もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

その他のメイク

日本人顔を活かしたハーフ顔メイクとは?|特徴や魅力を知ってメイクに差をつけよう!

投稿日:2016-11-29 更新日:

日本人は凹凸の無い平坦な顔の人が多いですね。そのせいか最近は欧米人顔に憧れや評価をする傾向にあります。そもそも日本人顔ってどんな顔なのでしょう。今回は「日本人顔の特徴」をしっかり把握し、日本人が考える「理想の美人」に近づけるよう、日本人顔を活かしたハーフ顔メイクをご紹介します。

日本人顔の特徴は何?

日本人が「美しい」「憧れる」と評価する顔立ちはそのほとんど欧米人顔というのが多い傾向にあります。だからと言って、簡単に整形するのも気が引けますよね。

今回は「日本人顔」の特徴をしっかり押さえ、この日本人顔をどのように憧れの欧米人顔に近づける事が出来るのかを考えていきたいと思っています。

大事なのは整形などで簡単に欧米人顔にするのではなく、本来の日本人顔を生かしながら、どれだけ憧れの欧米人顔に表現することが出来るのか。このことを第一に解説していきたいと思います。

そもそも日本人顔ってどんな特徴があるの?

日本人顔とは女性なら「おかめさん」、男性なら「ひょっとこ」のような印象でしょうか?それとも、雛祭りの「お内裏様」と「お雛様」なのでしょうか?日本人顔と言われると、どうしても和人形などの「のっぺりした顔」と言った印象が強いでしょうか。

しかし、ちゃんと言葉で日本人顔を説明することができる人って意外に少ないのかもしれませんね。日本人顔の特徴をしっかり把握することで「いかに欧米人顔に近づけることができるか」と言う点が変わってきます。日本人顔の特徴について、ここでおさらいしていきましょう。

顔型の特徴

日本人顔の特徴についてですが、まず幅の狭い顔立ちというところが挙げられます。つまり面長さんが多いということになりますね。丸顔やエラの張ったベース型の顔は、日本人顔にはあまり見られない気がします。

目の特徴

日本人顔は「眉がまっすぐ」「目が細い一重」と言うイメージがありますが、欧米人からすると、切れ長の一重は、エキゾチックな雰囲気が漂い、とても評価が高いのです!

日本人顔だと欧米人顔のような大きくて丸い瞳がうらやましく感じ、欧米人はエキゾチックな雰囲気の日本人顔に魅力を感じる…。ないものねだりの法則なのかもしれません。

鼻の特徴

鼻の特徴としては、アジア人の中でも大きめで、高くて尖った鷲鼻が多いとされています。あとは、鼻の横幅が広めだと言われているそうです。

確かに、横幅が狭い人って少ないかも知れません。鼻は横幅が狭いとすっきりとしますよね。日本人顔の鼻がすっきり感じないのは、ここにポイントがあったのかも知れません。

口の特徴

日本人顔の人の口の特徴は、横幅が広めなんだそうです。平安時代は「おちょぼ口」が良いとされ、わざと口を小さく描いたものが絵巻でも残っていますが、これは横幅が広めの日本人の憧れからくるものだったのでしょうか。そして、現代の日本人女性は、比較的濃い色よりも、淡いベージュやピンク系の口紅を好んで使用しています。

髪の特徴

日本人女性の魅力はその黒髪です!艶やかな黒髪と、つぶらで美しい黒い瞳がとてもオリエンタルで、欧米人の心をひきつけるのだとか。黒い色は重いですが、強く、神秘的で、美しさを増す色です。

また、黒は高級感を感じさせる色なのです。黒髪で黒い瞳が高貴な印象を与えるのは理にかなっているのですね。色だけではなく、まっすぐで艶のある健康的な髪質も、日本人女性の髪の魅力を大きくしています。この「色や艶」を兼ね備えた日本人女性の髪はエキゾチックで、わざと黒髪に染める欧米人もいるのだとか。

「髪は女性の命」と言う言葉も存在するほど、日本人にとって髪は特別な特徴と言えるでしょう。

日本人顔は2つの種類で構成される

日本人顔に種類があったことをご存知でしたか?大きく分けて縄文系の顔と弥生系の顔。これだけだと何だかよく分かりませんね。二つの顔は、ともに特徴が異なります。

日本人顔・大きく分けて二つ!

純粋な「弥生系の顔」や「縄文系の顔」は少ないんだそうです。割合としては「純粋な弥生系の顔は20%」「純粋な縄文系の顔は5%」「混血顔は75%」程度の割合となっているとも言われています。時代とともに混血が増えてきている現状があるようです。

縄文系の日本人顔とは

縄文系か弥生系かの判断が簡単に出来るとのことですが、縄文系の特徴は7つあるようです。ちなみに私は、どう見ても弥生系なのですが、縄文系の顔立ちの特徴にも当てはまってしまいました。

1,顔型が角ばっていて、長方形や四角型である
2.顔の作りが直線で描ける
3.顔が立体的である
4.二重で大きい瞳
5.眉は太くて濃い
6.鼻の幅が広めで高い
7.耳垢が湿っている

一般的に顔が濃いと縄文系になる傾向のようです。縄文系の顔の特徴を見ていると、日本全体でも沖縄などの南の地方の方に当てはまりそうです。日本人女性は凹凸のある、はっきりした顔立ちに憧れる傾向にあるようですが、意外に日本人にも目鼻立ちのはっきりした顔は少なくないのではないでしょうか。

弥生系の日本人顔

どちらかと言うと、弥生系のほうが、われわれが想像する日本人顔に近い気がします。弥生系の方が縄文系よりもやや優しい印象の顔立ちです。欧米人が想像する日本人顔の特徴を多く持っているのはこちらかも知れません。

1.顔型は丸い雰囲気・角ばっていない
2.顔の作りは曲線で描ける
3.平坦な顔の作り
4.細い一重まぶたが特徴
5.鼻の幅が小さいほう
6.唇は薄く、横に広い
7.耳垢が乾いている

「平坦な顔」「細い一重まぶた」などは、日本人女性の悩みでもありますが、この弥生系の顔で魅力を放っているのは、有名人でいうと、小雪さん、浅田真央さん、荒川静香さん、冨永愛さんなどでしょうか。皆さん、弥生系の顔を上手くカバーして、アジアンビューティを実現させていますね。

日本人が思う「美人」の条件とは

愛らしい目元

現代の日本人は、大きくて丸い目を好むようになりました。細い一重まぶたは男性にも女性にも、あまり魅力ある目だと思われない傾向にあります。人気女性芸能人を見ても、大きくて印象的な目が本当に多いですね。

その証拠に、数え切れないほどのアイメイクのアイテムが市場に出回っています。アイシャドウ、マスカラ、アイライン、つけまつげ、さらには涙袋ライナーなるものまで…!その種類は多すぎて、もはやどれを選べばいいのか分からないほど。それだけ日本人女性は目元を変えたい願望が強いのです。

美しい鼻筋

パスカルの名言に「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史は変わっていただろう」というものがあります。

鼻は顔の中央にあり、顔の印象に大きく影響を与えるパーツでもあります。鼻の横幅が広めで、だんご鼻が多い日本人顔にとって、理想の鼻。それは鼻の幅が狭く、美しく鼻筋の通った高い鼻なのでしょう。目はアイメイクで多少変えられそうですが、鼻の印象を変えるなんて至難の業ですよね。

ふっくらした唇

日本人顔の唇と言えば、薄く、横に広いのが特徴でもあります。男性からすると、薄い唇よりも、ふっくらと艶のある唇の方がセクシーで魅力があるそう。確かにセクシーな人は唇に艶があるイメージです。

芸能人で言うと、唇と言えば、アンジェリーナジョリーさんが有名。唇が厚くてぷるぷるですよね。彼女がセクシーなのは、この唇が大きく影響していることは間違いないのではないでしょうか。

いつの時代からか日本にも「ぷるぷるの唇」を表現するべく、グロスが出回るようになりました。艶ももちろん、光の当たり方で薄い唇に立体感も生まれます。日本人顔の特徴をよく捉えたアイテムだったのですね。

肌が美しい

日本人顔の特徴はパーツだけではありません。肌そのものも美人の基準となるのです。日本人女性はそれだけ肌の美しさにこだわる民族でもあるのです。

それを裏付けるかのように、日本はスキンケア大国でもあります。数多くのスキンケア商品が市場に出回り、悩みを解決できないなんてことは、もうないのではと思ってしまうほど「美肌」と謳っている商品が多く販売されています。

また、色白にもこだわる傾向にあります。一時期は日焼けサロンが流行りましたが、今は美白の時代。日焼け止めクリームが、こんなに当たり前に出回っているのは世界的に見ても日本ぐらいなのだとか。そのくらい日本人女性はスキンケアにこだわってきたのです。

健康的な美しい髪

いくら外見的に美人でも、切れ毛や枝毛で傷んでいる髪の女性は魅力激減ですよね。髪は女性の象徴でもあります。艶のある健康的な髪でないと、美人とは言えません。髪の健康状態が分かりやすいストレートも好まれる傾向にあるようです。

さらさらで艶のある髪は、男性ならずとも、同性である女性にも好感があります。スキンケア同様、日本ではシャンプーやヘアケアグッズも多数出回っています。保湿・潤い効果があるトリートメントに限らず、マイナスイオンの出るドライヤーなるものまで商品化され、人気を得ています。

これも日本人女性の髪へのこだわりの表れだと考えられますね。

日本人顔でも憧れのハーフ顔になれるメイク法とは

大きな目、鼻筋の通った高い鼻、ぷるぷるの唇など、日本人女性は日本人顔にない特徴に憧れているようです。内面の美しさが重要だと言っても、やはり外見もカバーしていきたいのが本音。そこで、日本人顔を生かし、欧米人顔の特徴に近づける「ハーフ顔メイク」を提案しようと思います。

ベースメイク

自分の肌の色に合わせてファンデーションを選ぶことが出来ていますか?ネット販売などが普及した現在は、美容部員に相談することなく、自分の感覚でファンデーションの色を考え購入していることも多いですね。でもこの基本を間違えると、どんなメイクをしようとも顔色が悪く映り、不健康に見えてしまいます。

・赤みがある肌の人は、ピンク系
・中間色の人は、オークル系
・黄みがある肌の人は、ベージュ系を選ぶと肌の色が美しく自然に見えます。

これが基本のベースファンデーションのカラーです。もう一度自分の肌の色を確認してみましょう。

欧米人顔と比べて、日本人顔は眉と目の間隔が広いです。ここで眉と目の間隔を狭くすることで、凹凸がある彫りの深い顔に見え、よりハーフ顔に近づけることが出来るのです。

日本人女性は、細く長めの眉を好みがちですが、ハーフ顔の眉の特徴は、まっすぐ・しっかりした太めの眉なのです。眉マスカラなどで、眉の上側ではなく下側に足していきましょう。そうすることで、「太くてしっかりした眉」と「眉と目の間隔が狭くなる」の2点が実現し、よりハーフ顔になります。

アイメイク

ハーフ顔のメイクで一番肝心なのがアイメイクなのではないでしょうか。細い一重の日本人顔と、大きい二重の欧米人顔。ハーフ顔メイクの基本はやはり「目を大きく見せる」と言うことになります。

まず上まぶたのアイホールには、ブラウン系のアイシャドウでラインを引くように色をのせて下さい。凹凸の無い日本人顔の一重まぶたに、メイクで彫りを入れるイメージです。

また、欧米人に比べて日本人のまつげは短く・細く・量が少ない傾向にあります。ハーフ顔メイクで日本人顔を脱却するには、「ふさふさのまつげ」もポイントとなってきます。まつげに自信のない人は、まつげエクステやつけまつげなどに挑戦しましょう。

鼻を高く見せるのに欠かせないのはノーズシャドウです。ノーズシャドウをのせるのは、目頭と鼻の間の、くぼみの部分です。楕円形にノーズシャドウを入れることで、鼻筋が通って見えるのです。

また、顔を立体的に見せることに欠かせないハイライトも忘れずに入れましょう。ハイライトは基本的に高く見せたいところに乗せるので、鼻筋や額・頬骨などに施すのです。光の加減で艶があるようにも見えますし、おすすめのアイテムです。

口元

使用している人が少ないリップライナーですが、リップライナーを使って大きめに唇の輪郭をとることで、日本人顔特有の「薄い唇」が解消されます。ぷるぷるの唇に憧れる人は是非やってほしい技です。

そしてハーフ顔のメイクにおいて活躍してくれるのがグロスです。グロスを下唇の真ん中あたりに乗せて、立体感を出すと、理想である、ぷるぷるの唇の出来上がりです。日本人顔特有の「薄くて立体感の無い唇」ではなくなりますよ。

チーク

チークはリップと同系色にするのがハーフ顔メイクのポイントだそうです。頬の高い位置から真横にチークを入れ、ここでも立体感を出すように意識してくださいね。

日本人顔でもハーフ顔になれる!

日本人顔には日本人顔の魅力もたくさんあります。それを分かっていても、欧米人のような凹凸のある明るくて可愛い顔に憧れてしまうのは女心ですよね。

メイク療法というものがあるように、メイクは人の心にも良い影響を与えます。自分の理想通りの美しい顔を手に入れることは、内面からの美しさも手に入れられるということでもあります。「自分は日本人顔だから」とコンプレックスにしないで、ハーフ顔メイクにぜひ挑戦してみて下さい。

日本人顔の良さを生かしたハーフ顔メイクは、欧米人にも負けない美しさを引き出してくれることでしょう。

-その他のメイク

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.