もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

恋愛

炎症には注意!ピアスの痛みの対処法・開けた後のケア方法

投稿日:2017-09-23 更新日:

実は、ピアスを開けた時より、その後が痛む場合がほとんでです。適切な対処法を行って、一刻も早く痛みをなくしましょう。

開けたあとの消毒はNG!

ピアスを開けた後に、やってはいけないことがあります。それは、マキロンなどの消毒液を使用することです。

以前は、ピアスを開けてしばらくは、患部の消毒が必要と言われていましたが、最近では、皮膚が傷ついた状態で消毒液を使用すると、逆に傷の治りを妨げてしまうことがわかってきました。1日朝と夜の2回程度、シャワーの水だけで洗浄する方法を進めている医師もいます。

ピアスを開けた後の、一般的な新しいケアのやり方は、ピアス用のジェルを使う方法です。ケアのポイントは、ピアスをしている部分の表面ではなく、スタッド軸が接している奥をケアします。例えば、耳たぶだったら、入浴時など1日1回、耳たぶを挟んだピアスの軸の前部分と、後部分にジェルを塗ります。

軸をスライドさせて動かします。ジェルを洗い流す時も、スライドさせてシャワーで洗い流します。その後、清潔な綿棒などで、耳たぶとピアスの隙間の水分を優しく取って完了です。

痛み止めで一時的に軽減できる

痛みがひどくて我慢できない場合は、バファリンなどの鎮痛剤で、一時的に痛みを軽減することができます。でも、痛みが引かない時は、鎮痛剤の連日服用は避けて、病院を受診するようにしましょう。

ホットソークでケアして炎症を抑える

ホットソークでケアすると、痛みを和らげることができるそうです。天然の塩には、傷の痛みを和らげたり、炎症を抑えることができるため、35度ぐらいのお湯に塩を混ぜ、ピアスを開けて痛む部分を浸すと、炎症を抑える効果があります。

<やり方>

1)35度前後のお湯を200cc用意して、清潔なコップや容器に入れる。
2)お湯に天然塩を小さじ1/4入れて混ぜる。
3)患部を10分〜15分浸す。
4)患部をよく流す。

<ポイント・注意点>

・塩は食塩や岩塩はNG。
・お湯が冷めたら、温かい天然塩を入れたお湯と交換する。
・浸すのが難しい部位ならコットンに含ませて湿布してもOK。冷めたら交換を繰り返してください。
・毎日ではなく週に1回おこなう。
・医師に塩分摂取量の注意を受けている場合は、相談してから行いましょう。

痛みはどれくらい続くの?

ピアスを開けた後の痛みは、どれくらい続くのでしょう?人それぞれで個人差はありますが、アフターケアによってかわってきます。

適切なケアを行っていれば、痛みが引くのは早くて、あとはピアスホールが完成するのを待てばいいのですが、消毒をしすぎると逆に悪化して、化膿してしまうこともあるので注意しましょう。

また、ホールが完成していないのにピアスの入れ替えを行ったり、服の着脱などで引っ掛けると傷口が開いたりするので、しばらくは開けた部分をいたわるように生活するようにしましょう。

ピアスホールの正しいケア方法は?

ピアスホールが完成した後も、油断は禁物です。日頃から清潔にすることを心がけることが大切です。

石鹸で洗浄し清潔にすることが大切

ピアスホールが完成しても、日頃のケアを習慣にするようにしましょう。泡立てた石けんで、ピアス穴付近や穴を清潔にしておきましょう。石鹸は優しいタイプのものがオススメ。殺菌タイプは、刺激が強いので避けましょう。

ピアフロスで掃除を定期的にする

ピアスホールの中は穴が開いている状態です。そこにはシャンプーや石鹸がついてしまったままになっていたり、汗などの汚れがたまってくるといわれています。これは、アカとなって嫌なニオイがするのが特徴。

そこで、ピアスホールをキレイに掃除してくれるアイテム、お肌に優しい和紙でできた「ピアフロス」がおすすめ!お風呂上がりや、ピアスを交換する時にピアス穴を掃除して、清潔に保つと皮膚炎などの予防ができます。

膿んでしまったら早めに病院へ

もしも、ピアスを開けた部分が膿んでしまったら、血や膿が溜まって腫れていないかチェックしてください。膿が溜まってしまうと痛みがひどくなってしまうので、早い時期に皮膚科を受診して、処置してもらうことが大切です。

少し膿んでいる程度だったら、前述で紹介したホットソークを試してみると効果が期待できます。その他の対処法として、市販の抗生物質配合の軟膏を塗って様子をみてください。

ピアスが痛い場所ランキング!一番痛い部位、痛くない部位はここだ!

-恋愛

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.