もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

魅力的な女性

秋田美人の謎!なぜ美人が多いのか?秋田美人の特徴的な白い肌は環境の影響によるものだった?!

投稿日:2017-05-30 更新日:

日本三大美人の一つといえば、秋田美人ですよね。透き通るような透明感のある白い肌は、男性も女性も魅了される不思議な空気が漂っています。それは環境による影響なのか、それとも…。秋田美人のルーツやその魅力を今回ご紹介していきます。これを見たらきっと秋田美人の魅力についてさらに興味が湧いてくることでしょう。

秋田美人の秘密に迫る

秋田美人はきめ細かい肌でキレイ。それは日本人であれば、ほとんどの人の共通認識で存在しているイメージではないでしょうか?芸能人も多く排出しており、加藤夏希さん、壇蜜さん、佐々木希さんなど代表する美人は数多くいらっしゃいます。

しかし、なぜ美人が多いのでしょうか?理由については知らない人が多いと思います。一説では寒い環境の影響などいわれていますが、実際はどうなのでしょう?そこのところ詳しく調べてまとめていきたいと思うので、一緒に見ていきましょう。

また余談ですが、秋田美人というのは、日本共通の認識だとよくわかるのが、番組や雑誌またはお店の名前に採用されることの多さからも伺えます。お店でいうと盛岡にあるホルモン店が、秋田美人という名前のお店で美味しいと評判になっています。数多くで採用されていることで、認知度がよくわかりますね。

秋田美人の基礎知識

秋田美人とは

秋田美人とは、秋田出身の美人のことを指します。具体的にいうと秋田県を含む日本海側の女性は肌が白いので美人が多いという説があるのです。日本海側は全国的に見て日照時間が少ないことから、紫外線による影響が少ないといわれています。そのため、色白の美人が多いのかもしれませんね。

その上、冬季は積雪が多く、屋内にこもりがちになることも『雪国の人は肌が白い』ことの原因として考えられています。確かに外出をしなければ、外気にさらされることも、日光による紫外線の影響も受けにくいので、美肌になる可能性は十分ありえますね。

また内面の美人度が高いことも評価されているといいます。特徴としては、穏やかで優しい印象があるようです。方言も特徴的で、その影響もあってかあまり前に出ず、一歩後ろを歩くような日本人の理想とされる美人像として、例に挙げられることもあるそうです。

日本三大美人って何?

日本には『美人産地』と呼ばれる、美しい女性の多い地域が存在します。そのことから美しい女性のことを指す、『日本三大美人』という呼び方が生まれました。その三大美人というのが、京美人・博多美人・そして、秋田美人といわれています。

京都美人は上品で我慢強く、自分の意思をしっかり持っている芯の強い女性が多いといわれています。博多の女性は肌が白く、人当たりのいい明るい性格で商売上手という特徴があります。秋田美人は、色白で目鼻立ちのハッキリとしたキレイな方が多く、それぞれ違った魅力をもっていることがよくわかります。

その中でも秋田美人の魅力を紹介すると自分を売り込むのが上手な男性に好かれやすい性格、そしてオシャレな外見という意見が多かったようです。また男性をいい気分にさせるのが上手いという特徴もあるようなので、奥さんにするといつまでも素敵な家庭で幸せな環境になりそうな感じがしますね

秋田美人に関する研究

実は秋田美人に関する研究が進められていたことがあるのです。1966年(昭和41年)、秋田県湯沢市の医師である杉本が、女性の色の白さの計測結果を文藝春秋 (雑誌)8月号で発表した結果では、下記のように色白の方の割合が統計で計測されました。

・秋田県南三郡の統計は30.5%。
・秋田県全体の統計は29.6%。
・日本人の平均は22.0%。
・白人の比率は40.5%。

このように秋田全体で色白の女性が多いことが発表されました。実際にこういうデータが残っているということは、やはり秋田美人は美肌だということが、証明されたということなのでしょう。目で見ても秋田の方はキレイな方が多いですし、研究結果に異論はないでしょう。

秋田美人の特徴

白く美しい肌

秋田美人の特徴といえば、まず初めに白くてきめ細かい美しい肌ということが、一番に頭に浮かびます。なぜこれ程美しい肌をしているのでしょうか?一説では寒い環境での生活で、肌が引き締まるからだということがいわれています。

肌には温度に合わせて血管を拡張・伸縮させ、一定の皮膚温度を保つ役割があります。寒い地方では、温度差の激しい室内外の出入りを繰り返すことにより、毛細血管の収縮力が下がり、皮膚の温度を下げないよう毛細血管は拡張したままとなります。血行が良ければお肌の状態も良くなります。

このように血行の良い状態は、肌の艶やかさにとって非常に良いことが立証されています。湿度を東京と比較すると、湯沢の約75%に対して東京では約60%と大きい開きがあります。この結果から環境によって秋田美人の美肌が作られていることがわかりましたね。

大きな目に二重まぶた

目がキレイな女性に、心惹かれる男性は多いはず。男性だけではなく、女性にも羨望の目を向けられる大きな目にくっきり二重なのが、秋田美人の特徴です。秋田美人は目がキレイなため、顔が整って見え、化粧なしでも圧倒的な美しさを誇るのだといいます。

また大きな目の女性は、性格が優しそうで、明るいというイメージを持たれるということがわかっているので、それが直接秋田美人のイメージに繋がっているようです。実際、大きなキレイな目の秋田美人に見つめられるとドキッとするのではないでしょうか。

ハーフのような顔立ち

秋田美人の特徴で口をそろえていわれるのが、ハーフっぽいということです。美人の定義に含まれるかは分かりませんが、秋田美人には、彫が深くて一見ハーフにも見える均整な顔の女性が多いという意見が多数届けられています。

秋田県出身の芸能人、佐々木希さんも一時期ハーフみたいと話題に上がったこともある程、完全な日本人というよりもハーフのような華やかさを兼ね備えている印象があります。実際に、秋田人はロシアとのハーフではという一説が浮かんだ程です。

その一説も遺伝子的には何も証明するものがないといわれることから、違うのかもしれません。また原住日本人アイヌ人の血が濃いので美人なのではという意見もあるので、一体どれが真実なのかはわかりませんが、秋田美人について注目が集まっているということは、よくわかります。

すらっとした体型

秋田美人の人は、すらっと背が高い人が多いといわれています。また背が高いことに加え、手足が長いのも特徴的な印象があります。歩いているだけで絵になる秋田美人は、肌だけではなく、体型に関しても目を見張る努力がなされているのでしょうね。

しかし、補正下着の製造・販売などのダイアナが、保有する80万件を超えるコンサルティングデータを使った都道府県別の女性体型メリハリ度では、最もメリハリボディの体型美人が多かったのは三重県だったそうです。肝心の秋田県は42位と意外な結果でした。

ちなみにデータは、ウエスト、太もも、ヒップ、バストのサイズと、身長のデータから「PI(プロポーションインデックス)値」を算出したものです。もっとも、日本的な美人がメリハリボディとは限らないので、一概にこの結果が全てとはいい切れないでしょう。

穏やかな性格

昔から、東北の女性は控えめでしおらしいとよく言われています。男性や年配の人を敬う賢さや、細かい気配りが出来る女性らしさ、決してでしゃばらない謙虚な姿勢、どれをとっても美人の要素をたっぷりと持ち合せています。そのことから穏やかな大和撫子のような印象があるのでしょう。

また穏やかな性格に見えるのには、秋田弁の言葉遣いも関係しているようです。標準語や関西弁などに比べると柔らかい印象があり、その影響もあってか、方言が好きな方にも秋田の言葉は好まれているようです。こういった言葉遣いからも内面のキレイさが伺えるのかもしれません。

内に秘めた情熱

秋田美人には芯が強く、意志を貫く情熱さが兼ね備えられているといわれています。その理由は見た目が控えめ、または真面目なのに秘めた情熱を抱えている印象があるからだそうです。確かに活躍している芸能人の方でも情熱が感じられる方は数多くいらっしゃいます。

例えば、秋田県出身の芸能人、檀蜜さんはバラエティ番組での受け答えがとてもしっかりしていると評判です。しかし、グラビアで見せる溢れ出すセクシーさは女性が見ても目を見張るものがあります。そんなギャップに情熱が感じられ、心揺さぶられるものがあるのかもしれません。

独特の方言

京都弁や関西弁とは違う魅力が秋田弁にはあります。語尾に付け『~だべ』から、『鍋っこ』など名詞に『こ』を付ける独特の方言が印象的です。野暮ったいようでいて可愛らしい、実に味のあることから定評があります。色白の秋田美人に『うちでお茶っこ飲んでくべー。』なんて言われたらドキッとしますよね。

このような方言の特徴から、見た目が凛々しく透明感が溢れているのに、話すと可愛らしいというギャップが魅力的なのでしょう。方言を使う女性が好きな方からしたら、一度は秋田美人にいってもらいたいところなのでしょうね。秋田に行けば、このような方言が飛び交っているのでしょうか?

秋田美人に関する俗説

関ヶ原の戦いと秋田美人

秋田美人に関する俗説はいくつかあるとされています。その一つが戦国末期、佐竹義宣が関ヶ原の戦いの結果、江戸幕府(徳川家康)から秋田への転封(てんぽう)を命じられた腹いせに、旧領内の美人全員を秋田に連れて行ってしまったというものです。

しかし、実際は常陸の国水戸54万石余りから出羽秋田20万石への転封(てんぽう)すなわち国替させられ、財政は相当困窮していました。随行したのは一族・家老・譜代九十三騎で家臣数150余名と言われていますので、女性を大勢随行させるのは難しかったのではないでしょうか。

秋田美人とロシアの関係

日本海沿岸~シベリア沿岸~朝鮮半島という渡航ルートがあり、秋田にはロシア人の混血が昔から多かったということから、ロシア人とのDNAが入っているのではという俗説。また秋田県民の10%は、白人しか持ってないウイルスを遺伝的に持っているそうです。

そして、日本人に最も多い血液型はA型ですが、秋田県は北方大陸系に多い血液型のB型とO型が多い。そのことからもこの説が有力とする話も出ています。またこれらの理由もあり、秋田美人はハーフのような見た目であると何かと噂にされたりすることもあるといいます。

作られた秋田美人

また秋田美人の俗説にはこんな話もあります。急激に人口の増えた秋田での需要を当て込んだ女衒が新潟から多くの遊女や女郎を連れてきた、または秋田出身の娘が少しでも高く売れるよう秋田美人というキャッチコピーを作ったというものです。

つまりは、客引きのためのイメージ戦略として、色白できれいな秋田美人がいるということを宣伝したということです。しかし、確かに宣伝することは大事ですが、現代においても秋田美人は存在しているため、何かしら美人の秘密はあるのではないかと思います。

秋田美人を作る環境

日照時間の短さ

秋田県は晴れの日が比較的少ないといわれていて、全国一日照時間が短い県なのです。比較してみると日照時間が一番多い山梨県が年平均2249時間で、秋田県は1453時間です。このことから日照時間が極端にすくないことがわかって頂けるかと思います。

そのため、紫外線の影響を受けにくく、色白の方が多いのでしょう。また紫外線の影響で発生する、活性酸素も体内で生成する量が少なくなるということなので、肌の老化が遅く、いつまでも若々しい肌が保てるのでしょう。見た目が若い女性が多いのも、これで納得できますね。

睡眠時間の長さ

秋田県は睡眠時間の長さが全国1位なんです。なぜかというと、日照時間が短いことから日が暮れるのも早く、また関東首都圏に比べて通学、通勤時間が短いことからも、自然と家路につく足も早まり、結果早く就寝していることが考えられるためだそうです。

そのため、早寝・早起きをすることで充分な睡眠時間を確保でき、体内リズムも整うというわけです。規則正しい生活リズムなので、バタバタしていて朝食が摂れない、1食抜いてしまったなんてこともなく、食事にかける時間もとれ、美人をキープできるというわけです。

なかなか忙しいから、朝の時間が取れないということは、秋田美人は少ないのでしょう。そのため、睡眠時間や生活パターンが規則正しく行えるため、お肌のターンオーバーなど正常に働くという結果なんですね。睡眠はお肌を潤わせるためには欠かせないものですからね。

雪国の気候

秋田県は雪国の気候のため気温はとても寒い。そのため、中は暖房をつけている家庭がほとんどでしょう。その際に、外と中を行き来することにより、温度差が生じます。その温度差によって、血行の促進に繋がり、美肌の女性が増えるという仕組みになっているとのこと。

また秋田県の冬はとにかく雪が多くて寒いイメージがありますが、夏場は決して涼しいわけではなく、気温が35度以上になる日もあります。春と秋が短いのも特徴で、寒暖の差が激しいです。そのため、自然の環境でも温度差が生じるため、血行がよくなるきっかけにもなるのでしょう。

湿度との関係

日照時間が少ないため、天気は雨や雲りのことが多いということです。そうすると湿度が高くなるので、肌や髪が乾燥せず潤っている状態が続くそうです。冬の間でも空気が乾燥しないのは大きいですね。普通だったら、乾燥して唇や手がカサカサしますが、秋田ではそういうことは少ないそうです。

そして、他の県と湿度の違いが分かる例が、秋田では30%を下回ったら記録的に乾燥しているといえる状態なのに対し、東京では16%ではまったく記録になりません。このように、湿度の基準が常に高い状態にあるのが伺えます。やはり湿度と美肌は密接な関係にあるようですね。

綺麗な水の存在

普段から、綺麗な水を体に摂りいれることが出来る秋田の女性は、とてもキメの細かい滑らかな肌をしていると言われています。美肌を意識して、質のよい水を積極的に飲用している女優やモデルさんもいるくらいですから、美人にとって綺麗な水を摂取するということはとても重要なこと。

また綺麗な水は毎日2~3Lは飲んだ方がいいといわれているので、毎日の健康や美肌のためには、身近に質のよい水があるのは、それだけで利点になります。秋田の女性の肌が綺麗なのは、このような理由も存在しているのかもしれません。

食文化の影響

米どころで知られている秋田県は、もともと水が綺麗なので、とても美味しいお米やお酒が多く作られる環境にあります。歴史は深く、数百年と受け継がれている、味噌・醤油・漬物など麹の発酵食品から摂取できる酵素はとてもいい美肌効果が期待できるといわれています。

また酵素は野菜、果物などを始め、48度以下の食材に豊富に含まれるものですが、通常の食材に含まれる酵素が数種類の酵素しか生み出せなのに対し、麹はその数百倍の酵素を生成するんです。摂るだけでカラダに必要な酵素の7割がカバー出来てしまうほどなんです。

そのため、麹を常食している秋田美人は、食生活から素で若返るものを摂取していることになります。だから何も手入れをしていない方でも綺麗な肌を保つことができているのですね。逆に秋田の方でもなくても、麹の発酵食品を口にすれば、健康で若い身体を保つことができるということですね。

豊富な海藻類

秋田には、海藻類が豊富に取れるのですが、その中でも名物といわれるのが、ギバサという海藻です。正式には『アカモク』といわれる海藻のことです。カロリーは海藻らしく、0カロリーといわれていてダイエットに最適。水溶性食物繊維フコイダンを豊富に含むため、免疫力を上げる効果もあるんです。

フコイダンは、いわゆるヌルヌルネバネバ成分のことです。さらにギバサにはこんな効果もあります。コラーゲン分解酵素の活性を抑制。ビタミンKも多く、骨粗しょう症予防にも。ポリフェノール、ミネラルも豊富で、美白作用も確認されています。

このように正に健康食品の効能が期待される海藻のキバサ。これが秋田美人の美肌の秘密の一端を握っているのは間違いないでしょう。成分には健康になれるものも豊富に含まれているので、美容によく、いつまでも健康的な身体を保つことができれば、最強の食材といっても過言ではありませんね。

温泉の豊富さ

秋田県はとにかく温泉が多いことで有名です。県北から県南、沿岸から内陸とほぼ全域に分布しており、温泉の主成分である塩化物泉が美肌に一役買っているようです。秋田にある温泉でいえば、全国的に有名な乳頭温泉や玉川温泉などがあります。

塩化物泉は食塩が温泉水の中に含まれているような状態です。塩分は皮膚に付着すると汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高く湯冷めしにくいことで知られています。そのため、冷え性に対する効能が高く、優れた保温効果で筋肉の緊張を和らげ、血行を良くする働きも強いと言われています。

このように効能の多い温泉に入り、血行をよくすることが秋田美人を生み出すきっかけになっているのかもしれませんね。また寒い気候の秋田に温泉とくれば、この温度差でさらに血行促進の効果が期待できるので、効果も絶大なのでしょう。

美容院の多さ

意外に知られていないのですが、秋田県は人口あたりの美容室の数が日本一といわれています。やはり秋田美人は身なりから気をつけているようです。普段から綺麗な状態を保っているということなのでしょう。また歯磨きの購入頻度なども高いことから見た目には、人一倍気にかけているようですね。

またとある番組で秋田県民の美容院事情に密着した際、秋田人はシャンプーとブローだけをしにわざわざ美容院に行くという結果が出ていることがわかっています。つまり、お金の使い所は身なりを整えることに使われているようですね。

もっと知りたい 秋田美人についてのトピックス

あきたびじょんのポスターのモデルは誰?

美人とビジョンをかけた、この白黒のポスターはとても評判がよく、モデルが誰なのか話題になったそうです。調べてみたところ、写真は、写真家の巨匠木村伊兵衛の代表作『秋田おばこ』。1953年(昭和28年)に大曲市(現大仙市)で撮影されました。

モデルは、柴田洋子さん当時19歳、柴田さんは、作品が発表されたのち、モデルの依頼が数多くあったのを断り、古典バレエの道を歩みます。代議士秘書を務め、その後、実業家で日系2世の三上ヘンリー(精一)さんと結婚し、ロスアンゼルスに住みますが、いつも故郷を想い、たびたび秋田へ里帰りしていていたとのことです。

また今でも、美人のポスターとして、話題にあがっており、2001年に開催された『女性美の500年』にも選出されていました。確かに雰囲気も古きよき時代の日本の風景が読み取れるようで、とても素敵なポスターです。

秋田美人キャンペーンって何?

秋田県は、本格的に『秋田美人』という貴重な資源を地域プロモーションのために活用しているようです。実際にどんなキャンペーンかというと7人の『秋田美人』の口元から何を言っているかを読み解き、1つのメッセージを答える参加型の企画と組み合わせたポスターとなっているようです。

秋田市観光PRポスターは、秋田観光コンベンション協会が毎年製作しているもので、2010年頃から始められたようです。正解すると宿泊券や特産品が当たる可能性もあるそうで、この機会にぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

秋田美人時計ってあるの?

美人時計といえば、モデルの方や一般人の美人の方が分刻みで時刻をお知らせてくれる人気の企画です。その美人時計に秋田美人だけを集めた『秋美人時計』というのが、存在しているのです。HPなどを見れば、今までに出演した秋田美人のプロフィールが載せられているそうです。

色白で透明感のある秋田美人に時刻をお知らせしてもらえる機能があるなら、夢中になって見てしまう方も多いのではないのでしょうか。また他県の出身の美人時計も存在しているので、一度見てそれぞれの県民性を感じるのも面白いかもしれませんね。

また同じ『三大美人』である京美人・博多美人の美人時計も存在してるので、注目度はかなり高いといってもいいでしょう。美人時計は分刻みで女性のポーズや人が変わったりするので、なかなかシュールな映像が楽しめるツールになっています。

秋田美人の秘密

苗字

実は秋田美人に多い苗字があるといわれています。それは佐々木氏・京極氏・工藤氏などが挙げられています。これらの源流は近江国や山城国などの日本の文化中心地であることが多いといわれています。江戸時代の新田開発により投資をして後に秋田に移住した説が濃厚だそうです。

秋田出身の佐々木希さんも、実は秋田では一般的な苗字だったんですね。このように地方それぞれで、多い苗字というのは確認されています。特に沖縄や九州地方ではその独特な苗字が注目を浴びていて、芸能人の方も苗字だけは、変えずにそのままというケースも多いそうです。

天然の美容効果

秋田には美人が多いですが、その秘密は環境や食生活など、素で美容効果の高い行動を取っているからだといわれています。例えば、紫外線などの皮膚ダメージのことを『光老化』と言いますが、秋田では日照時間が日本一短いため必然的にこの光老化が起こりにくくなります。

また秋田は寒い地方のため、温度差の激しい室内外の出入りを繰り返すことにより、毛細血管の収縮力が下がり、皮膚の温度を下げないよう毛細血管は拡張したままとなります。これはエステで行っているヒートショックプロテインを自然に行われていることになります。

食生活では麹に脂質と蛋白質からなる『複合蛋白質』が多く含まれていて、肌を滑らかにする効果があります。有名化粧品にも麹が使われているほど麹は注目を浴びています。それを幼い頃から自然と取っているため、肌がきめ細かい状態で大人になっていくのでしょう。

そして地元で取れる栄養豊富な『キバサ』という海藻類を好んで食べることで、身体の調子も整われるといいます。このようにたくさんの美容効果が望める環境で過ごしているため、美人になるのは必然なのかもしれませんね。

美意識が高い

小さい頃から秋田の方は美人になるような生活をしている方がほとんどだといいます。それは規則正しい生活、食生活、そして睡眠時間をしっかりと取るということです。秋田の環境は水がとても綺麗ですし、飲むことでデトックス効果も期待できるから身体の中から美人になることができます。

また秋田は美容院が多く、シャンプーやブローだけでも、しに行くといった徹底ぶり。身なりに気を付けることも自分に緊張感を持たせてることができるので、肌のハリを保つことができます。また氷水で顔を洗うといった方もいると聞くので、日頃から美人になるための努力がなされているのですね。

秋田弁

秋田美人の秘密を探る上で欠かせないのが、秋田弁でしょう。秋田弁は濁点が多く、言葉数を少なく伝えるのも特徴のひとつ。あまりベラベラと喋らないところも、控えめな日本人美人らしいポイントなのです。そのため穏やかにみられる秋田美人が多いのです。

また秋田弁といっても現在は3つの階層に分かれているようです。伝統的な方言を比較的保持しているのは1950年代までに生まれた人々で、1960年代以降に生まれた層は共通語化が進んでいるといいます。また、1960年代までに生まれた方は、家族や友人など親しい相手との会話では方言を、かしこまる時は共通語を用いるという切り替えを行っています

そして、1970年代以降に生まれた世代ではかなり共通語化が進んでいて、伝統的方言は聞けば分かるが話せない、あるいは聞いても分からないという者が増えているそうです。一方で方言コンプレックスは弱く、方言を肯定的に評価する者も多いので、そこはハッキリわかれる部分なんです。

秋田美人の魅力は内面からも感じ取れる

今回、秋田美人について調査していくことで、環境の影響だったり、実はロシアのDNAが入っているのではとたくさんの俗説と一緒に情報が入ってきました。そのことを調べているうちに秋田美人は、日本全国共通で綺麗な方が多いというイメージなのがよくわかってきました。

古くからあるそのイメージは宣伝のためにいわれているだけでは?という話もありましたが、事実秋田の方は美人で若々しい方が多いので、やはり環境による影響が大きいのでしょうね。雪国で湿度が高いことから、精神的にも我慢強い方が多いというのも印象的でした。

そして、何より秋田美人を美人たる所以は、その内面の美しさからもいえることでしょう。穏やかで温かみのある方言や、優しそうな表情は見るものを安心させる魅力が詰まっているんだなと感じられました。これからも秋田美人という印象は、日本全国根強く広まっていくことでしょう。

-魅力的な女性

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.