もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

アイブロウ

眉マスカラって?髪の色に合わせて自然に変えれる!6つの使い方ポイントと5つの疑問を徹底解説します!

投稿日:2017-04-21 更新日:

眉マスカラを上手に使いこなしたい!と思ってる方、上手くできるか不安....な方も大丈夫!コツをつかんだら簡単な眉マスカラで今日から美人度UP!

眉マスカラについて

眉マスカラって何?

眉マスカラはもう皆さん使用したことがありますか?眉マスカラとはまつげのマスカラと同じく色を重ねて明るく見せたり眉の印象を変えることができる眉用のマスカラです。一時的なものなのでまつ毛のマスカラ同様気軽に楽しむことができる商品です。

眉マスカラには色味を長時間キープするためにウォータープルーフタイプや、汗、皮脂、水に強いものが多いので、自分の眉毛の色味に近い色やクリアの色を選んで毛並みなどを整えツヤを与えるだけに使用する人もいます。

眉用とのことで色はカラフルなものより髪の色に合うようにアッシュ系や明るく見せるように明るいブラウンなどのナチュラルな色が主流です。

眉マスカラは人気があるので色々なブランドからたくさんの色が出てるので前より自分にぴったりの色を探しやすくなってると思います。最近ではピンクや少し遊び感覚でつけれる色などもたくさん出てきてるので色々遊んでみるのも楽しいですね。

眉マスカラのいいところ

眉マスカラの一番のポイイントは髪の色に合わせて眉の色を自然に変えれることです。今までだと眉マスカラの代わりにアイブローパウダー等で色を足すだけでしたが元々黒い眉毛の人は明るい色のパウダーをのせても色があまり変わりにくかったり、またすぐに落ちてしまったりとなかなか色を変えるのは難しかったのです。

ですので髪の色をすごく明るくした人は眉毛も脱色したりと肌への負担も大きかったのですが眉マスカラだとそのままの黒い眉毛を一時的に少し明るく見せてくれるので若い方を中心に人気が出てきました。

黒髪だから必要ないかもと思うのはまだ早いかも。最近では黒髪にも合うような色がたくさん出てきています。少し眉毛をうっすら明るくすることでいつものメイクでも顔が垢抜けて見えます。

また、眉の存在が少し薄まることで特に眉と近い位置にある目元の存在が強調されいつもと同じメイクでも目が大きく見える効果もあります。

眉マスカラの使い方

まずはブラッシング

ファンデーションまで塗り終えたらまずは眉毛の毛並みを整えながらブラッシングしましょう。ブラッシングはとても大事なポイントです。その理由は大きく2つ。1つは毛並みを整えることで眉毛のどこが薄くどこが濃いのか両方の眉の位置などの違いなどが分かりやすくなります。

次の眉を描く前には必須のポイントです。2つ目はファンデーションのあとにパウダーで抑える人がほとんどだと思います。

この時パウダーが眉毛にも付いてしまってるので眉を描く上で妨げになるのと、その上に眉マスカラを使用する時にパウダーが余計なマスカラ液を吸収してしまいダマになりやすくなりますのでこのブラッシングでしっかりと余分なパウダーを落とし毛並みを整えておきましょう。

パウダーで眉を描く

パウダーで眉を描きます。まず少し大きめのブラシに(アイシャドウに使用する時ぐらいの大きさ)アイブロウパウダーを取り毛並みに沿って眉の薄い部分から足していきます。

この時眉頭から書いてしまいがちですが、それはNGです。ブラシに色がたくさんついているので一番最初につけるところが一番濃くついてしまいます。ですのでまずは自分の眉の一番薄く見えてるところ、ほとんどの皆さんが眉尻や、眉の下のあたりからだと思いますがそのあたりから色をのせていきます。

まずは少し大きめのブラシを使用して大体の自分が描きたい眉の形を作ります。この大きいブラシではうっすら色をのせて大体の眉の 形のガイドラインを作るようンア気持ちでふんわりのせましょう。

次に足りないところを小さいブラシかペンシルで足していきます。この時先ほど大きなブラシで大体の形を作ってるのでこれがガイドラインとなるので左右均等な眉になりやすいです。

この時にあまりたくさんパウダーを乗せてしまうと眉マスカラをつけた時にダマの原因にもなるのであくまで次にまだ眉マスカラで色を足すことを前提に控えめに仕上げましょうね。綺麗に描こうとして足しすぎて眉が濃くなりすぎないように注意してくださいね。

眉マスカラをテイッシュオフ

せっかくついたマスカラをティッシュで拭うのは少し勿体ないと思えるのですがこの作業もとても重要なポイイントなのです。まつげのマスカラ同様ダマになるのを防ぐため、まず、眉マスカラを出したら軽くティッシュで拭います。

この時の注意点はティッシュの毛羽立ちがマスカラのスクリューブラシについてしまうのを防ぐために、スクリューブラシをティッシュの上に置いて右や左転がすように横に動かしましょう。縦に動かすとティッシュの繊維がマスカラのスクリューブラシにつきやすくなりますので注意してくださいね。

眉マスカラを塗る

眉マスカラを塗っていきます。まずティッシュで拭った眉マスカラを最初に眉毛の毛並みを整えた動きとは逆の方向に眉毛を立たせながら眉毛の裏側にもしっかり色がつくようにつけていきます。

この時たくさんつけようと力を入れると眉毛の地肌に色がついてしまいますので気をつけてくださいね。地肌に色がつくとべたっとした印象になり、逆にそこは色が濃く見えてしまいますので、ふんわり優しくつけていきましょう。

その後毛並みを整えるようにもう一度つけていきます。ほとんどの人の眉毛の中で一番濃い場所が眉頭から少し中央寄りの部分になります。

このあたりにたくさん色がのることで眉毛の印象が変わるのでこのあたりは丁寧につけてあげましょう。また眉頭のあたりがつきにくい時は下から上に横に上に動かすようにジグザグ動かしてつけるとよくついますよ。

足りないところを足す

眉マスカラを足して毛並みを整えたら鏡を見て薄く見えてるところが有れば足しましょう。この時眉マスカラが完全に乾くまで待ってくださいね。

乾いたら足していきますがこの時パウダーは避けてペンシルか、アイブローライナー(リキッドタイプ)などを使用して足していきます。

眉マスカラの上からパウダーを使用しするとダマになりやすく、完全に乾いてない部分にはパウダーがすごくついてしまうのでもしつけるとしても小さめのブラシにとり少しづつたすようにしましょうね。

はみ出たところはオフする

気をつけて塗ったつもりでもはみ出てしまったり、地肌についてしまったら少しクレンジングを含ませた綿棒でとりましょう。

綿棒はこの時先の尖ったタイプか、赤ちゃん用の細い綿棒が100円ショップでも売ってるので持っているとお化粧直しなどに便利です。私はいつも少しの綿棒をジップ付きのナイロンパックに入れてポーチに入れて持ち歩いてます。

出先での化粧直しに目の下のよれなどにはサンプル用の乳液やクリームもポーチに入れておき、乳液やクリームを綿棒につけて撮ると肌に負担なくスルッととれますよ。

眉マスカラについての疑問

眉マスカラを使う時に揃えたい道具は?

眉マスカラで少し明るめの眉にしたのにまぶたあたりの毛が黒いなんてことにならないように眉マスカラをつける前にはまず眉毛の形を整えておくといいと思います。

この時に持ってると便利なのがツイザー(毛抜き)と、眉毛用カミソリ(顔剃り用の電気製品でも大丈夫)アイブローコーム、片側がブラシで片側がコームになってるもの、眉毛用ハサミ、スクリューブラシ、等あればいいと思います。

ある程度理想の形を思い描いたらここは絶対入らないと思われる箇所、まぶたあたりなどの毛を剃ったり、抜いたりして整えます。どちらも少し肌に負担になるので肌の状態を見て行うようにしましょうね。

眉毛を整えると言っても眉毛の長さは出来るだけ長めに残しておきましょう。この時に短くしてしまうと眉マスカラが毛につきにくく色が余りのらないのでせっかくの眉マスカラが楽しめなくなってしまいますよ。

色の選び方は?

色の選び方のポイントは大きく2つです。1つ目は自分の髪色より少し明る目を選びましょう。2つ目は自分の目の色と髪の毛の色の中間ぐらいを選びましょう。まず1つ目ですが女性の方は髪をカラーリングしてる人が多いかと思います。

金髪やかなり明るい色にされてる方は、髪を染める時に美容師さんに眉毛も少し色を抜いてしまってる方も多いかもしれません。

今では眉毛用のブリーチ剤も売られていますので自分でもやることも可能です。ですがどちらも肌に負担がかかりますし、目元の近くなので危ないのであまりお勧めはしません。ですがどうしてもやりたい場合は、自分の体調や肌の状態と相談しながら、あた人にやってもらう時にも必ず体調を伝えて相談してから行うようにしましょうね。

また少し元の眉の色が明るくなると眉マスカラの色の発色が良くなりますのでその時は自分の髪の色と同じか少し暗めの色を選んでもいいかもしれません。地毛の眉毛が黒い眉毛の人は黒い毛には色がなかなか色づきしません。

画用紙で例えると白い髪の上だと様々な色がわかりますが黒い画用紙の上だと色がなかなかわかりませんよね。それと同じですので少し明るめの色を選ばないと元の眉毛の黒色が勝ってしまいます。ですので少し明るめの色を選んで少し黒の色を軽く見せてあげると垢抜けた印象の顔になります。

黒髪似合う眉マスカラはある?

髪は黒髪だけど眉毛は少し明るくしてみたい!そんな時に選ぶ色って難しいですよね。基本は髪の色より少し明る目を選びますが、その中でもアッシュ系の色アッシュブラウン、もしくはグレーなどの色があってきます。

いきなりここで明るめのブラウンを使用しても髪の毛の色と違いすぎてかなり浮いてくるのでアッシュ系の少しくすんだ色を選び、うっすら色を足してみましょう。ふんわり色がのり垢抜けた印象になります。

また、アイシャドウや、チーク、口紅などに赤色を使用する時は少し赤目のブラウンも合います。赤い口紅大好き!な方は1本持っていてもいいかもしれませんね。

また、髪の色は明るいけど肌が弱くて眉毛は脱色できないという人には眉毛用のコンシーラーというのがあり、色はまさにファンデーションの色のように明るめです。金髪の方はこれだけでもOKな感じですが、このコンシーラーでまず少し自分の眉毛の色を明るくします。

この時もつけ方は眉マスカラと同じ。うっすらとつけたら次はコンシーラーが乾くのを待ってアイブローパウダーで髪の毛と同じ色か少し明る目の色をを選びのせていきます。

眉毛のコンシーラーには繊維が入ってるものがほとんど少ないので後からパウダーをつけてもダマになりづらいのです。この時ブラシはアイシャドウをつける時に使用するブラシぐらいの大きさのものでふんわり色を足していきます。

コンシーラーで眉毛の黒い色を消してるのでので、パウダーの色が綺麗に発色し自然な明るい眉毛になり垢抜けた印象になります。少し色を変えてみたい時にも使えますのでぜひ試してくださいね。

グレーの眉マスカラはある?

グレーの眉マスカラ。グレー系の眉マスカラはありますがグレーの眉マスカラは数ないですがあります。一番グレーに近いのがPOLAから出てる黒美髪ヘア&アイブロウカラーです。生え際などの白髪をぼかすことにも使えるとあって色は付きやすくうっすらグレーに仕上げてくれます。

次にボビーブラウンのストレートという名の商品。色はミディアムグレイで少し赤みを含んだグレーなので肌になじみやすい色です。あとシュウウエムラのアッシュブラウンこちらはグレー系の色味となりますが色が薄めで少しブラウンが入ってるので使いやすいグレーです。

グレーの眉は少しミステリアスなおとなしい印象になりますが、グレーすぎると色的に老けて見えたり少し違和感を感じる人もいるかもしれません。

グレー系のカラーコンタクトをつけてる人や、もともと目の色が薄い人には違和感が余り出ずつけやすいかと思います。ですがアッシュ系などのグレー系の色はグレーに少し他の色味を足してるので肌の色にも合いやすく使いやすくなっているかと思います。

まつげに眉マスカラを使うメイクって?

眉マスカラをまつ毛につけるとまつげの印象が薄くなり白人の色素が薄いアンニュイな雰囲気になれます。もともと眉毛に色をつけるものですから、色の発色はいいのでマスカラのブラウンなどを使用するよりあっという間に簡単に色素が薄いまつ毛になります。

試してみたい!という方はまずマスカラを塗る時と同じようにビューラーでまつ毛をしっかりあげておきます。次に眉マスカラにはカールを維持する力はないのでマスカラ下地を先に使用してカールをキープします。

その次に眉マスカラの明るめの色を根元からまつげの先まで塗ります。この時上からも塗って色を足しましょうこの時まつげの根元にはつけないようにしてください。

根元を明るく残すことで色素の薄いアンニュイな雰囲気に仕上がります。慣れるまではこの後にまつげの毛先だけにブラウンのマスカラを足してみてください。少しまつ毛に存在感を残してあげることで自然になじみやすく仕上がります。

オススメの眉マスカラプチプラ編

ヘビーローテションカラーリングアイブロウ

プチプラで眉マスカラでと言えばこれ!と言われるくらい長い間売れ続けてるヘビーローテションカラーリングアイブロウ。人気の秘密はまず色が絶妙で使いやすい色が多いこと。またパール感がほとんどないので光に当たっても変に光ることなくほどよくなじみます。

また汗、水、皮脂にも強く持ちが良く持ちがいいのに簡単に落とせるフィルムタイプ。」また発色も良くブラシも程よい大きさで地肌に着きづらく綺麗に眉毛に色をつけることができます。

色も明るめの髪の色の人に1イエローブラウン2オレンジブラウン黒髪や暗めの髪の色の人に3アッシュブラウン4ナチュラルブラウン、と5ライトブラウン6、ピンクブラウン7新色のアッシュベージュとたくさんあります。

中でも3アッシュブラウンは黒髪の人にも使いやすく黒髪で少し硬いイメージになりやすいところを少し眉が明るくなることで垢抜けた軽い印象になります。価格は800円(税抜き)です。

KATE アイブロウカラーN

こちらもロングセラーで使用してる人が多い人気のケイトの眉マスカラ。ケイトも発色が良く汗、水皮脂にも強い処方になっています。ブラシが小さめで先端が少し細くなっているので初心者の方や眉毛の量が薄めの方などでも地肌につきにくく綺麗に色が付きます。

色も絶妙な色が多くBR-1赤み系のナチュラルブラウン,BR-2ナチュラルアッシュブラウン,LB-1落ち着いた赤み系の色味のライトブラウン,LB-2一番明るめで赤味が黄色けいのライトブラウンと4色です。

中でもBR-2ナチュラルアッシュブラウンは黒髪や少し暗めの髪の色の人から少し明るめの色の人まで使える色です。アッシュ系なので色の主張が強くなくほどよく眉になじみます。

LB-2はすこひ赤みがある落ち着いて色なので少し明るめの赤み系の色の人にはすっとなじんでくれます。日本人はもともと黒髪なのでブラウンにしてもアッシュ系などで抑えない限り赤み系のブラウンになることが多いのでこの色は使い易い色かもしれません。価格は850円(税抜き)です。

コフレドールアイブローカラー

コフレドールは落ち着いた色味なので幅広い人に使い易いと人気の商品です。コフレドールの眉マスカラも汗、水、皮脂に強く発色もいいです。ブラシも小さめで少しカーブしていて塗りやすくなっています。

色味は3色で1ダークブラウン、2ナチュラルブラウン、3ライトブラウンです。色味が落ち着いているのでオフィスなどでお勤めされている方などにも使いやすい色味だと思います。

中でもダークブラウンはほんのすこし明るくなるぐらいの自然な感じに仕上がるのでお仕事上あまり目立ちたくないというような方でも試しやすい商品かもしれません。価格は900円です。

キャンメイクカラーチェンジアイブロー

キャンメイクはプチプラコスメの中では必ず名前が上がると言ってもいいほど出てきますよね。中でも特徴はプチプラなのにその時代のトレンドなんかもしっかり押さえているので特に若い方には人気のブランドだと思います。

そんなキャンメイクの眉マスカラは色味は明るめで3色あります。1マロンブラウン、2ハニーブラウン3ココアブラウンです。キャンメイクも汗、水、皮脂に強くこちらはウォータープルーフタイプ。ですがお湯で簡単にオフできるという嬉しいタイプ。

3色とも明るめの色なのですが暗めの髪の色の人は3のココアブラウンがすこし暗めの髪の色の人にも会いやすく使いやすいと思います。価格は500円(税抜き)です。

セザンヌ 眉マスカラ

セザンヌも言わずと知れたプチプラ老衰ブランドですよね。こちらはマスカラに繊維が入ってるので眉毛の量が少ない人でもフサッとした自然な眉毛に見えますよ。色味は3色です。

1ナチュラルブラウン、2ライトブラウン、3赤みブラウンです。ナチュラルブラウンはすこし暗めの色なので幅広い人に使えるかと思います。

セザンヌはブラシがすこし太めで繊維が入ってるので眉マスカラをつける時のやり方プラス下から上にギザギザと横に動かしながらつけると繊維が眉毛について色がよりつきやすくなります。価格は480円(税抜き)です。

オルビス アイブローコート

オルビスから眉マスカラも出てるのですがこのアイブローコートはとても優秀な商品です。眉毛を描いても夕方になったら落ちてる、など眉毛を描いてる人にとってはきになることですよね。

そんなイライラを相性してくれるのがこの商品です。このアイブローコートは汗、皮脂、水に強いのはもちろんウォータープルーフタイプなので朝の眉のまま長時間キープしてくれます。

夜落とす時は通常のクレンジングでするんと落ちます。液は透明で使用した後もとても自然な仕上がりです。眉マスカラも汗、皮脂、水に強いものが多いですが眉マスカラで仕上げた後にこのアイブローコートを使えばより長時間キープしてくれると思います。価格は1000円(税抜き)です。

キス ナチュラルアイブローカラーS

キスナチュラルアイブロウカラーは2色でとても自然に仕上がるので人気でしたが惜しくも生産終了となってしましました。発色もよく汗、皮脂、水などにも強く使いやすかったのに残念ですね。

リトルレディ ベビーニュアンス アイブロウ

リトルレディベビーニュアンスアイブロウは1色ナチュラルベージュのみです。1色ですが黒髪の人から明るめの髪の人まで使えるとのことで人気です。

こちらの商品も汗、皮脂、水に強くこすれに強いので長時間キープできます。ですがお湯で簡単にオフできるので眉毛に負担をかけることもありません。

髪の色を選ばないと言ってもすこし明るめの色味にはなるので、黒髪の人はあまりたっぷりつけすぎないようにうっすらと塗ることがポイントです。価格は800円(税抜き)です

マジョリカマジョルカ ブロー&ラッシュカラーリスト

マジョリカマジョルカこちらも言わずと知れた老衰ブランドですよね。カラフルな色味やすこし個性的な色味が多いことから若い方たちに人気のプチプラブランドです。

こちらの商品は2色で1 BR555 バニラブラウン, 2 BR333マロンブラウンです。どちらも明るすぎず自然になじみます。またこの商品は固めないので自然に柔らかい印象の眉毛に仕上げてくれます。

また汗、皮脂、水に強いウォータープルーフタイプなので長時間キープしてくれます。また、眉毛、まつげ両用タイプなのでまつげにつけて外国人のような色素の薄い目元を楽しんでみてもいいですね。価格は950円(税抜き)です。

エテュセ カラーリングアイブロウN

エテュセも老衰ブランドの1つですよね。時代にあった商品を次々と出してるので他の商品でもお使いの人も多いかもしれません。エテュセの眉マスカラも汗、皮脂、水に強いウォータープルーフタイプです。色は1ブラウン、2イエローブラウン、3レッドブラウンの3色です。

ブラシが小さめで使いやすく色の発色もよいのでたくさんつけなくても自然に柔らかい眉に見せてくれます。プチプラブランドの中では色味が上品なのでより垢抜けた印象になるという声もあります。

中でもレッドブラウンの色味は人気で赤味が上品なので使いやすく黒い眉毛の人でも自然に馴染むと評判の色です。価格は1500円(税抜き)です。

ブルジョワ ブルジョワ ドロールドゥスシルN

ブルジョワも言わずと知れた老衰ブランドの一つでしたが日本から撤退してしまいましたよね、、ブルジョワの丸い形のチークなどたくさんの人気商品を出してきたブランドだけに残念ですね。

こちらの眉マスカラも4色で発色もよくウォータープルーフタイプです。パールが入ってるのでつけすぎる光ってしまいますがうっすらつけると立体的に見え人気の商品でもあります。ちなみに日本で売られていた時の価格は1600円(税抜き)でした。

オススメの眉マスカラ ブランド編

RMK アイブロウマスカラN

RMKは若い方を中心に幅広い年齢層の方に人気のブランドですよね。ナチュラルな透明感ある女性に仕上げてくれるそんなブランドな気がします。色味も個性的な色というよりは肌に馴染むものが多く普段使いに使いやすい色味が全体を通して多いブランドといえると思います。

そのRMKの眉マスカラですが5色あり1ブロンド、2ゴールド、3ブラウンゴールド4カッパー5モカブラウンとあります。中でも5番のモカブラウンは黒髪の人に似合いやすく自然な色味でうっすら黒眉を明るくしてくれるので垢抜けた印象になります。

眉毛がしっかりある方はこの眉マスカラだけで仕上げる人だけで毛並みが整い顔が明るい印象になるのでパウダ0より眉マスカラを使用する人も多いそうです。

また汗、皮脂、水に強いウォーターレジスタンスタイプ(ウォータープルーフタイプは防水だがこちらは防水まで行かないが水、汗に強いという商品)で、色にツヤがあるので眉マスカラを塗った後に変にマットな眉にならないので自然に立体感を出してくれます。

より自然な眉毛に見せてくるので仕事にも普段使いにも使いやすい商品だと思います。価格は3200円(税抜き)です。

ボビイブラウン ナチュラルブローシェイパー

ボビイブラウンは世界的に活躍するメイクアップアーティストボビイブラウンが立ち上げたブランドで彼女のなまえがそのままブランド名となっています。メイクアップアーティストが立ち上げたブランドなだけに色味の豊富さや使いやすさが特徴です。

基本ベーシックなナチュラルなメイクを得意とするアーティストでもあるので私たちにも使いやすい色味が多く、ベージュやブラウンなども微妙な色味がたくさんあり選びやすくなっています。

そのボビイブラウンの眉マスカラは7色あります。1クリア色味がなくツヤを出し毛並みを整えます。2ブロンド3ストレート(ミディアムグレイ)4ブルネット(リッチウォームブラウン)5マホガニー6オーバーン7リッチブラウンとなります。

ブロンド以外は馴染みやすい色味が多く特にリッチブラウンは少し赤みを帯びたブラウンなので肌馴染みが良く使いやすいようです。また3番のストレートミデイアむグレイも馴染みやすいグレーなので黒髪の人には合いやすい色味だと思います。

ボビイブラウンの眉マスカラはクリームジェルタイプでさらっと軽いつけごこちです。固まることもなくふわっと眉毛に色が乗るような感じに仕上がります。発色も良く小さめの円錐形のブラシで根元からつけやすく1本1本しっかりと色が付きます。価格は3400円(税抜き)です。

シュウウエムラ アイブロウマニキュア

シュウウエムラは日本を代表する老衰メイクブランドの1つです。こちらのブランドもメイクアップアーティストが立ち上げたブランドなのでアイシャドウ始め様々な色みが豊富です。

中でもクレンジングオイルは有名ですよね。そのシュウウエムラの眉マスカラは全部で5色です。1トニーゴールド2ハニーグレイズ3パームベージュ4アッシュブラウン5ティーベージュです。

質感はツヤがあり眉毛1本1本をコーティングするように色がつき発色も綺麗です。こちらも汗、皮脂、水に強いウォータープルーフタイプですので長時間キープできます。

中でもパームベージュが黒髪の人から少し明るめの人までつけやすく黒髪の人には少し明るめに感じつかもしれませんが色が落ち着いた色味ですごく自然に仕上がるので少し明るめの眉に挑戦したい時にはいいかもしれません。価格は3000円(税抜き)です。

まとめ

今は眉マスカラがないとメイクが決まらない!という人も多いぐらい必須アイテムの仲間入りになりそうな眉マスカラ。

プチプラな物から少しブランドのお高めの物までいろいろありますがプチプラなものは試しに購入してみてもいいかもしれませんが、少しお値段がするものはお店に行って試してみるといいかもしれないですね。

ほんの少しのことでガラッと印象が変わってしまうのがメイクん楽しいところ。今までの印象と少し変えてみたいな、と思ってる方は眉マスカラで美人度UPを目指してみませんか?

-アイブロウ

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.