もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

魅力的な女性

色っぽい人の特徴とは?【男女別】今日から始められる日ごろの行動やファッションであっという間に色っぽくなれる!?

投稿日:2017-07-24 更新日:

男性でも女性でも、色っぽい人になりたい、と一度は思ったことがあるはず。色っぽいとは、セクシーとはまた一味違い、品があり、魅力的だというイメージがありますよね。実は、色っぽい人には多くの共通点があったんです。仕草や動きでその特徴を自分のものにすることが出来ると、あなたも異性を虜にする色っぽい人になれるかもしれませんよ。それでは、どのような方法があるのでしょうか。早速見ていきましょう。

色っぽいの意味や特徴を知ろう

「色っぽい」と聞いて思い浮かぶのはどんな人物でしょうか。セクシーな体つきをした人?それとも、生まれつき色っぽい雰囲気がある運のよい人たちでしょうか。

自分から見た異性の「色っぽさ」を考えてみてください。はつらつしたセクシーさとは、少し違うイメージがありますよね。性的魅力を直接感じることのできる「セクシー」な人は、明るい性格で、自分のセクシーさをこれでもかと他人に見せる傾向にあります。

しかし、色っぽい人たちはどうでしょう。彼らは、男女に関係なく、露出が激しいわけでも、スキンシップが多いわけでもありませんね。ちょっとした仕草、雰囲気、話し方や性格で、見ていて色気を感じるものがあるはずです。それでは、このような色っぽさはどのように出すことが出来るのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

色っぽいとは?

色っぽい、つまり「色気がある」人たちは、艶っぽい、粋、エロティック、官能的、という言葉でも表現できるかもしれませんね。つまり、一般的に性的欲求をあからさまに表現している人たちとは違い、自然と内側から湧き出るような、内なるセクシーさが垣間見える人たちの事だといえるでしょう。

その色っぽさを出すためには、飲み会の時に狙った相手にその時だけ色気を漂わせようとしても難しいものがあります。なぜなら、色気は習慣化したものが多く、そのときだけ真似て行っても不自然になってしまうからです。

色っぽさはトータルで見られることも多く、異性を見て「色っぽいな」と感じる人でも、自分がなぜその人に対して色気を感じているのかが分からない場合も多いのです。それは、その人全体の雰囲気が色っぽく出来上がっているからだといえるでしょう。

ここからは、色っぽい女性と男性それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。自分には色気がないと諦めず、色っぽい人たちの特徴を真似てみてください。毎日の生活で、周りにいる色っぽい人と見比べながら、そのテクニックを自分のものにすることが出来れば、今日からあなたも異性を虜にすることが出来る、色っぽい人となれるでしょう。

色っぽい女性の特徴

ギャップがある

男性がグッとくる女性の色っぽさとして、ギャップがあることがまず挙げられます。仕事中は真面目にしているのに、オフィスから出た帰り道で、柔らかい笑顔で過ごしていたり、休みの日には少し隙があるような違う雰囲気を見ると、ドキッとしてしまうことがあるようです。

ギャップを感じさせるのに大事なのは、オンとオフの使い分けです。男性が色っぽいと感じるのは、女性が考えるセクシー路線とは違います。色っぽくなりたいからと、常に過剰に色気を漂わせようとすると逆効果になりますよ。

潤った唇ときれいな歯

男性が、女性の顔のパーツで一番色気を感じるのは、唇です。このポイントが乾燥していたり、ガサガサして荒れていたり、全く色がなくて抜け顔に見えてしまうと、色気を感じないどころかだらしなく見られてしまいます。

女性は、メイクをするときには、ついついアイメイクに力が入ってしまい、時間がない朝でも、アイラインだけはしっかりと描く人も多いことでしょう。しかし、色っぽくなるために一番大切なのは唇の潤いだと覚えておきましょう。

当然、きれいにケアされてつやのある唇から除く歯が黄ばんでいたら幻滅してしまいます。美しくて白い歯を保つ努力も大切です。

話し方や振る舞いが控えめ

女性らしい魅力とは、男性には見ることのできない、女性だけの色気です。女性にしかできない、ゆっくりとした動作や、柔らかい動きなどを見ると、男性はクラクラとしてしまうことが多いそうですよ。

女性らしく、しっとりとした雰囲気を出すためには、早口で話したり、ガサツな動作を控え、おっとりとした話し方や、一歩下がったような控えめな態度をとると効果抜群です。仕事が出来、社会的に活躍している女性でも、話し方、振る舞い方で「女性らしい色気」を作り出すことが出来るんです。

服装を使い分ける

女性らしい服装といえば、スカートですよね。いつも女として見られたいから、毎日スカートやワンピースを着ている人もいるかもしれません。しかし、前述したように、男性はギャップに引かれることが非常に多いために、普段はズボン、大切な時はスカートという様に服装を使い分けることでさらに女性らしさがアピールできます。

ズボンといっても、ストレッチで体のラインがきれいに見えるものを普段からチョイスしましょう。そして、飲み会や特別の行事の時だけ、いつもの自分とは違った雰囲気にしてくれるスカートを履いてみてください。きっと、周りはあなたの脚に目が釘付けになってしまうことでしょう。

色っぽいファッションを取り入れている

色っぽい人は、自分に似合うファッションを理解し、それを美しく着こなしています。普段のワードローブを整理して、色っぽいファッションを毎日どこかに取り入れるようにしてみましょう。

例えば、後ろがVネックになっているものや、スリットが入っているスカートは、自分の無防備な部分が見えてしまうために、ついつい男性も見てしまう、色気のあるファッションです。

また、首、手首、足首など、体の細い部分が見えるファッションも男性には女性らしさを感じさせることのできるものになります。たとえば、鎖骨まで見えるボートネック、オフショルダー、7分袖の細身のトップスや、ヒールに合わせたクロップドパンツなども、女性らしい色っぽいファッションだと言えるでしょう。

色っぽい表情や仕草が出来る

ファッションや話し方だけでなく、表情や仕草を色っぽくすることも効果的です。わざとらしくない上目遣いや、目を少し伏せたような色っぽい目線、ぷるっとした唇を指で少し触れてみたり、女性らしい首に手を当ててみたりするなど、目の動きや手の動きで、色っぽさを感じる個所を強調すると効果的です。

他人は、あなたを見ているときに、あなたが実際に目で見ている場所につい目を奪われます。例えば、あなたが自分の肩に目を向けたときには、あなたを見ている人はその肩を見てしまうのです。

ですので、自分で色気を強調したい場合には、自分のスカートのスリットをチラ見してみたり、細い手首をしならせて見てみるのもよいでしょう。目が届かない場所は、手で柔らかく触れることによって自然に協調できますよ。

立ち方や歩き方が美しい

色っぽく綺麗に見せるためには、美しい姿勢が大切です。背筋が曲がっていたり、歩き方がだらしなかったりというのは、色気を出す以前に直すべきものです。立ち方、そして歩き方がきれいでしなやかであると、女性らしい凛とした美しさ、そして柔らかさを垣間見ることが出来ます。

背筋をまっすぐにするためには、腹筋に力を入れ、胸を張って目線を高くしましょう。これは、立っているときも座っているときにも常に行うようにしてください。それだけで、普段使わない筋肉も引き締まり、女性らしい体型を作ることにもつながります。

立ち方としては、足が長く見えるように少し交差させたり、片足を斜め前に出してみる。そして、歩くときには、軽くヒップを揺らしながら、肘を体に寄せて歩くと、女性らしい美しい色気を醸し出すことが出来ます。あくまでも自然に行い、お尻をプリプリとわざとらしく動かしすぎないようにするのがコツです。

髪形に変化を付けている

色気のある女性は、髪形にも自分のこだわりがあるようです。髪の毛というのは、顔周りにあるものですから、当然自分に似合っていると言う事が前提です。男性が色っぽいと思うのは、普段見えないところがちらっと見えたりする動作です。

似合うのであれば、思い切りショートやまとめ髪にして、うなじ部分を強調してみたり、ロングヘアにボリュームを出して、顔周りに風になびくように垂らしてみるのも効果的です。

また、「揺れる」動きは女性特有のものですから、高い位置にポニーテールを作ったり、毎朝しっかりとブローして、動くたびに緩やかに動きのある髪の毛を作り出すのも色っぽさを作るのに役立ちます。

つやのあるメイクをしている

メイクで色っぽさを演出する事ももちろん可能です。色っぽいメイクというのは、全体的に透明感があり、艶っぽさを感じることのできるものです。

ファンデーションは、パウダーで厚塗りにしてしまうと、隙が全く見えずに、男性も近づきにくいと感じてしまうのだそうです。女性は、シミや肌荒れを隠そうと必死に塗ることを考えますが、それよりも薄付き、少しくらい肌の荒れが見えていた方が、色っぽさはアップするんですよ。

そして、目元、チーク、リップすべてに艶感を出してみましょう。アイシャドウは、色が薄めで肌なじみの良いカラーを使い、パールでツヤを足しましょう。

チークも、ほんの少しパールや細かいラメが入っているものがお勧めです。リップは、濃い色になりすぎないよう、こちらも肌なじみの良いコーラル系で、グロスを忘れずに塗ってみてください。あっという間に色っぽい顔が出来上がります。マットで厚塗りのメイクには今日でおさらばしましょう!

飲み会で顔が赤くなる

お酒を普段からあまり飲まない人は特に、飲み会で顔が赤くなりますよね。こんな風に、お酒が入って頬が赤らむと、色っぽい雰囲気満点になりますよ。

飲みすぎて顔全体が真っ赤になると、逆に恥ずかしいですから、適度に頬が赤らむ程度になるようにしてみてください。どうしても、たくさん飲んでも顔が赤くならない、お酒に強い人は、飲み会の時にはチークを少し足してみるなど、メイクで演出しても同じく効果があります。

魚の刺身などを美味しそうに食べる

生ものを食べるときの仕草がたまらない、という男性は実は多いようですよ。魚の刺身など、柔らかいものを口にほおばる仕草に色気を感じるのだそうです。食べているときの唇のテカりや、みずみずしい雰囲気にそそられると言う事でしょう。

飲み会の時には、食べる仕草だけでなく、食べるもののチョイスにもこだわって色っぽい女を目指したいですね。

ボディケアが出来ている

せっかく雰囲気は色っぽいのに、肌がガサガサしていたり、手が乾燥していたり、座敷に上がるときのかかとが真っ黒だったりすると、残念な印象になってしまいますよね。季節に関わらず、一年中ボディケアを怠らないようにしましょう。

そして、意外と男性がセクシーさを感じるのが、わきや膝の裏などだそうです。女性としては、こんな個所を見られるなんて恥ずかしいと思いますが、その恥ずかしいところに色っぽさを感じるのだそうですよ。夏は意外と見られている個所ですから、毛の処理が不十分だったり、においが気になるようなことがないようにしましょう。

吐息が漏れるような歌い方をする

飲み会の後のカラオケでも、色っぽさを発揮しましょう。女性は特に、声量のある歌い方や、歌うときの仕草よりも、吐息が漏れるような、少し柔らかい声で歌うと色気がたっぷりになりますよ。

歌が上手かどうかよりも、色気を出すことが目的ですから、マイクを両手で持ち、しとやかに歌ってみましょう。お酒が入った男性なら特に、一気にメロメロになってしまうかもしれません。

色っぽい男性の特徴

筋肉と脂肪のバランスが良い

男性にも、女性と同じく、色っぽさを出すポイントを抑えれば、目に見えて効果は現れます。男性を色っぽくする一番の方法は、男性らしい筋肉のついた体つきを目指すことです。

女性には無い、硬い筋肉が、女性から見ると色っぽくて憧れのもとになりますよ。洋服を着ているとわからなくても、暑い時期やビーチで脱いだ時にソフトマッチョだったりすると、色っぽさ満点です。

背筋が伸びていて姿勢が良い

男性でも姿勢は大切です。男らしい広い肩幅や、引き締まったウエスト、そして腕の立派な筋肉なども、姿勢が良ければその分強調されます。色っぽさで有名な世界のセレブや日本の俳優たちを見ても、姿勢が良い人たちがズラリ。

せっかくいろんな面に気を使っていても、姿勢が崩れてしまうと色っぽさが激減してしまうんですよ。逆に、筋肉があまりなかったり、体つきに自信がない人でも、背筋を伸ばしているだけで自信にあふれているように見え、それが男性らしい色気に繋がります。

清潔感のある髪形や口元

清潔感は必須です。男性は女性よりも、少しくらい汗臭かったり、口元が汚れていても大丈夫だと思っている人が多いようですが、女性から見ると清潔感の無い男性は受け付けられません。ボサボサの髪形や、歯に何かが詰まっていたり、唇が乾燥していると、色っぽさのかけらもありません。

朝、時間がなくても、見た目だけでも清潔感が現れるよう、多少は髪形を整えるようにしましょう。また、色っぽさの象徴である口元は常に清潔に、ガムなどで口臭防止に励むのもよいでしょう。また、食事中は、口の中に食べ物が入ったまま話したりすることもないように気を付けてください。

レディーファーストができる

女性に席を譲ってあげたり、車のドアを開け閉めしてあげる、食事の際にもワインを注いであげるなど、レディーファーストが自然とできる男性は、女性から憧れの目で見られるものです。

レディーファーストの文化は日本にはあまりありませんから、慣れてない男性が多いと思いますが、これが自然に身につくまで、常に意識して行うようにしましょう。そして、レディーファーストを行うときには、女性の目を優しく見つめるようにすると効果抜群です。色気があり、男らしく包み込まれる雰囲気に女性は虜になってしまうでしょう。

顔の特徴が色っぽさに

自分の顔にコンプレックスを持っている人もいるかもしれませんが、自分の顔の特徴を生かすことで、より色っぽい顔に近づくことが出来ますよ。

唇が厚いのは生まれながらのセクシーの象徴になり、切れ長の目は日本人らしいきりっと男らしい色っぽさが表現できます。ワイルドな風貌がある人は、髭を整えて、ダンディーで魅力的な男を目指しましょう。

自分の顔のタイプに似た有名人をみつけて、それを目指して色気を醸し出す努力をするというのも一つの手段です。分かりやすいタイプが居ると、ファッションなども参考にでき、一気に色っぽさを出すことが出来るようになりますよ。

スマートな仕草

焦りが見えたり、いつもバタバタと働きアリのように動き回っていると、男性らしい堂々とした姿を見ることが出来ません。常に、自分を客観的に見て、自信を持ったスマートな仕草を身につけましょう。

レストランの支払いの際に、女性に気付かれないように支払いを済ませて堂々と店を出れるようにしたり、女性の失敗などを自然にフォローしてあげたり、そんなスマートな仕草には女性は憧れており、色っぽい大人の男性だと印象付けることが出来ます。

表情や雰囲気が自然に色っぽい

特に何が色っぽいかは分からないけれど、一緒にいるだけで色っぽさを感じる人もいますよね。これも当然、毎日の習慣化した仕草や表情によるものですので、色っぽさを出す要素を研究し、それを習慣化させる努力が必要です。

例えば、声が落ち着いている、柔らかい雰囲気がある、ミステリアスな感じがする、というのも色っぽい要素になります。大きく言えば、落ち着いた、大人の、はしゃぎ過ぎない雰囲気ですね。年を重ねていなくても、落ち着いた雰囲気やゆっくりした表情で自然の色っぽさが表現できますよ。

体を魅力的に見せるファッション

いくら筋トレをしていても、それを披露する場所がなければ、なかなか色っぽさをアピールすることが出来ないかもしれませんね。男性の場合は、モテるのを意識した容姿になれるように、ファッションを賢く選択するとよいでしょう。

例えば、厚い胸板や、太い腕を目立たせるような素材、形のTシャツや、鍛えたヒップにピッタリとしたヴィンテージのジーンズ、薄くてフィットした、セクシーなシャツなど、女性に男性らしさをアピールできるファッションに代えてみましょう。

これらの洋服を堂々を着こなせば、魅力的な体に見え、道行く人々にも色っぽいと思わせることが出来るでしょう。

無駄なアピールをしない

色っぽくなりたいからと言って、あまりセクシーなファッションや仕草になりすぎたり、ナルシストのように鏡があるたびに自分の筋肉を見つめるようなことは辞めましょう。

大人っぽい、内側からあふれるような色っぽさは女性も大好きですが、いかにも周りにアピールしているような感じになってしまうと、女性だって引いてしまいますよ。

あくまでも自然に、近寄ったときにハッと気づくような、そんな色気を目指してみましょう。

声量のある甘い声で歌を歌う

男性の場合は、カラオケの時には甘い声で歌ってみましょう。女性に語り掛けるような、優しくて、そして声量のある声で歌うと、女性もつい聞き入ってしまうでしょう。

女性は、男性に、強さと優しさを求めます。それを表すように、男性らしい声の強さ、そして女性のために歌うような繊細な雰囲気を作り上げることが出来ると、色っぽさも満点です。

まとめ

どれも自然で、すぐに実行できそうなものばかりでしたね。毎日、色っぽい人に近づけるように、自分の姿勢や動き方を変化させ、習慣になった悪い癖を改善しましょう。

当然、仕草やメイクアップで大きな変化を作ることはできますが、可能であれば男女ともに、筋トレなどで体を健康的に、メリハリのあるものにできれば、色っぽさはさらにアップしますよ。

異性からモテる、憧れの色っぽい人になれるよう、是非トライしてみてください。

-魅力的な女性

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.