイルもこだわって

ヘアスタイルのポイント

やはり、パーティシーンでは華やかなアップがおすすめです。デートでは、シニヨンなどでいつもより大人っぽいアップスタイルがおすすめです。わざとおくれ毛を残すようにすると、ぐっと女らしさが増しますよ。

イベントでは、キャラクターをモチーフにしたまとめ髪は、イベントならではのヘアスタイルですね。結婚式では、披露宴から2次会3次会までと、長丁場になってしまっても崩れにく編み込みベースがおすすめです。

自分でアレンジするときのポイント

サロンでセットしてもらうのが確実でおすすめですが、時間などの都合で、どうしても自分でセットしなくてはいけない、という時もありますよね。どんなアレンジにも共通して言える、「プロっぽく仕上げるためのポイント」はズバリ!

"しっかりと巻いてベースを作ってからアレンジする"ということです。きっちりと編み込むスタイルなんかでは巻く必要はないかな?と思いがちですが、直毛のまま編み込むのと、巻いてある毛を編み込むのとでは、仕上がりの高級感が違ってきます。少し面倒ですが、このひと手間で差がつくので、ぜひやってみてください。

パーティメイクはいつもと違う自分を演出できるチャンス

どんなふうに仕上げようか、悩んでしまうパーティメイクですが、そのあれこれ悩む時間も楽しかったりしますよね。ぜひこの記事を参考に、いつもと違った自分を楽しんでくださいね。

-その他のメイク

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.