もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

通販サイト情報

【2018】人気フリマアプリのDL数ランキングTOP3【まとめ】

投稿日:2017-01-06 更新日:

いくつもあるフリマアプリの中で特に人気のアプリは3つあります。
その3つをダウンロード数順にランキングしました。

さらに、トップ3の人気には及ばないものの、人気のフリマアプリを5つ紹介します。

フリマアプリ人気ランキングTOP3

まず、先にランキングを発表します。

  1. ユーザー数圧倒的No1!早く売りたい、目当ての商品を探すなら『メルカリ』
  2. 販売手数料無料!ファッション・コスメなどの女性向けアイテムを売買するなら『フリル』
  3. 販売手数料無料!高額商品が売買したい、掘り出し物を見つけたいなら『ラクマ』

ヤフオクに代わるフリマアプリ

今まで長い間、ネットオークションといえばヤフーオークションが絶対的王者として君臨していました。
ですが、売るにしても買うにしても、少しハードルが高かったですよね。

スマホの普及とともに、ヤフオクに代わるフリマアプリがいくつか出てきました。

フリマアプリのメリット

ヤフオクと比較したフリマアプリのメリットとしては以下のようなものがあります。

  1. 手軽に商品の売買ができる
  2. 隙間時間に商品を見てるだけでも楽しい

私もインターネットには詳しい方ですけど、それでもヤフオクでの出品は億劫でした。
ですが、フリマアプリが普及してからは、着なくなった衣類や使わなくなった物はかなり気軽に出品しています。

ヤフオクですと、慣れていないと出品だけで数十分、1時間くらいかかることだって珍しくありませんが、フリマアプリのスマホで写真を撮って、説明文もサクッと書いて数分で出品終了します。

フリマアプリの出品の楽さになれるともうヤフオクには戻れません。

あと、フリマアプリはファッション系の製品のヤフオクより流通しやすいですよね。

どのフリマアプリを使うべき?

フリマアプリは使いやすいですが、フリマアプリの問題点として、「ネットオークションといえばヤフオク」というような絶対的王者がまだありません。
どれを使うのが一番いいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

すでにフリマアプリを使っている人も、実は他のフリマアプリの方が自分の使い方にあっている場合もあります。
ユーザー順の人気ランキングとともに、それぞれの特徴をまとめましたので、自分に合うフリマアプリを見つける手助けになれば幸いです。

1位 メルカリ(ダウンロード数:4000万)

圧倒的にダウンロード数が多いのがメルカリです。
その人気は日本だけで止まらず、アメリカでも2000万DL、日米合計で6,000万DLにまで達しています。

1日の出品数に関しても100万品以上にまで達します。

『メルカリ』のメリット

  • ユーザ数が多い
  • 出品数が多い
  • 目当てのものが見つけやすい

もちろん、メリットはユーザー数、出品数の多さですね。

商品を出品する場合でも『メルカリ』はかなり早く売れますし、購入する場合でも目当てのものが見つけやすいです。

『メルカリ』のデメリット

  • 商品が多すぎる
  • ユーザーのマナーが悪い
  • ユーザサポートが間に合っていない

出品数の多さはメリットでもありデメリット

『メルカリ』のユーザー数、出品数の多さはメリットでもあり、デメリットでもあります。

目当ての商品が明確に決まっていない場合(例えばかわいいワンピースが欲しいとか)は、商品数が多すぎて良い商品を探すのに時間がかかります。
ファッション系を探したいときなどはフリルを使う、など使い分けた方がいいです。

それと、手軽に売買でき、ユーザー数が多いぶん、マナーの悪いユーザーが多いです。

他のフリマアプリ同様、メルカリには出品者評価システムがあるので、購入する場合は出品者の評価を確認してから買うことでトラブルを避けることが出来ます。
出品する場合でも、コメント欄で非常識なコメントをするユーザーがいますので、その点には気をつけておいてください。

また、ユーザー数が急上昇しているため、運営のユーザーサポートが雑なところがあります。

と、いくつかデメリットはありますが、ユーザー数の多さはデメリットを余裕でカバーするほどの大きなメリットです。

2位 フリル(ダウンロード数:600万)

ダウンロード数は『メルカリ』とは圧倒的に差がついていますが、女性比率では圧倒的にNo1です。

なぜなら、『フリル』は女性限定フリマアプリとして始まったからです。
今は女性限定ではありませんが、その名残でファッション・コスメ系の商品が強いです。

3位の『ラクマ』は楽天が始めたサービスですが、実は『フリル』も2016年に楽天に買収され、楽天が運営しています。
ファッション系を中心に若い女性に強いフリル、家電やガジェットなど高単価商品が多く男性に強いラクマの2つでメルカリに攻勢をかけていくようです。

今後は楽天のサービスなどとも連携が進むはずなので、楽天ユーザーにとっては『メルカリ』より良い選択肢となるでしょう。

また、『フリル』は2016年10月1日〜12月31日まで販売手数料無料キャンペーンをやっていました(元は販売手数料はメルカリ同様10%です)。
このキャンペーンの終了が無期限延期され、2017年になっても継続されています。

いつ終わるかはわかりませんが、『メルカリ』とDL数で大差をつけられているので、おそらくこれからも販売手数料無料のまま続けるのではないでしょうか。

『フリル』のメリット

  • ファッション系が強い
  • デザインも可愛い
  • メルカリよりユーザーのマナーが良い
  • 手数料無料

デザインも商品も女性向け

ピンクのデザインで、商品だけでなく、デザインも女性向けになっています。

フリマアプリは見るのを楽しむユーザーも多いので、そういう使い方をする人は、メルカリフリマの方が楽しくなれるかもしれません。

あと、女性が多いからなのか、ユーザーマナーがメルカリより良いです。

また、楽天に買収されたのが2016年9月ですので、今後は楽天ポイントが使えるようになったり、楽天カード利用でポイントがもらえたり(『ラクマ』は2%のポイントがつく)するようになるはずです。
楽天カードユーザーになってる人はもちろん、まだ使ってない人も今のうちに作っておいておいた方がいいかもしれません。

『フリル』のデメリット

  • ファッション系以外の出品数が少ない

ファッション系はメルカリと渡り合えますが、それ以外の分野ではメルカリの出品数を比べるとかなり少ないです。
ファッション系以外のものを買うときは、メルカリを使ったほうが良いです。

3位 ラクマ(ダウンロード数:400万)

国内3位の人気ではありますが、微妙な立ち位置なのが『ラクマ』です。

2016年10月までは国内唯一の販売手数料無料フリマアプリだったのですが、『フリル』が販売手数料無料化をしたことでそのメリットも薄くなっています。

『フリル』とジャンルの違う、家電やガジェットなどの製品が多いので、そういう製品を買うときは『メルカリ』と『ラクマ』の両方を確認するといいでしょう。

フリルは女性向け、『ラクマ』は男性向けというイメージが良いかもしれません(『ラクマ』は家電が強いので主婦層も多いですが)。

『ラクマ』のメリット

  • 手数料無料
  • 楽天のサービスとの連携

『ラクマ』のメリットは、サービス開始から一貫して手数料無料であること。

売れるのに時間がかかっても手数料を取られたくない高額商品などの売買に適しています。
ユーザー数はメルカリの方が圧倒的に多いため早く売れやすいですが、販売手数料が無料なので、『メルカリ』と『ラクマorフリル』に両方出品する人が多いです。

楽天ポイントが使える、溜まる

『ラクマ』は楽天ポイントが使えるので、楽天ポイントがたまっている人はポイントで購入できます。

また、楽天カードを使えば、楽天ポイントがつくのでお得です。
2パーセントではありますが、10万円の買い物をすれば2000円が返ってくるということなのでバカにできません。

先ほど書いた通り、楽天との連携は今後『フリル』にも同様の連携がなされると予想されています。

『ラクマ』のデメリット

  • ユーザー数、出品数が少ない

『ラクマ』は家電が強いのですが、その家電分野も『メルカリ』の方が出品数が多いです。
ただ、ユーザー数が少ないぶん、たまに『メルカリ』よりお買い得な商品が売れ残ってたりします。

上位3つの中では一番新しいサービスですので、これからの巻き返しに期待というところでしょうか。

ファッションレンタルおすすめランキング

今、人気急上昇中のファッションレンタルサービスの人気ランキングです。

airCloset(エアークローゼット)

airCloset

『airCloset(エアークローゼット)』は、エアクロとも呼ばれ、日本にあるファッションレンタルサービスでは最も有名・人気のファッションレンタルサービスです。

月額料金を払うと、スタイリストさんがコーディネートしてくれたアイテムが届きます。

30代を中心に、20代〜40代の女性に利用されています。

Rcawaii(アールカワイイ)

Rcawaii(アールカワイイ)は、「カワイイをレンタルする」ファッションレンタルサービスです。

エアクロよりは少し若め、特に20代後半の女性に人気です。

人気・有名ブランドを中心に質の高い洋服を、プロのスタイリストが全身コーディネートして送ってくれます。

EDIST.CLOSET(エディストクローゼット)

『EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)』は、スタイリストさんにコーディネートしてもらうレンタル方法と自分でレンタルアイテムを選ぶ2つのレンタル方法があります。

もし、自分でレンタルアイテムを選びたい方は、エディストクローゼットがオススメです。

-通販サイト情報

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.