もっと可愛くなりたい女の子を応援するブログ

BRAN SOPHY

身長別

身長153cm女子の標準体重や理想のモデル体重は何kg?

投稿日:2017-09-27 更新日:

ダイエット中の女性のほとんどが、成果の一つの指標にしている「体重」。

ダイエット中の女性のほとんどが、成果の一つの指標にしている「体重」。定期的に体重を計られている方も多いと思いますが、自分の理想体重や標準体重をしっかり理解しているという方は少ないのではないでしょうか?

今回は、身長153センチの方のモデル体重・美容体重、標準体重をを紹介していきます。153センチの方は是非ダイエットのご参考にしてみてください。

芸能人やモデルの体型が理想?

153cmのモデル体重は44.5kg

モデル体重は、「身長(m) × 身長(m) × 19」で計算することができます。153センチのため「1.53 × 1.53 × 19=44.5」となります。モデル体重のBMI指数は「19」に値し、中国の研究チームの調査によれば、BMI19は男女どちらからも最も魅力的と評価される体型なんだそう。芸能人や雑誌の専属モデル達にもBMI19が多いのも頷けます。

ですが、モデルとは自分の容姿を商売道具にしている人たちであって、一般の人が目指すのはなかなか大変です。過度なダイエットをしてモデル体重を目指そうとすると、生理が止まったり、疲れやすくなったりと美容のベースでもある健康を脅かしてしまう場合もあります。自分の体としっかり相談してダイエットを進めましょう。

153cmの美容体重は46.8kg

美容体重は「身長(m) × 身長(m) × 20」で計算することができます。153センチのため「1.53 × 1.53 × 20=46.8」となります。この美容体重に値するBMI指数は「20」。標準体型が18〜25であることを加味すると、非常に健康的な体重であると言えます。

キリがいいということもあり、ダイエット関係のテレビや雑誌、情報誌などでも一つの目標とされるのがBMI20です。標準体重であるBMI22よりも少し軽いということを考えれば、努力すれば手が届きそうな体重です。ですが、世間の美しさの基準がどんどんと細くなっているため、美容体重もどんどんと落ちてきています。無理なダイエットをして美容体重を目指すのは禁物です。

153cmの標準体重は51.5kg

健康体重は「身長(m) × 身長(m) × 22」で計算することができます。153センチのため「1.53 × 1.53 × 22=51.5」となります。この標準体重に対するBMI指数は「22」。BMI22というのは、最も健康的な数字と言われています。モデル体重や美容体重が「美」を求めているのに対して、BMI22は「健康」を目指した数字です。世界的にもBMI=22が標準体重の基準として採用されているんです。

確かに、今の女性の美的感覚からすると153センチで50キロ以上もあるなんて、太りすぎなのではないだろうか…と心配される方もいらっしゃいますが、BMI25以上で肥満となるため、22は痩せすぎず太りすぎず、バランスの良い体重と言えます。

体重よりBMIを大切にして

さて、先ほどから体重の話をしていますが、例えば160センチの身長の人と150センチの身長の人が、ダイエットを始めて同じ体重を目標に掲げるのは無理がありますよね。そのため、実際にダイエットの際に気にして欲しいのは、体重よりもBMI。BMIはボディ・マス・インデックスの略で、国際的に用いられている肥満どの指標です。自分の身長に対して、今の体重がどのくらいの肥満度であるかを計ることができます。

BMIは「体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)」で求めることができます。BMIが18.5未満であれば痩せ、18.5〜25未満であれば標準、BMIが25以上になると肥満気味であると判断されます。

153cm体重48kg~50kgはデブ?

153センチの身長で、50kg前後もあるなんて太りすぎなんじゃないか…。と感じる女性も多くいらっしゃるかと思います。ですが、BMIでも50kgは標準体型であるように、50kgももちろん許容範囲内なのです。

痩せすぎ女子NG男子増加中

女性はできるだけ細い体をと日々ダイエットに励んでいると思いますが、実は女性が目指す体と男性が理想とする体には少し差があるようです。

一般的に女性が憧れる、脂肪のないすらっとした華奢な体型の女性に対して、「あばら骨が見えてしまっている女性には色気を感じない」「足首と太ももの細さが同じような女性は強い」「華奢な体型には女性らしさを感じない」「抱きしめた時に骨っぽそう」とマイナスイメージを持つ男性も多いんだとか。

女性らしいシルエットが魅力

テレビや雑誌に出てくるスレンダーな女性ばかりを見ていると、標準であるはずの自分の体型がまるで太りすぎのように感じてしまい、痩せよう痩せようと気づかぬうちに過度なダイエットになってしまっている場合があります。

痩せすぎてしまい骨が浮き出るほどの細さは、やはり不健康。食事を抜いたり、無理なダイエットで筋肉を落としてしまうのではなく、程よく筋肉がついて、健康的なメリハリボディを目標にしていきましょう。

気になる部分痩せダイエット

ダイエットを始めても、痩せて欲しい部分は痩せずに、他の部分が痩せていってしまう…というのは、ダイエッターさんならわかるダイエットあるある。痩せたい部位ごとにダイエット方法が異なるため、それぞれ自分の体に合った方法で部分痩せダイエットをしていきましょう。特に女性の気になる部分となる、二の腕、お腹周り、太ももの部分痩せを紹介します。

二の腕…脂肪をやわらかくするように10分ほど丁寧に揉みほぐし、やわらかくなったら手首を軽く握り、ぐーっと胸の位置まで脂肪を押し流していきます。

お腹周り…思い切り息を吸い込み、お尻をグッとしめます。お腹をへこませながら、息を全部吐き出します。お腹を最大限に引き締めた状態で30秒ほどキープします。

太もも…脚をまっすぐ伸ばして仰向けになり、直角に脚を上げます。そのまま開けるところまで横に脚開き、また閉じてを繰り返します。

まとめ

今回は、153センチの方を基準に、モデル体重・美容体重・標準体重を紹介しました。

現在進行形でダイエットに励まれている女性も、体重を落とすことだけにとらわれず、自分の健康をしっかり守りながら、女性らしい身体を作っていってくださいね。自分に一番自信が持てる、輝けるボディを目指していきましょう。

-身長別

Copyright© BRAN SOPHY , 2018 All Rights Reserved.