もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

前髪

前髪ポンパドールって万能かも!?簡単なやり方と7つのアレンジ紹介します!

投稿日:2017-06-17 更新日:

おでこを見せる前髪アレンジの代表とも言えるポンパドールには、明るく元気なイメージがありますよね。伸ばしかけのの前髪もすっきりかわいくアレンジすることができるのに、とっても簡単に短い時間でできるところもポンパドールの良い点です。またアレンジの工夫次第で、いろいろなシーンに対応できるのもポンパドールのスゴイところです。そんな前髪ポンパドールの基本の作り方やコツ、7つのおすすめアレンジを紹介します!

前髪ポンパドールの作り方を教えて?

おでこを見せる前髪アレンジの代表、ポンパドール。とっても簡単にできるアレンジなのにかなりイメージが変わります。寝坊してしまって時間のない朝や、前髪の長さが中途半端な時にも大活躍するアレンジなので、覚えておくととっても便利です。

シンプルなポンパドールには元気でさわやかなイメージがありますが、編み込みやカチューシャをプラスするなどのアレンジを加えると、ガーリーにもゴージャスにも変化させられるんです!いろんなシーンで活躍するアレンジ、「前髪ポンパドール」についてご紹介します!

前髪ポンパドールって、どうなの?

伸びかけの中途半端な長さの前髪をすっきりアレンジできる、便利でおしゃれな前髪ポンパドール。短い時間でささっと簡単にできるうえ、いろいろ応用できるので、覚えておいて損はない髪型です!まずは前髪ポンパドールの基本について、いくつかのポイントを大まかにご紹介します。

そもそも「ポンパドール」って何?

そもそも「ポンパドール」というのは、ポンパドール夫人というオシャレな方がいて、その人がやっていた髪型なんだそうですよ。8世紀のフランスという、とても古い時代の人ですが、とてもオシャレな人だったのではないでしょうか。みんなが真似して、今に至るということです。

正式な「ポンパドール」は本来、前髪を大きく膨らませて高い位置でまとめてピンやバレッタで留め、襟足もあげて後頭部でまとめるそうですが、今では前髪だけをまとめる進化したポンパドールが人気となっています。

前髪ポンパドールはふっくら感が大事!

前髪ポンパドールを可愛く仕上げるために大切なのは、「ふっくら感」です。前髪にボリュームがないと、せっかくのポンパドールも古くさくてイマイチな感じに仕上がってしまうのです。ボリュームが足りない場合は、前髪をまとめる前にコームを使って逆毛を立てておくのがポイントです。ポンパドールにボリュームを持たせてふっくら仕上げることで、小顔に見せる効果も期待できるんです。

前髪ポンパドールが似合うシチュエーションとは?

「やってみたいけどむつかしそう…」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、前髪ポンパドールは慣れてしまえばとっても簡単です。

しかもポンパドールは、加えるアレンジ次第で、アウトドアやスポーツなどの日常的でカジュアルな場面から結婚式やパーティのような華やかなハレのシーンまで、どんなシチュエーションにも対応できます。基本のポンパドールをマスターしておけばどこでもお出かけできてしまうという、とっても便利なアレンジなのです。

前髪ポンパドールの男ウケは?

前髪ポンパドールの男ウケはどうなのでしょうか?やっぱり気になるところですよね?実は残念ながら、男ウケがとても良いという訳でなさそうなのです。その理由としては、ポンパドールは「リーゼントに見える」「キツく見える」「怖い」といったものがあるようです。男性は、ファッションに関して保守的な人が多いせいかもしれませんね!?

男ウケは良いとは言えない前髪ポンパドールですが、前髪をあげておでこを出すことで顔がスッキリと見えて、清潔感と清楚感はぐんとアップします。1回目のデートや気合いを入れたい合コンなどでは、様子見のために前髪ポンパドールは避け、清潔感や清楚感をアピールする場面で投入するのが良いかもしれません。

前髪ポンパドールの作り方は簡単にできる?

前髪ポンパドールは、一度コツをつかんでしまえば、短時間で簡単に作ることができます。失敗しない前髪ポンパドールの作り方を、順を追ってご紹介します!

前髪を立てる

まずは基本の作り方をマスターしましょう!最初に目尻から目尻までの幅の前髪を耳の後ろくらいまで取ってまとめます。取る奥行きはお好みで調節してください。取った前髪の束の後ろ側にコームを当てて、髪の中間から根本にかけて小刻みに動かして、逆毛を立てましょう。

逆毛の量はお好みで調節してください。しっかり立てれば立てるほど、ボリューミーなふんわりポンパドールになります。

よりしっかりボリュームを出すためには、ポンパドールを作る前にホットカーラーやコテで前髪にカールをつけておくと上手くいきます。ホットカーラーを使う場合は前髪の根本の方までしっかり巻いて約1分おき、巻きクセをつけておきます。

コテを使うなら毛先から根本の方までさっと巻いておきましょう。カーラーをはずした時に、頭のてっぺんでクルンとなるくらいが良いようです。

次に、基本のポンパドールの時と同じように逆毛を立てます。丁寧に逆毛を立てることで、ふんわりとしたボリュームを出すことができます。コームでは物足らない場合は、ブラシを使うとしっかり逆毛を立てることができますよ。

毛束をねじる

しっかり逆毛を立てた後は、髪の中間から毛先にかけて1回半~2回くらい緩めにねじります。この時、髪の根本のふんわり感をつぶさないように、きつくねじりすぎないように注意してください。

ピンで留める

ねじった毛束を後ろに倒したら、少し前に押し出すようにしてポンパドールの高さを出します。似合う高さに調節したら、その場所で毛束を手でしっかり押さえ、毛束の残りの部分は平らにして後頭部の方へ沿わせます。

次に2本のピンをクロスするように打って、手で押さえている部分をピンで固定します。アメリカピンやボビーピンを使うのが一般的です。実はポンパドールの一番のポイントは、このピンの留め方です。上手な留め方のコツは、髪の毛の流れや留めたい方向とは逆の方向からピンを打つということです。

髪の毛の流れに沿って留めてしまうとピンが浮いたり取れたりしてしまい、たくさんのピンを使っても上手く留まらないのです。

また、ピンを打つ前にもう一工夫しておくとピンがしっかり止まるのでぜひやってもらいたいのですが、ピンを打とうと思っている部分の髪に、先にスプレーをしてみて下さい。ピンの止まり方が全然違いますよ。ピンを打つ時は、ピンの波打っている方を下にして、ピンのカーブになっている方を持ちましょう。そうした方がしっかり留めやすくなります。

また髪の量が多い人などは、アメリカピンやボビーピンでは髪の毛が落ちてきやすいかもしれません。そんな場合はスリーピン(いわゆるパッチン留め)がおすすめです。バチンとしっかり留めることができるので、よく動く人でも安心です。

全体を整える

ポンパドールをピンで留めたら、仕上げに全体を整えていきます。後れ毛が出ているような場合には、スプレーやワックスを使って処理します。つけすぎると重くなってしまうので、ポンパドールのふんわり感をつぶさないように、軽く少量をつける程度にしましょう。また好みで、ピンを打った部分に飾りピンやビジューピンなどのヘアアクセサリーをつけても可愛いですね。

素敵な前髪ポンパドールアレンジ

基本の前髪ポンパドールをマスターしてしまえば、いろいろな応用アレンジも簡単です。お洋服やメイクに合わせて少し手を加えれば、「お出かけモード」なポンパドールになっちゃいます!いろいろ楽しんでみてくださいね。

ふっくらボリュームポンパドール

毛先をサイドに持っていくだけで、トップにボリュームが生まれて、華やかなポンパドールになります。トップにボリュームが生まれるので、小顔に見せる効果も期待できそうです。前髪が長い人はもちろん、ボブの人にもおすすめなアレンジです。

黒目から黒目の幅くらいで前髪を取って毛束を作り、逆毛を立てたら毛先をどちらかのサイドへ寄せます。1回半~2回くらいゆるくねじったら、今度は逆サイドへと毛先を持っていきます。頭のハチの位置で毛束をピンで留めます。

バランスを見ながら、指先を使って毛束を少し引っ張り出してニュアンスをプラスしたら完成です。崩したくない人は、全体に軽くキープスプレーをしておきましょう。

前髪ツイストポンパドール

ねじりテクを使ってポンパドールを作れば、とってもキュートな前髪アレンジになります。まずは、前髪をセンターパートに分けます。この時、コームの先を使ってちょっとジグザグに分けておきましょう。分けたら目尻までの前髪を取って束にして、さらに上下3つに分け、3つの束を交互に交差させながらねじっていきます。

ねじった毛束は、目尻からの延長線上にピンで留めます。鏡を見ながらねじった毛束から前髪をすこし引き出し、ふんわり感を出します。反対側の前髪も同じようにねじって留めたら、トップの髪に逆毛を立ててボリュームを出します。スタイリング剤をつけて、全体のシルエットを整えたら、最後にキープ力のあるスプレーを振って完成です。

前髪に長さのある人は、ねじって留めた後の毛束を後ろに持っていって留めれば、清楚なハーフアップ風になります。後ろで留めれば、前髪の重みでシルエットが崩れることもありません。

ショートヘアの前髪ポンパドールアレンジ

前髪に頭の後ろまで折り返すだけの長さがないショートヘアの場合は、どうしてもちょっと寂しい印象になりがちです。そんなショートヘアの場合は、頭の中央から前髪にかけて思い切って逆毛を立て、その前髪を横に流して前で留めると、かわいく仕上がります。

ヘアスプレーを吹き付けながら、ポンパドール部分の形を整えたら完成です。まだ見た目が寂しいようなら、ヘアアクセサリーをプラスしてもいいですね。

ポンパドールとカチューシャ

ポンパドールを留めたピンの上に、仕上げにカチューシャをつけるのも簡単にできるのに華やかに仕上がるアレンジです。カチューシャは大き目のチャームがついた細めのタイプを使った方がバランスが良いようです。ポンパドールとカチューシャのインパクトで、小顔効果も狙えますよ。

編み込みポンパドール

前髪で編み込みを作ってからポンパドールにする「編み込みポンパドール」は、立体感とふんわり感が素敵なアレンジです。編み込みができる人にとってはそれほど難しくはありませんが、とっても手が込んでいるように見えるので、注目されること間違いなし!なアレンジです。これもある程度、前髪の長さがある人向きのアレンジです。

まずはポンパドールを作る前のした準備として、髪全体をコテで軽く巻いておきましょう。次に目尻から目尻の幅で後頭部までざっくりと毛束を取り、編み込む部分を決めます。両方の手の平にワックスをつけて、編み込む部分全体にまんべんなくつけておきます。ワックスは硬めの物がおすすめです。軽く逆毛を立てたら、前から後ろへ向かってゆるく編み込みます。

毛先まで編み込まずに3~5回編んだらそこをピンで留めます。編み終えたら、指でつまんでかるくほぐすと、かっちりしすぎずニュアンスのあるポンパドールのできあがり。顔まわりや毛先は、コテでワンカールさせるとふんわりフェミニンに仕上がります。

ポンパドールとポニーテール

ポンパドールとポニーテールも、相性バッチリな組合せです。普通のポニーテールもポンパドールをプラスするだけで、一気にこなれ感が漂うから不思議です。まずは、目尻から目尻の幅を目安に毛束を取り、ポンパドールを作ります。ねじってピンで留めたら、残りの髪の毛を取ってポニーテールにします。あまりきっちりまとめず、手ぐしでざっくりラフにまとめましょう。

ポニーテールを結ぶ高さを変えるだけでも、ガラッとイメージが変わるアレンジです。自分に似合う高さを探してみるのも楽しいですね。ポンパドールを留めたピンが気になる人は、ターバンやバンダナを巻いて隠してしまうのもおすすめです。

ポンパドールとハープアップアレンジ

ポンパドールを作った後に、顔まわりの髪をまとめてハーフアップにすれば、すっきり上品なイメージに仕上がります。ふんわりゆるくポンパドールを作って、ハーフアップもラフにまとめれば、カジュアルなイメージにもできます。適度に後れ毛を作れば、小顔効果も狙えます。

シーン別!前髪ポンパドールアレンジ

どれもやってみたくなる前髪ポンパドールアレンジですが、それぞれ「似合うシーン」はあるのでしょうか?洋服と同じように、ヘアアレンジもTPOに合わせられたら素敵ですよね?シーン別のおすすめポンパドールを紹介します。

学校におすすめの前髪ポンパドールはコレ!

ささっと短時間でできる前髪ポンパドールは、忙しい朝にぴったり。学校におすすめなのは、あまり作りこまないラフなポンパドール。ポンパドールとまとめ髪を合わせてまとめるアレンジなら、勉強に集中したい時にもぴったりです。ねじりテクを使う前髪ツイストポンパドールも、清楚で可愛いので制服にもマッチしやすいですね。

オフィスにおすすめなのは、作りこまないハーフアップ

顔まわりがすっきりしていて清潔感があり、前髪が落ちてこないポンパドールは、オフィスにもぴったりです。ポンパドールとハーフアップを合わせて、清潔感を強調しましょう。オフィスではあまりボリューム感を出し過ぎず、ちょっと控えめなポンパドールにしておいた方が年配の方のウケがいいかもしれません。

結婚式やパーティには華やかポンパドールで

結婚式やパーティといった華やかなシチュエーションなら、ヘアアレンジも思い切り楽しめそうです。ポンパドールもボリュームやふんわり感を出して、大胆にアレンジしてみましょう。編み込みポンパドールやポンパドール・ポニーテールもおすすめです。ポニーテールは高い位置でまとめて、カールさせた毛先を遊ばせることでゴージャスなアレンジになります。

浴衣や和服におすすめなのはポンパドールとポニーテール

全体的にすっきり仕上がるポンパドール・ポニーテールは、実は浴衣や和服にもぴったりなんです。上品に仕上げるポイントは、サイドの髪をすっきりタイトにまとめることです。正面は上品かつクールに仕上げる代わりに、後ろの毛をカールさせてランダムに仕上げると、若々しい感じに仕上がります。

後ろの毛もタイトにまとめると、落ち着いた和装用のヘアになります。ポンパドールの高さはしっかり出した方が、浴衣や和服に似合いやすいようです。ゆるめのポンパドールで色香をプラスしてみてください。

前髪ポンパドールはこんな人におすすめ!

短時間で簡単にできて、伸ばしかけの前髪もおしゃれにアレンジできるポンパドールは、本当に便利な髪型です。ますは基本のポンパドールの作り方を覚えておけば、寝坊した時や忙しい時にも大活躍します

。またおでこをすっきり見せることで、清潔感がアップするのはもちろん、前髪が落ちてこないので視界も開けます。何か作業をする時や車を運転する時、家事をする時などにも、前髪ポンパドールはとっても便利なんです。

ただ時短・簡単・便利というだけのヘアアレンジでは味気ないですが、前髪ポンパドールならおしゃれ心も満たしつつ、機能性もバッチリなので、ぜひ毎日のヘアアレンジに取り入れてみてはいかがでしょうか?

-前髪

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.