もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

ピアス

ファーストピアスの外し方!ピアス穴を開けた後のケアも大切に

投稿日:2017-07-19 更新日:

ファーストピアスの外し方で悩んだこと、ありませんか?

ピアス一つでおしゃれの幅が広がるので、穴を開けたいと思っている方も多いはず!

この耳に穴を開けピアスホールを完成させるまでに使用するのがファーストピアスですが、外し方を間違えると後でトラブルになりかねないのです。

それでは、ファーストピアスの外し方の注意点などをまとめていきます。

ファーストピアスの外し方

耳に穴を開ける方法はいくつかありますが、一般的にセルフでやる場合「ピアッサー」を使用すると思います。

ほとんどのピアッサーにはファーストピアスが同梱されていますが、ピアスがとれないようにキャッチ部分も強力にできてるのも特徴です。

もし、ピアッサーをまだ購入していないという方は、こちらのピアッサーが使っている人も多く、非常にオススメです。(ファーストピアスもセットになっています)

61skrorANxL - ファーストピアスの外し方!ピアス穴を開けた後のケアも大切に

ピアッサー ピナック2 片耳用 3mmボールシルバー

660円(10/13 10:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

それでは、ファーストピアスを外す時の注意点・コツです。

手は清潔にしよう

傷口に触れるのですから、手は清潔に洗ってから外すようにしましょう。

目に見えないウィルスやバイ菌が、万が一ピアスの穴が破れてしまうと侵入してしまいます。

せっかく、楽しみにしていたピアスホールもまた開けなおさないといけなくなりますから。

外す時のコツ!ピアスの構造を知ろう

セカンドピアスにもなれば、ひっかけるタイプやループになっているピアスが存在しますが、ファーストピアスはピアスの軸を耳に貫通させ、耳の後ろ側をとめるキャッチの構造になっています。

ファーストピアスのようなピアスの構造を知れば、外し方も簡単です。

ファーストピアスのキャッチ部分(耳の後ろ側につけるもの)は他のピアスより固く取れにくいのですが、初めてだからと恐る恐る取ることで余計に取れにくなってしまいます。

思い切ってピアスヘッドを引っ張るようにして下さい。ただ、キャッチ部分をつまんでしまうと、ピアスの軸が狭まり余計に取れにくくなるので注意しましょう。

外した後はしっかり耳をケアしよう!

穴あけ後は、耳にばい菌が入りやすい状態になっていますので、しっかり清潔に保ってください。

もしばい菌街入ってしまうと、今までの努力が台無しになってしまいます。

ピアジェリーは、ピアスホールが完成したあとも、ホールの消毒、洗浄に使えるのでオススメです。

ファーストピアスが外せない原因や対処法

ファーストピアスがうまく外せない時の、原因や対処法をまとめました。

固くて取れない

ファーストピアスは他のピアスに比べると、キャッチ部分が固くなっているのです。

これは、ピアスホールが完成されるまで、長期間外れないようにするためであるので仕方ありません。ファーストピアスが固くて外せない方は結構多いようです。

外すタイミングを間違えると、傷をつけてしまうことになりかねません。できれば、外す時期は遅ければ遅いだけいいようです。

しっかりピアスホールが完成していれば、外す力を強くすることができるからです。恐る恐るやると力は入らないものです。

血が固まってとれない

耳に穴を開けた時に血が出て、ファーストピアスにくっついてしまう場合があります。

ファーストピアスに手を触れたときに痛みを感じたり、血がにじんでくる場合はまだ、薄皮もできていない場合が多いです。

ケアを忘れずに、もうしばらくつけておきましょう。また、痛みが強い場合には必ず、病院に行きましょう。

誰かにとってもらう

自分自身でとるには、固くてとれないと思うときでも他人からしたら意外とすんなりとれたりします。

自分では、力をいれているようでも加減をしてしまいがちです。ただ、誰かにとってもらうときには、自身でファーストピアスに触れ「違和感」を感じずになってからにしましょう。

病院でとってもらう

セルフでやってみたけど、どうしても取れない場合は病院に行きましょう。ピアスを開けてくれる病院であれば、外す時の対応もしてもらえます。皮膚科、耳鼻科、美容外科あたりが対応してくれます。ただし、受診する前には必ず問い合わせてからにしましょう。

初めから病院で開けて、アフターも見てもらいたい場合には金額に注意しましょう。本来、病院にかかる場合は保険証をもって負担額は3割で程度ですが、なんとピアスの場合は保険が適用されませんので実費です。

これはあくまでも参考価格ですが、ピアス代込みで5000円から10000円はかかるそうです。

ただ、施術の金額は病院ごとに決められるそうなので、安い施術代でやってくれるところもあります。病院でやる場合には、口コミなどを参考に決めましょう。

キャッチの輪を広げる

キャッチ部分をよく見ると、いびつな数字の8のように見えます。この輪がピアスの軸を固くとめているのですが、輪を両側に広げるようにすると、軸がゆるくなり簡単にキャッチ部分が外すことができます。

輪の中に工具を入れる形になるので、一人ではうまくいきません。自分以外の方にやってもらいましょう。

ただ、キャッチ部分に入るような小さい工具は見つけにくいかもしれません。眉毛用のハサミやピンセットなどを使うといいようです。

使用の前にはしっかり消毒してから使いましょう。

ファーストピアスのケア方法とは?

基本のケア方法

ファーストピアスを開けたらしっかりケアをしないといけません。でも、間違ったケア方法はピアスホールを完成されるのを遅くしたり、膿んだりする原因になります。基本のケアはとにかく清潔に保つこと。シャワーの際には必ず、ピアス部分を石鹸で洗いましょう。石鹸が残らないようにしっかり洗い流す。これだけです。

病院では「抗生剤」が処方されますが、セルフでやる場合には市販のピアス穴ケアジェルを使ってください。

間違って、傷口の消毒液など使用しないでください。消毒液には強力なアルコール成分が入っています、皮膚がただれてしまうことも考えられますので使用はしないほうがいいでしょう。

ピアスホール用ケアジェルは、ピアジェリーが一番オススメです。

シャワーはOK!カラーリングはNG

ファーストピアスをしていても、シャンプーや入浴は差し支えありません。シャンプーの泡が残らないようにしっかり、洗い流しましょう。ですが、カラーリングやパーマ液などがピアス部分に入ると膿んでしまう可能性があります。ファーストピアスが外れてからにしましょう。

プールや海水浴は避けましょう

不特定多数の人が訪れるプールや海水浴には、言ってしまえば雑菌がたくさんあります。とても敏感になっているピアス部分には触れないようにした方がいいでしょう。完全にピアスホールを完成させてから楽しむようにした方が、安心です。夏場は特に蒸れやすいのも原因です。できればピアスを開ける時期は考えた方がいいでしょう。

ファーストピアスを外す時期は?

1日では穴は完成されない

包丁で指を切ってしまったり、転んでひざをすりむいたりしても、身体を治癒しようと組織細胞が働きます。ピアッサーで耳に穴を開け、短期間で外したら身体は治癒しようと穴をふさいでいきます。穴を早く開けたいけど早まって、ファーストピアスを外しても穴は保たれませんので注意しましょう。

早く外し過ぎて穴にばい菌が入ると膿んだりする原因にもなりかねません。寝返りなどで耳を下にして寝たい方は、同時に両耳開けるのも避けましょう。片方のピアスホールが完成したら、もう片方のように順番をつけて穴を開けるようにするといいですね。

約4週間後~6週間後が外し時

穴を開けてから、約4週間~6週間後がファーストピアスの外し時です。ピアスの穴を開けた場所を耳たぶとします。耳たぶの厚さは人それぞれ異なりますよね?薄い方、厚い方など対応のファーストピアスを選びましょう。

ファーストピアスをしてから耳たぶが薄い方なら4週間、厚い方なら6週間後に薄い皮が張ってきます。この薄い皮が張れば、ファーストピアスを外しても構いません。ですが、ここで注意があります。ファーストピアスは取れにくいように作られているので、外し方を誤ると薄い皮を破ってしまう恐れがあるのです。

破ってしまうと、そこから出血しばい菌が入ってしまうかもしれません。4週間から6週間というのは、あくまでも最低目安として考えておいたほうがいいかもしれません。

ピアスホールが完璧に完成するのは3カ月以上

ファーストピアスをしてから、ピアスホールが完璧に形成されるのはなんと3カ月以上かかるのです。長いと思われる方もいらっしゃいますが、かわいいピアスをする為です。絶えましょう。4~6週間で、薄皮ができてきますがかなり繊細に扱わないとすぐに傷つけてしまいます。なので、ファーストピアスを選ぶ際には長期に耳につけておくとと考えておいたほが無難ですね。

ピアスをしていけない場所などに出向く事があれば、目立たないような樹脂製のものなどがいいでしょう。ファーストピアスをつけてから、約3カ月で薄皮が耳の皮膚と同じような厚さになってくるそうです。できればこの期間まで待ってから外すといかもしれません。薄皮ができ始めた、約1カ月で外して、またつけてを繰り返すとせっかくできた薄皮を傷つけることになります。

目安はピアスが回るようになってから

ファーストピアスをつけるということは、耳に穴を貫通させることです。つまり、傷をつけるので血が出るのは仕方ありません。ファーストピアスをつけてから約1カ月経つ頃に、薄皮が出来上がりピアスを回すことができます。つけたばかりのころは血が固まったり、血がにじんでピアスはうまく回りません。外しても平気な時期の見極め方として参考にしましょう。

アレルギー反応が出たら即病院へ

ファーストピアスに用いられる素材は多様にあります。よく装飾品でアレルギーになりやすいのは「金属アレルギー」です。ファーストピアスを装着し、汗などをかくと金属が少しずつ溶け出し、体内に侵入します。体内に入るとタンパク質と統合し、抗体を作り出します。再度、体内に侵入したアレルゲンが抗体に異常に反応することでアレルギー反応が起こります。

アレルギーになりやすい物質とは、溶けやすい性質をもつ「水銀」「ニッケル」「コバルト」など、メガネやヘアアクセサリーなど身近なもので使用されています。逆に溶けにくい性質の金属とは「金」「プラチナ」「チタン」などが挙げられます。

ここで金だからと安心して購入すると、後でアレルギー反応を引き起こすこにもなりかねないのが14Kや18Kなどの金です。14Kは約58パーセントは金で残り42パーセントは他の金属を混ぜて作られています。この混ぜ物に、ニッケルが入っていることもあるので、金だから大丈夫とならないようにしましょう。

さあファーストピアスにチャレンジ!

ファーストピアスの外し方で悪戦苦闘している方は結構いますが、キャッチ部分の構造を知れば、すんなり外すことができます。セ

カンドピアスを楽しみたいのなら、ファーストピアスの装着期間を長めにする事、清潔に保つ事、この2点ができていれば外すときに苦戦することは少ないでしょう。

-ピアス

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.