もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

二重・でか目

簡単な手順を教えて!ぱっちり二重になるアイテープのやり方!毎日使えるプチプラおすすめテープも紹介

投稿日:2016-11-24 更新日:

多くの一重や奥二重の人の憧れは、二重のはっきりしたぱっちり目元だと思います。近頃では二重まぶたを作るための「アイテープ」と呼ばれる化粧道具がたくさん出ていて、上手に使っている人はナチュラル二重のような美しい目元になっていますよね。では、アイテープの装着はどういうやり方をするとよいのでしょう。出来るコツや、ポイント、オススメなどをお伝えします。

アイテープのやり方は?どうやって使うの?

キレイな二重まぶた、見惚れちゃいますよね。

「アイプチ」という商品が有名になって一重さんや奥二重さんに「手軽に二重を作る選択肢」が生まれてからだいぶ経ちますが、それから現在に至るまででアイテープは選びきれないほどたくさんの商品が店頭に並ぶようになりました。

いまや、マスカラやアイライナーなどの「お化粧品」として定着しつつあるアイテープですが、種類もやり方もいくつかあり、それぞれに長所や短所があって「私に合った、私が使いやすい商品はどれ?」と悩むことも多いかと思います。それを見つけるために、まずはアイテープについて知識を取り入れましょう。

アイテープとはなんなのか?

二重まぶたを形成するアイテム

アイテープとは「まぶたに二重のラインになるシワを糊、またはファイバーなどを使って人工的に作り、それが折り込まれることによって二重まぶたに見せるようにする」化粧品のことです。化粧品のお店やドラッグストアなどでも簡単に購入でき、正しく使えば簡単に二重ができることから人気があります。

お値段もそれほど高くないので、美容が気になり始めた中学生から、いつも美しくいたい大人まで、様々な人に利用されています。

二重を本格的に造成しようとしたら、美容整形外科に行って二重形成術という手術を受けてくる必要があります。でも、生まれ持った顔を戻せなくする手術は嫌という人や、お金がかかりすぎて手が出ないという人もたくさんいると思います。そういう不安が無く使えるところもアイテープの魅力ですよね。

大きく2種類のアイテープの方式をご紹介

接着するタイプのふたえのり

冒頭にあげた「アイプチ」は、「手軽に二重を作る」という発想で作られたもので、初期に有名になったものです。これは、まぶたに糊を塗って、まぶたの肌を接着して二重のしわを作るもので、正確には「ふたえのり」といいます。

とっても簡単に二重が作れることが長所です。商品の説明書き通りに使えばいいだけで、コツはほとんどいらないのではないでしょうか。

欠点としては、塗った糊がテカるので、ふたえのりを使っていることが周りに分かりやすいということがあります。また、広めに糊を塗るためかぶれやすくもなりますので、肌の弱い人には勧められません。

サージカルテープやファイバータイプの極細テープなど

ふたえのりとは違う発想で作られている二重形成用の化粧グッズで、医療用テープやファイバーでできたテープを二重ラインに貼りつけ、押さえるようにしてしわを作るものです。厳密に「アイテープ」といえば、ふたえのりではなくてこちらになると思います。

伸縮性があって接着剤がついているアイテープは、とても細いので、二重糊と違って「塗っている感」が無く、自然な二重を作ることが可能です。接着剤がついている場所が極細なので、かぶれの心配もふたえのりより減るようです。

一方で、いくつかのタイプに分かれていて、それぞれに使い勝手が違う上に、ちょっと慣れが必要なことも確かです。「アイテープって難しいな」と思われる方は、こういうところが気になるのではないでしょうか。

アイテープの接着方法にも種類があります

では、アイテープの種類を見ていきます。ポイントは「どうやってテープを接着するか」です。それによってアイテープのやり方も違ってくるので要チェックです。

片面接着タイプ

アイテープの片側に接着剤がついているもので、まぶたに付いたテープの上にまぶたの皮膚が乗ることで二重に見せるものです。

本来の二重に近い形を作れるので、幅の広い二重を作ることができます。不自然な動き方をしないので気づかれにくいという特徴があります。接着剤が塗ってある面が片面だけで、はがしやすいので、ちょっとラインを間違えてしまった場合にはがして再び貼り直すこともしやすいです。

さらに、二重の癖が付きやすいという噂もあります。もし癖がついてくれたら、アイテープが要らないまぶたになれるかもしれません。人によってなりやすい人となりにくい人がいることもあり絶対に癖になるとは言えないのですが、評判としてはそのようなこともあるようです。

ただし、このアイテープはやり方にコツが要ります。また、まぶたの皮膚を乗せるためのテープなので、若干広め。テカって見えてしまうこともあるようです。材質はポリエチレンやポリウレタン製が多く、他にテカらない布や絆創膏の接着部分のようなタイプも存在します。

両面接着タイプ

アイテープの両面に接着剤がついているタイプで、二重ラインになるところの皮膚同士を細く接着してしわを作り、まぶたを折りたたむようにして二重を作るものです。これも、片面接着と同様、材質はポリエチレンやポリウレタン製が多いようです。

片面接着のものと違って、深いしわを作るため、まぶたの厚い人でもアイテープが耐えてくれることが期待されます。また、ラインがきっちり作れるため、クッキリとした二重に作ることができます。

目の幅に合わせたアイテープの他に、短くてピンポイントで貼るタイプのものもあります。こちらは二重のバランスを整えるなどの目的で使います。

デメリットとしては、まぶたを閉じると、接着している様子がすぐにわかってしまうので気づかれやすいことと、端っこの処理がちょっと難しく、はがれてきてしまうこともあり、やはりコツが必要なようです。

両面ポイント接着

両面タイプの接着アイテープのうち、ポイント使いができるように短めに作られているものです。「あれ、今日は本来ある二重の調子が悪くて、片方ずつで二重の幅が違う…!」などというときに、ちょこっと手直しをするのに便利なものです。

二重をがっしり作るものに比べて、短いのでホールド力は落ちます。ただし、短い分目立たないので、もしこのテープできれいな二重が出る人にはひょっとしたら嬉しい商品かもしれません。

ファイバータイプ

これは、粘着力のある化学繊維(ファイバー)の糸を二重ラインに食い込ませるように貼りつけるアイテープです。伸び縮みのするテープで、とっても細いので、取扱いにかなりの反復練習が要ります。

でも、テープは糸状なので、その存在感の無さは特筆モノ。とても自然で気づかれにくく、また接着剤の幅が無いので通常のアイメイクができます。

さらに、中途半端に二重のしわがあって、他のアイテープを使うと二重どころか変な線が入って三重になってしまったりする奥二重の人も、きれいな二重を作ることができるんです。ちゃんとした位置に装着すれば、奥二重のしわが伸びてアイテープのしわに巻き込まれてくれるんですね。

近頃ではこのファイバータイプのアイテープが奇麗に仕上がるので注目されています。このアイテープをうまいやり方で使いこなせればいいですよね。

アイテープをする前の準備

なりたい二重幅を決める

アイテープのパッケージの中に、プッシャーが付属されているのですが、それを使ってまずは何も貼らない状態で、二重のしわを作りたいところを押さえてみます。押さえたまま目をパチッと開けて、どういうラインが出ているのか確認します。

二重幅が細すぎてイメージと違う…とか、広すぎてやりすぎ感があり変な感じがする…とか、いろいろな感想が出てくると思います。

自分のなりたい二重のイメージって、人それぞれですし、目の形やまぶたの厚さなどの違いもあって、とにかくしわを作ってできる二重の状態を確認しながら微調整をしていくことがアイテープの大事なやり方の一つです。

決めたラインにアイテープをのせる

このラインにアイテープを貼ればイメージ通りの二重になる、というラインが分かったら、そのラインに沿ってアイテープをのせ、貼りつけていきます。このとき、ちょっと欲を出して、最初に決めたラインより広く取りたくなってしまうのが乙女心。でも、あまり二重幅が広すぎると不自然ですので、ご注意を。

ファイバータイプのものは一度貼ってしまうと、貼り直しをしたくてはがすとびろーんと伸びてしまって使い物にならなくなるので、他のタイプのものと違って貼り直しは効かないものと思ってください。

アイテープに付属しているプッシャーで押し上げる

そして、先ほどのプッシャーで押し上げ、実際にアイテープを固定していきます。きちんと二重のしわのラインにアイテープが貼りついていて、はがれてこなくて、目をちゃんと開けたときに二重ができていれば成功。

アイテープのやり方を紹介

では、具体的にアイテープのやり方を見ていきます。ここでは、メザイクのファイバータイプアイテープを使うやり方についてお話します。

まぶたを清潔にする

まぶたに皮脂やお化粧などの脂分がついていると、うまくメザイクがはりつかないので、しっかり落として清潔な状態で行うのがアイテープのやり方です。

自分の目にぴったりあった二重ラインを探す

二重のライン決めは、どういう二重にしたいのかを決めるところから始まります。同じ二重でも、線の引き方で印象が全く違うのをご存知ですか?

目のラインと二重のラインが平行している「平行二重」だと、蒙古ひだ(目頭のほうにある、ちょっと目にかぶさった皮の部分のこと。日本人にはよく見られる普通の目の形です)が気にならなくなって、外国人みたいな華やかな目になります。

幅を広く取ればそれだけ華やかになりますが、やりすぎると不自然かも。同じ「平行二重」でも、そんなに目立たせる気持ちが無ければ、幅を狭く取ると大人っぽい仕上がりになるようです。

目頭から目尻にかけて広がっていくような、横にした八の字型っぽい二重を「末広型二重」といいます。これだと、蒙古ひだはほとんどいじっている感じにはならず、日本人っぽさ(というか、ちょっと地味な感じ)は残ります。でも、とても自然で、作っている感じが無いので、ナチュラルメイクにはこちらの方がお勧めです。

どうなりたいのか、また、なりたいラインを作った時に目との相性はどうなのか、派手になりすぎないか地味になりすぎないかなど、ラインをいろいろ作って研究してみると新しい発見があるかもしれません。

メザイクに付属しているプッシャーは、垂直に押して使うのがコツのようです。ちょっとずつ押す場所を変えて「こうなりたい」というラインを探し当てましょう。

メザイクを引っ張ってしっかりのばしてから貼る

次に、メザイクファイバーを取り出し、軽く引っ張って伸ばします。人それぞれ、自分に合った長さも貼りつける場所も異なると思いますので、何本か無駄にしてでも気に入った長さと場所を決めましょう。

先ほど探し当てたラインがあると思うのですが、そこにメザイクを軽く伸ばしながら押し当てるように貼りつけ、食い込ませます。目頭側と目尻側にあるファイバーを押さえたまま目を開け、上を向きます。

しっかりと定着するまで5秒ほどそのままで待ち、くっついたらファイバーの両端をカットします。使用すると押しながら切ってくれる専用のカッターも売られています。

メザイクファイバーは無理に押し付けない

メザイクファイバーは、まぶたにある程度食い込ませると、瞬きをするたびに食い込んでいきます。無理に食い込ませてしまうと、不自然なまぶたになってしまうこともありますので、あまりぐいぐいやりすぎないことも大事なようです。

このあたりは、練習してみてコツをつかんでみるのが一番かと思います。

貼る順番は、真ん中→目頭→目尻!

貼り方は、まぶたの中央に押し当ててから、目頭、目尻に引っ張っていって固定します。アイライナーやアイシャドウを使うときのような感覚で、目頭からとか目尻からとかというように貼ってしまうと、ガタガタになったりうまく押し当てられなかったりしますのでご注意ください。

ファイバーを引っ張って長さを決めたら、なりたいラインの真ん中に押し当て、目頭、目尻に押し当てていく、そしてがっつり食い込ませて切る。簡単に流れを言うと、こんな感じになります。

重たい一重さんの失敗しないコツを紹介

重たい一重の人は、厚ぼったいまぶたに手を焼いていることと思います。「何をやってもまぶたの重さに負けて、作った二重のラインが取れてしまうの!」という感じになってしまうことも…。でも大丈夫、コツさえ押さえておけば二重は作れます。

目のラインより少し上に貼る

まぶたの厚いところにアイテープを貼るやり方をしてしまうと、いくら押し当てたところで食い込める深さよりもまぶたが厚いため、テープがまぶたに負けてはじいてしまいます。

目のラインに近いところはまだまぶたが薄い場所。あまり幅広にとらないで、そのあたりでプッシャーを当て、きれいなまぶたになるところを探してみてください。

はみ出さないように自分サイズにカット

アイテープが目の幅よりもはみ出してしまうと、二重の外側にアイテープがはみ出して、まぶたを折り込んだしわから外に出てしまうことになります。

ここからはがれてきてしまうと、厚くてハリのあるまぶたは簡単にアイテープをはじいてしまいます。まぶたの折りじわの中にアイテープの端っこが収納されるよう、サイズを調整してカットしてください。

それでもだめなら奥の手!2枚重ね

それでもどうにも二重を作れない場合、アイテープの強さを増す方法があります。それは、テープを2本まとめて使うこと。メザイクを2本同時に持ち、くるくるとよって、1本にまとめます。

それを貼りつければ、強度と粘着力が2倍になるので、より深く強く埋め込むことが可能になるはず。また、ファイバータイプなら1本をねじってつけても強度は増します。

また、メザイクのブランドから、通常のものより強いファイバーや、ファイバーをより強く接着するための接着下地が販売されています。ちょっと出費はありますが、公に提案されているものを素直に使ったほうがキレイに仕上がること必至です。

奥二重さんの失敗しないコツを紹介

奥二重の人の場合、すでに二重のしわが存在します。でも、そのしわの位置が悪いために、二重としてはっきりした幅を持たせられず、ぱっちりしない感じになってしまいます。

そのため、元来のしわに逆らって幅のある二重のしわを作ってやる必要があります。元からあるものに逆らうのですから、アイテープのやり方にも工夫が必要ですよね。

アイテープを貼る前に下地を塗る

とはいえ、基本的には厚ぼったいまぶたに逆らわなくてはならない一重まぶたの人とやることは似ています。接着下地の使い方について診ていきましょう。

まずは、接着下地を、テープを貼る予定のところに塗って乾かします。あまりべたべた塗らずに軽く湿る程度に塗ればいいようです。湿っている状態だと粘着力はなくさらさらしているのですが、乾くと接着する力が出ますので、乾くまでちょっと待って。

ライン取りを考える

奥二重の人の場合、元来のしわが本当に強いので、あまりそれに逆らって幅広の二重ラインを作ってしまうと「三重」になってしまうこともあります。二重のラインに変なしわが入っていると寝ぼけているみたいに見えてしまって台無しですが、その「変なしわ」のほうが本当の二重ラインだったりします。

「三重」にならないためには、元来の二重ラインとなるべく近いところにアイテープを設置すると良いようです。アイテープのしわに、奥二重のしわが巻き込まれてくれたらしめたもの。それくらいの位置取りで、二重がキレイに見えるラインを探してみてください。

カットするときは目の幅より短く

あとは、アイテープを目の真ん中に置いて目尻、目頭に向かって引っ張っていき押し付け固定させること、目の幅よりも短くカットすることなどの基本をきちんと守ってアイテープを貼っていきます。このやり方さえ間違っていなければ、だんだん慣れてきて、きれいなラインが作れるようになっていくことでしょう。

本当に、慣れていくまでには練習あるのみです。一発で決まると思わないほうがいいですから、イベントなどで初めて使うんだけど…という人がそのイベントの直前のお化粧で初めて使うことはお勧めしません。なんでもないときに貼ってみて、コツをつかんでからオシャレに取り入れるのがいいと思います。

アイテープのプチプラ人気ランキング

二重を作ってくれる強い味方のアイテープですが、日々使うものなので、お値段が安くて高品質であればその方が嬉しいですよね。そこで、口コミで人気のプチプラのアイテープをご紹介します。

ちなみに、今まで例として取り上げてきたメザイクは、種類によってお値段が異なりますが、30組60本入りで1,200円~という感じです。

ここに挙げたプチプラのアイテープは医療用テープで片面接着か両面接着のものばかりなので、単純にファイバータイプのものと比較はできませんが、お値段のことを考えると試しやすいのがプチプラのいいところですよね。

第1位.ワンダーアイリッドテープ

ファイバーではなく両面接着タイプ。お値段は、120枚で1000円です。接着する力が強く、もちが良いことと、何回か試せば簡単に慣れるということで、好評のようです。

ファイバーと違ってテープ式なため、完全に「貼ってませんよ」という感じにはならないと思いますが、利用している人たちは、一度つければ一日中大丈夫くらいの安心感を持っているようです。

第2位.バイオリアアイテープ

こちらは30組60枚で300円というプチプラっぷり。医療用のサージカルテープを使ったアイテープなので、肌に優しいようです。まぶたは薄い皮膚なので、刺激が少ないことはありがたいことですよね。しかも、しっかりくっついてくれて安心感のある二重を作ってくれるという評判。

ただ、やはりちょっと目立つようです。お値段がなかなか魅力的なので、どちらで妥協するかは人それぞれかな、と思います。上からお化粧ができるので、お化粧で隠してしまう技を駆使して。

第3位.プリュドールナチュラル

こちらも医療用テープ使用で、30組60枚600円。お肌に優しい素材を使ってくれていると、かぶれやすい人も試しやすいですよね(かぶれて赤くなった!という口コミもあったので、過信は出来ません。どの商品もそうですが、ご自身の肌と相談の上使ってくださいね)

このタイプは、バイオリアアイテープもそうですが、扱いやすくて二重を作りやすいことがメリットであるようです。一方、それなりに目立ってしまうことはやはり欠点で、そこは口コミでも言われていることですが、これも上から化粧品で色を付けることができるので、貼ってる…かな?くらいにはカバーすることが出来そう。

第4位.ダイソーの二重まぶた用シール

ダイソーなので税金入れても108円です!43組86枚入り。キング・オブ・プチプラです。これも医療用テープを使っています。評判としては「100円なのに粘着力もあり、ちゃんと二重を作れる」という声が多いようです。こしのあるテープを使っていて、二重をきっちりキープしてくれるとか。

一方で、目立つ!という声が多いようです。第1位~第3位までと同じで、お化粧でカバーするのが必須なようです。使っている人には、目立ちすぎて外で使うのはちょっと嫌だけど、寝ている間の癖付けにはとてもいいという声もありました。

第5位.デュアルアイテープ

44回88枚入りで400円と、こちらもなかなかのプチプラっぷり。デュアルというだけあって、両面接着のアイテープで、やはり医療用のテープを使った商品です。

こちらは両面接着のせいか、意外と目立たないとの声が多数ありました。接着力が強すぎてべたべたするとか、その粘着力のせいで肌を強く圧迫するので長くつけていると浮腫む、ということもあるようなので、肌の弱い人は短時間使用でテストをしてから使ったほうが良いかもしれません。

まとめ

ぱっちりした二重のまぶたは女性の憧れですよね。自分が「こうでありたい」顔をしているとき、女の人は心も晴れやかになり、明るく若返った気持ちになります。鏡を見るのが楽しみって幸せなことだと思います。

是非、いろいろ試してみて練習してみて、元から存在するみたいなキレイな二重を手に入れてください。

-二重・でか目

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.