もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

セルフカット

前髪ギザギザが新鮮で可愛い!簡単セルフカットテクニックを完全ガイド

投稿日:2017-09-08 更新日:

芸能人を中心に、眉上で短めにザクザクッと切った前髪ザクザクスタイルが流行中!太眉ブームも手伝って、元気で明るい印象になる!と前髪ザクザクを作る方が急増中の兆し。すっきり明るくなれる前髪ギザギザの作り方とセルフカットの方法をまとめました。

ギザギザバングが可愛い!

前髪を眉毛よりも高い位置でギザギザにしたスタイルが芸能人を中心に流行中で、佐々木希さん、武井咲さん、綾瀬はるかさん、広瀬すずさん、本田翼さんをはじめ、大胆イメチェンした木村文乃さんが可愛すぎると真似したい人が続出中なんです!

前髪パッツンよりも軽さと動きが出て、甘くなりずぎないので大人女子におすすめの前髪です。今回は、前髪ギザギザの作り方&セルフカットのポイントをご紹介します。

前髪ギザギザが似合う髪形

軽めの前髪ギザギザはアレンジが利く

前髪ギザギザは、眉毛が出るくらいの所でザクザクっと、アイシンメトリー気味に切った前髪スタイルのことです。子供の前髪をハサミでザクっと切ったようなイメージから、ベビーバングと呼ばれることも。

一見、難しそうに見える前髪ギザギザは、大人がやると若さが出てとても新鮮!毛先に動きがあるので、画像のように横に流したり、立ち上げたりアレンジが利くので子供っぽくなりすぎる心配もありません。

ロングヘアにギザギザ眉上バング

前髪ギザギザは、他にザグ切りバング、オンザ眉、前髪ギザギザオン眉、前髪ギザギザアシメなどさまざまな呼び方がありますが、すべて短い前髪のことを指しています。前髪ギザギザはロングと相性が良く、上品さとフェミニンさの中に、元気さとモードさもプラスされて明るく洗練された印象に仕上がります。

オシャレ度が倍増!モード系にもおすすめ

アッシュ系カラーと重めのショートにしたモードスタイルにも、前髪ギザギザはぴったり。流行をリードしているような自立した女性の印象に。逆に前髪の量が少なくするシースルーバングにすると、清純派なイメージになります。前髪だけで全く違う雰囲気になりますね。

みんな大好き鉄板スタイル!前髪ギザギザボブ

長めと短めにアイシンメトリーになるようジグザグに切った前髪スタイルが、女性らしさに少年のようなはつらつとした元気さがプラスされて、芯の通った大人の印象に。

メンズも人気!凛々しさがUPする前髪ギザギザ

前髪をギザギザさせた切り方は、メンズにもピッタリのスタイルです。流行のツーブロックやモヒカンスタイルと合わせて、前髪を流す方向にアイシンメトリー気味にギザギザさせれば、流しても立ち上げてもスッキリして好感度もUP。眉を出したスタイルは男らしさが強調され、生き生きとした印象を与えます。

失敗しないセルフカット切り方のコツは?

ちょっとずつ切る

前髪セルフカットで一番注意する点は、様子を見ながらちょっとづつ切る!です。ザクザクといっても、いきなり眉上でザクっはリスクが高く、切りすぎてしまったら伸びるまで時間もかかります。髪は乾いた状態で、少しずつ短くしていきましょう。

専用のハサミをつかう

普通のハサミでは切れ味も悪く、髪を痛めてしまうことになるかもしれません。できるだけカット用の専用ハサミを使うようにしましょう。スキバサミがあると、髪を軽く動きのあるカットができて便利です。100均でも売っていますし、1000円前後で無印良品や東急ハンズ等でも手に入り、ネットでも販売しているので、用意しておくと便利です。

切るときに髪を引っ張らない

切るときに引っ張りながら切るのは厳禁です。必要以上に短く不自然に切り込んでしまう可能性がありますので、引っ張りながらまっすく伸ばして切るのはNGです。

髪を垂らしながら自然に切る

自然に垂らした状態で切るのがベストです。切りたい毛束があれば、軽く手で押さえる程度で、やさしく補助するイメージで切りましょう。

自宅で簡単!前髪ギザギザの切り方

前髪の範囲を決める

まず、前髪の範囲を決めます。初めに切るときは、前髪の幅を黒目の外幅に合わせて切ります(赤線)。セルフカットの場合、青線部分までいきなり切ってしまうと、失敗しやすくなりますので、赤線まで切ってみて、もう少し短めがいいなと感じたら、少しづつ青線部分まで切って範囲を広げてゆくと成功しやすいですよ。

前髪とサイドに分けてピン留め

前髪の範囲が決まったら、三角形になるように前髪を取り、両サイドをヘアピンで留めておきます。

前髪を上下に分けて真ん中からすく

切る前髪を上下に分け、上の髪をヘアピンで留めておきます。切るときは、下の髪の真ん中から。ここがポイントです。上下に分けずにいきなり切ってしまうのはNGです。

縦方向へはさみを入れる

1)下の髪の真ん中切り始めます。1~2センチくらいの高さから、縦方向にハサミを持ち、上から下へ少し斜めに向けなら、少しずつザク切りしていきます。
2)髪を指で動かしながら、様子を見て位置を変えてまたザク切り。ジグザグになるよう少しづつ切ります。
3)下のギザギザが完成したら、上の髪のヘアピンを外し下に降ろします。上の髪を持ち上げながら、スキバサミですいていきます。上の髪が、下で作ったギザギザをぼかしてなじませる役割となりますので、上はギザギザせずすいて軽さを出す程度でOK。

ドライヤーやアイロンでセット

ドライヤーとアイロンを使って、流したい方向に前髪を作っていきます。

1)前髪をスプレーなどで濡らします。
2)ドライヤーを根元の生えグセ部分にあて、指でを左右にこすりながら全体を乾かしていきます。
3)流したい方向とは逆の向きに引っ張るようにして乾かします。
4)流したい方向に手グシで整えながら乾かします。
5)8割ぐらい乾いたら、ロールブラシで形を作ります。
6)ヘアアイロンを使って流したい方向にカールし、完全に冷めるまで待ったら出来上がりです。

完成

ヘアワックスやジェルでセットしたら、完成です。セルフカットの場合、黒目より外側を前髪にするかしないかで、切りすぎた感が大きく出てしまいます。小さなことですが、仕上がりに変化の出る大きな部分ですので、完成度を見てから、微調整としてこの部分を切るようにしましょう。

前髪ギザギザで愛されキャラに

重めの前髪パッツンと違って、さらに元気さと若さを与えてくれる前髪ギザギザは、比較的取り入れやすいので、ぜひ挑戦してみてくださいね。これだけでガラっと印象が変わりますよ。

筆者が前髪ギザギザと聞いて思い出すのが少女時代読んでいたりぼんの「ちびまる子ちゃん」、そして別冊フレンドの上田美和さんの「Oh!myダーリン」の主人公です。このキャクラターたちを現実化したらこんな風なのかな、と、どこかで見たような慣れ親しんだ気持ちになりました。この懐かしさと安心感も、愛される要因なのかなと思います。

前髪ギザギザの切り方を覚えるとお子さんの前髪を切るときも便利なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

-セルフカット

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.